東京大賞典~年末総決算~

皆さんこんにちは!!
宇都宮大学の小柴です。

いよいよ、今年も最後のG1となりました。
大井競馬場で「東京大賞典」が行われます。

このレースでは幾度となく名勝負を繰り広げてきており、
不治の病から復活を遂げたカネヒキリ(2008年)、
スピードの違いを見せつけ、圧巻の走りを魅せたスマートファルコン(2010年・2011年)、
GⅠ10勝の偉業を成し遂げたホッコータルマエ(2013年・2014年)などが制しています。

今年もダート界を彩ったJRA7頭、大井5頭、北海道・浦和・船橋・川崎から各1頭ずつが出走します。

まずはJRA勢からの紹介です。

コパノリッキーは、これが引退レースとなります。
今までフェブラリーステークス・JBCクラシック・マイルチャンピオンシップ南部杯をいずれも連覇
また、かしわ記念3勝などGⅠを10勝しています。
この秋は、マイルチャンピオンシップ南部杯1着(盛岡・D1600m)から、
JBCスプリント(大井・D1200m)に出走し2着、
そして、過去に12着、7着、13着と大敗を繰り返したチャンピオンズC(中京・D1800m)を3着と大健闘しました。
最後の鞍上は本馬を最低人気で初めてのGⅠ勝利に導いた田辺騎手で、
ここは、有終の美を飾ってほしいところです。

ケイティブレイブは、前走のチャンピオンズCで4着と惜敗したものの、
前々走のJBCクラシック(大井・D2000m)では好位追走で差のない2着、また今年の帝王賞では、大きな出遅れがあったものの、
強豪馬たちを直線一気で差し切りGⅠ初制覇を果たすなど自在性のある脚を持っており、
大井のD2000mの成績も(1,2,0,0)と好相性で、GⅠ2勝目を狙います。
そして、来年2月に勇退する目野哲也調教師のためにも、負けられない一戦となりそうです。

サウンドトゥルーは前々走のJBCクラシックで昨年チャンピオンズC以来の復活Vを果たしましたが、
前走連覇を狙ったチャンピオンズCでは、外枠ということもあってか、11着と大惨敗を喫しました。
今回は内枠に入り、経済コースを通ってこの馬本来の直線一気の競馬に期待です。

ミツバは前走チャンピオンズCでスローペースの後方追走ながらも一気の末脚で6着と健闘しました。
前々走のJBCクラシックでも、内から末脚一気でケイティブレイブに僅差の3着と差のない競馬をしています。
この馬も脚質の自在性は魅力で、今回1年半ぶりの騎乗となるM・デムーロを背に積極的に頑張ってほしいところです。

インカンテーションは7歳になってから思う存分に能力を発揮しており、今年重賞3勝現在重賞2連勝中です。
ここでは、メンバーの強化が必須で、先行力をフルに生かし切れるかどうかが問われます。

アポロケンタッキーは昨年の東京大賞典覇者で持続的な瞬発力を持っている馬です。
今年はドバイ遠征などもあり、思ったような成績を残してはいませんが、連覇を目指しての復活に期待です。

ロンドンタウンは今年佐賀記念(佐賀・D2000m)、エルムS(札幌・D1700m)、
そして韓国GⅠのコリアンC(ソウル・D2000m)を制するなど重賞3勝しています。
前走は殿負けの大敗を喫していますが、地力を見せてほしいところです。

JRA勢はかなりの有力馬がそろいましたが、地方勢も負けてはいられません。

今年はなんといっても南関東二冠馬のヒガシウィルウィン(船橋)でしょう。3歳のダート界を代表する馬ともいえます。
南関東二冠目の東京ダービー(大井・D2000m)では、2着に6馬身差をつけて圧勝、
3冠目のジャパンダートダービー(大井・D2000m)では、JRA勢の追撃をしのいで優勝しました。
前走の浦和記念では休み明けながら2着と健闘、今回2走目で上積みが期待できるでしょう。

タービランス(北海道)は、昨年南関東1冠目の羽田盃(大井・D1800m)で優勝したものの、
2冠目の東京ダービーでは3着、3冠目のジャパンダートダービーは出走取消でその後1年以上の休養、
先月初めに門別で復帰し2着に0.3秒差をつけて快勝しました。
ここでは、内枠を生かした競馬に期待です。

その他、昨年の東京ダービー馬バルダッサーレ、今年の東京記念覇者のサブノクロヒョウなどが出走します。

発走は12/29の16時30分です。

今年、最後の大一番!!見逃せません!!

それではまた!!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ