全日本2歳優駿~来年のダートクラシック界を占う2歳頂上決定戦~

こんにちは!!
宇都宮大学の小柴です。

今年もあと半月となり、新年に向けてますます忙しくなっていきます。
競馬界においても年末の大一番のグランプリ「有馬記念」に向けてますます盛り上がりを見せています。
2歳戦においては、先週日曜に2歳女王決定戦の「阪神ジュベナイルフィリーズ」が行われ、
オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが制し、来年のクラシックに向けて楽しみな馬が出てきました。

今週は朝日杯フューチュリティステークスも行われますが、
2歳ダート王決定戦の「全日本2歳優駿」も忘れてはいけません。

今年は、JRA勢5頭、北海道勢3頭、船橋勢4頭、大井勢1頭の計13頭で争われます。(ダモンデは出走取消)
JRA勢の5頭ついては、中央で2歳レコードを記録した馬が2頭おり、かなりの強豪が出走します。
地方勢も順当に勝ち上がっている馬が出走し、好メンバーとなりました。

まずは、JRA勢から見ていきましょう。
ハヤブサマカオーはデビューから無傷の3連勝中で、前走の兵庫ジュニアグランプリでは、2着馬に首差まで
差を詰められたものの、粘り腰を見せ、堂々の逃げ切り勝ちを収めました。
前々走においても、京都D1400mの2歳レコードを叩き出す圧逃劇。
新馬戦で1700mを使っていることも踏まえて、ここはぜひ逃げ切っての勝利を期待したいところです。

ルヴァンスレーヴもデビューから無傷でこの舞台へ駒を進めています。
前走の東京D1600mのプラタナス賞では、好位追走から抜け出しての完勝で、それも2歳レコードのおまけ付きと
パフォーマンスは高く、鞍上のM・デムーロは秋に入ってから絶好調。地方初とはなるが、
先行力をフルに生かしたいところです。

ドンフォルティスは、新馬戦を3着と負けたものの、そこから未勝利・特別・北海道2歳優駿と3連勝しての参戦。
前々走のヤマボウシ賞では目の覚めるような強烈な末脚を魅せ、前走の北海道2歳優駿は3・4コーナーでまくっての完勝劇。
鞍上は過去このレースを2勝している名手武豊を迎えます。
川崎競馬場の直線は短いものの、馬自身は長く脚を使えるので、前走のような競馬をしてくれるでしょう。

ダークリパルサーも新馬・特別を連勝し無敗のままでの参戦。いずれも東京D1400mでの勝利で、
D1600mの経験はないものの、半兄にエスポワールシチーを持ち、距離克服は必至でしょう。

次は地方勢の有力馬を挙げていきます。

ソイカウボーイは、前走兵庫ジュニアグランプリで、後方からの追い込みを見せ3着と大健闘。
門別では3戦3勝と負けがなく、地方では複勝圏内100%を誇ります。父トビーズコーナーは、
米でマイル近辺のG1 を勝利しています。ソイカウボーイ自身のマイルの経験はありませんが、距離適性は十分にあるでしょう。

ハセノパイロは、前走大井のハイセイコー記念を制し、目下三連勝中です。
川崎のD1600mもすでに経験済みで、能力をいかんなく発揮できるでしょう。

その他、北海道2歳優駿3着馬のサザンヴィグラス、船橋でオール連対のドンビー、前走ハイセイコー記念3着トーセンブルなど、地方でも有力どころがそろいました。

発走は12/13の20時10分です。

来年のダートクラシック界を占う一戦!乞うご期待!!

それではまた!!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ