名古屋グランプリ~ダートのステイヤー頂上決定戦~

こんにちは!
宇都宮大学の小柴です。

今週は全日本2歳優駿もありますが、名古屋競馬場の年末の大一番を忘れてはいけません。
ダートの長丁場「名古屋グランプリ」です。
2001年創設と比較的新しいレースで、かつての地方中央交流競走であった東海菊花賞を継承しています。
当レースは、D2500mで行われ、コースを2周するというタフなレースとなっています。

過去には、第6回にヴァーミリアン、第11回にニホンピロアワーズ、第15・16回にはアムールブリエが勝利するなど、
数々の名馬が勝ち上がっています。地方馬においては、第1回にミツアキサイレンス(笠松)が勝利していますが、
それ以降地方馬の勝利が全くなく、3着以内も厳しい状況です。しかし、このような状況を打破する名古屋の雄が現れました。

昨年3着と大健闘を果たしたカツゲキキトキトです。今年に入ってから名古屋大賞典3着白山大賞典2着
地方中央交流競走でも、好成績を収め、前々走前走と連勝を果たしこの舞台へ駒を進めました。
距離適性としては、1400m~2400mでの勝利があり、何より去年3着と入っているので、堂々と臨めるでしょう。
名古屋の雄としてぜひ頑張ってほしいところです。

しかしJRA勢も負けてはいられません。

トップディーヴォは前走のみやこステークスを除外されおよそ2か月半ぶりのレースとなります。
2走前のBSN賞では、昨年のシリウスステークスを制したマスクゾロを抑えての勝利、前走は4着と敗れてはいるものの、
今年に入ってから安定した成績を収めています。名古屋競馬場の直線は短いので、
この馬の先行力をフルに生かし切れる舞台だと思います。

メイショウスミトモは前々走のシリウスステークスを11番人気ながらも勝利をおさめています。
前走はチャンピオンズカップで14着と大敗をしましたが、このメンバーなら、能力は上位です。
鞍上はシリウスステークスで勝利に導いた古川吉洋騎手に戻り、上位入着を期待したいところです。

オールブラッシュは今年の川崎記念を逃げ切って勝利して以降、不甲斐ない成績でしたが、
前走の浦和記念で、3着に入り復調を見せています。
外枠に入ったため、逃げに持ち込むことは厳しいとは思いますが、
粘りの走りを見せてほしいです。

クリノスターオーは秋に入って白山大賞典3着・浦和記念5着と本来の調子を取り戻せていません。
年齢的にも7歳ではありますが、かつての堂々とした横綱相撲を期待したいです。

また、地方勢は転入2戦目の9歳馬トウシンイーグル、長距離戦では強さを発揮するアサクサポイント、前走門別の道営記念3着のドラゴンエアルなどが出走します。

発走は12月14日(木)の15時45分です。

地方馬の復活に期待しましょう!!!

それではまた!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ