ジャパンダートダービー~3歳ダート決定戦~

こんにちは! 芝浦工業大の平田です。

今回は7月11日に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーについて取り上げます。大井競馬場で行われるこのレースは、南関東クラシック三冠の最終戦でもあり交流重賞(Jpn1)でもあることからこのレースの勝ち馬は3歳ダート王と称されます。今年も中央、地方から実力馬がそ ろいました。


まずは、中央勢から紹介していきます。

前走ユニコーンステークスを圧勝したルヴァンスレーヴ、ここまでの戦績も(4,1,0,0)と3着以下はありません。しかし、これまでに勝っている4勝は全て左回りであげており、唯一の2着となったのは右回りの中山で行われた伏竜ステークスでした。今回は右回りの大井競馬場ということで、真価が問われる1戦になりそうです。

その伏竜ステークスでルヴァンスレーヴに勝利したのがドンフォルティス、戦績も(4,1,1,0)と安定しています。伏竜ステークスを勝った後は休養をはさみ、このレースに直行ということになりました。休み明けということで当日の馬体重、パドックでの馬体に注意したいところです。

グレートタイムは前走、前々走共に2着と安定した競馬が続いています。前走のユニコーンステークスは勝ったルヴァンスレーヴからは離されてしまったものの、逆転を期待したいです。

テーオーエナジーは前々走に園田で行われた兵庫チャンピオンシップを勝っています。前走は日本ダービーに出走しましたが、残念ながら18着と大敗。今回ダートに戻ってどのようなレースを見せてくれるでしょうか。

中央勢のなかで唯一古馬と戦い勝利しているのがオメガパフューム、前走の1000万下の加古川特別は最後余裕を見せての快勝。3歳しかいないメンバーなら楽勝もあるかもしれません。

また、共に前走ユニコーンステークスに出走し大敗に終わってしまったバイラハーベストムーンも巻き返しを狙ってくるでしょう。


続いて地方勢、まずは南関勢から。

南関からは今年のクラシックを賑わせたハセノパイロ、クリスタルシルバー、クロスケ、リコーワルサーの4頭が出走してきます。どの馬も地力はあり、4頭とも前走は今回と同条件の東京ダービーを使いました。正直今年の中央勢の壁は高いとは思いますが、南関ファンとしては、この中央勢の一角を崩し、上位に食い込んできてほしいです。そして厳しいとは思いますが、願わくは昨年のヒガシウィルウィンのような奇跡の勝利が起こってほしいと思っています。

さらに地方の他地区からは九州ダービー、高知優駿の2冠馬スーパージェット、石川ダービー馬のアルファーティハ、高知優駿3着のサンダベンポートと各地のダービーで活躍してきた馬が集まっています。



今年のジャパンダートダービーは以上の14頭で争われます。
レースは11日の20時05分発走です。
それではまた!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ