今週の注目2歳戦(11/3~5)

こんにちは!
日大の高橋です!

JBCの記事を書いた後にこの記事を書いているので、目が疲れてきましたが頑張ります(^^;)

今週のJRA開催は3日間開催で、2歳重賞も東西で2つ行われます。

3日の京都競馬は1~7Rが2歳戦、メインレースもファンタジーSと2歳戦づくしとなっています。その中から新馬戦1鞍とファンタジーSに焦点を当てたいと思います。

まず、京都5Rの牝馬限定の新馬戦(芝1400m)には血統的に注目な馬が数頭、デビューを迎えます。
兄にスプリント戦線で活躍したハクサンムーンがいるマリアバローズ(父ディープインパクト)。鞍上にはC.デムーロ騎手を配してきました。最終追切では、坂路でラスト1ハロンが12秒台前半と調教での動きもよさそうです。
次に母がフローラSを制したベッラレイアという良血馬、カラレイア(父エンパイアメーカー)。ゲートに時間がかかったようで、牝馬特有の難しさも出ているようですが、坂路での最終追切のタイムは4ハロンで53秒前半、ラスト1ハロンがマリアバローズと同様12秒台前半とこちらも仕上がりは良さそうです。血統的には中距離タイプなのかと思っていましたが、1400m戦でどんな走りをするのか注目です。
先々週の富士Sで3着に好走したクルーガーの半妹にあたるのがアリストライン(父ハーツクライ)。最終追切はウッドコースでしたが、併走した馬に遅れたものの時計は十分なものですし、同時期のクルーガーよりも評価されている点は見逃せません。
最後にアリストラインと同じキャロットファーム所有のスイートレモネード(父ロードカナロア)。兄に萩S勝ちがあるデリッツァリモーネがおり、POG期間中の活躍が見込める1頭ではないかと見ています。個人的には大学の競馬サークル内のPOG大会で指名しているので少しでも活躍してほしいなと切に願っております!!

メインレースのファンタジーSは、手元の新聞を見ていても◎が散らばっているので、混戦模様の一戦ととらえていいでしょう。
実績的には新潟2歳S2着があるコーディエライトに注目。近2走とも逃げの形で連に絡んでおり、今回もすんなり先手を奪えそうなメンバーですからマイペースに持ち込んでの逃げ切りとなるでしょうか。
M.デムーロ騎手を配し、勝負気配が漂うペイシャルアスはキャリア5戦を積んでの参戦。前走同様、最内枠を引きましたし、2歳オープン戦のカンナSを勝ち上がっている実力馬でもあるので当然有力な1頭です。
中京2歳Sを勝った後、休養をはさんで復帰初戦となるアマルフィコースト。新馬戦で退けたスカーレットカラーはアルテミスSで0.4差の5着に健闘していましたし、今回のメンバーならば上位争いができる1頭でしょう。ただ、テンションがどれだけ高くなるかがカギになりそうです。
小倉2歳Sで人気を裏切ってしまいましたが巻き返しが十分に考えられるモズスーパーフレアや新馬戦快勝のベルーガなど注目馬多数で、阪神JFに向け目の離せない1戦です。

4日は東京の新馬戦1鞍とメインレースの京王杯2歳Sから注目馬を紹介します!
東京6R(芝1600m)の新馬戦には良血馬が多数揃っておりまして、まずは先日引退が発表されたロゴタイプの全妹、フェイスマーク(父ローエングリン)。
兄とのコンビで昨年の安田記念を制した田辺騎手が騎乗します。一週前の調教での動きはまだまだのようですが、兄がGIを制した舞台での実戦で変わり身を示せるでしょうか。
話題のDMMドリームクラブの所有馬初出走となるのが、ディープシャイン(父ディープインパクト)。
鞍上には武豊騎手と話題性十分で一週前までの調教のタイムなどからは及第点はあげられる仕上がりということなので一定の評価は必要でしょう。兄には日経新春杯勝ちのあるカポーティスターがいる血統で、母サビアーレの産駒では初のディープインパクト産駒ですから将来性を含めて楽しみな1頭です。
クイーンC・フローラS勝ちがあるディアジーナの産駒、ジーナスイート(父ステイゴールド)。同配合の兄と姉が未勝利ということもあってかPOG的には注目度が高くないですが、個人的には結構活躍してくれるのではないかと期待しています(スイートレモネードと同様に大学の競馬サークル内のPOG大会で指名しております!頑張れ!!)。

他にも兄にカフナやトウシンモンステラがいるヴォレダンルシエル(父キングカメハメハ)、母が香港Cやオペラ賞を制したアレキサンダーゴールドランという良血、ユナリオンス(父シャマーダル)、レイデオロでおなじみの藤沢和雄調教師×C.ルメール騎手のコンビが送り出すシンボリアトム(父ジャイアンツコーズウェイ)なども注目です!

京王杯2歳Sではやはりタワーオブロンドンが主役候補でしょうか。前走のききょうSでは小倉2歳S3着馬のバーニングペスカをあっさりかわして0.6差もつける圧勝劇を演じました。あの末脚を見ると広いコースのほうが合いそうな感じを受けたので、東京でどんな走りを見せるのかとても楽しみな1頭です。
函館の2歳王者カシアス、小倉の2歳王者アサクサゲンキが参戦してきますが、ともに距離や輸送をクリアすることが好走の条件となりそうです。
ディープインパクト産駒の2頭(トーセンアンバーエントシャイデン)は荒れているであろう東京の芝に対応できれば、好勝負可能でしょう。
2戦2勝のタイセイプライド、先週のアルテミスSで波乱を演出したサヤカチャンと同じリーチザクラウン産駒のニシノウララにも注目です!

5日は京都の新馬戦1鞍と東京9Rの百日草特別の注目馬をピックアップ!
京都5R(芝2000m)では評判馬が登場します。その名はアプルーヴァル(父オルフェ―ヴル)。横山典弘騎手とのコンビでデビューとなります。秋華賞の週にデビューという話もあったそうですが、横山騎手の進言でここまで待ったそうです。待った甲斐があり調教でも好タイムを連発するとともにユニコーンSを制したサンライズノヴァと併せた調教で先着している点や横山騎手が何度も調教に騎乗している点から注目度が高まりつつあります。血統的にも面白い馬でサンデーサイレンスの3×3というクロスが発生しており、今後どのような競走馬になっていくのか大変興味がある1頭です。父がオルフェで気性面が不安ではありますが、実戦ではいい方に行ってほしいものです。

府中牝馬S勝ちのあるムードインディゴの産駒、ユーキャンスマイル(父キングカメハメハ)は母に似ているようで、調教も乗り込み量・タイムともに評価できるようですからこの馬も好勝負が期待できそうです。
半姉にマキシマムドパリがいるエトワールドパリ(父クロフネ)も水準以上の時計を坂路で出しているようなので、上位争いに加わってきそうです。

百日草特別は8頭の少頭数ですが、少数精鋭のメンバーとなりました。
前走の野路菊Sは来年のダービー馬候補ワグネリアンには完敗でしたが、内容は悪くなかったディロス。来年のクラシックへ向け、500万下では足踏みはしていられないでしょう。馬場が傷んでいても苦にならなそうなのは好材料です。
POGで人気を集めたと思われるシルヴァンシャー。新馬戦は粗削りな面も見せましたが、しっかり人気に応えました。広い府中コースに変わるのも良さそうです。
ゴーフォザサミットは前走でマイナス12kgと体が絞れたのか、一変しました。血統的にも半兄にショウナンマイティがいる良血馬でクラシックでの走りも見てみたい1頭です。
他には重馬場の新馬戦を制したギャンブラー、タフな競馬だったデビュー戦を制したダイワスカーレットの産駒・ダイワメモリー、栃木県産馬で休み明け初戦となるナスノシンフォニーなど楽しみなメンバーが揃いました。


大学の競馬サークル内で指名したPOG馬(全20頭)の中で7頭が3日間開催中に出走するということで、POGを楽しんでいる身としてはとても楽しみな3日間開催です!日大の人間としては、百日草特別のダイワメモリーを全力で応援したいと思います!!

火曜の北海道2歳優駿ではPOG指名馬のフィールシュパース(2着)が力走する姿に疲れがたまっていた私は力をもらいました、ありがとうフィールシュパース!

私情をかなり挟んだブログになってしまいましたが、今後もよろしくお願いいたします!
それでは!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ