POG2017-18注目馬紹介(日大・高橋)

こんにちは!
日大の高橋です!

いよいよ大学対抗POG2017-18 ドラフト会議が明日開催となります!
今年はオルフェーヴルロードカナロアといった海外でも活躍した名馬の産駒がデビューしますし、新種牡馬の産駒には例年以上に注目が集まります!

日大・髙橋が紹介するのは3頭!
パッと見た際のバランスの良さとあるものを使って特定の部分を評価する方法を用い、絞り込んだ3頭です!

ただ、私が特に注目した馬はデビューが遅くなりやすいので、参考にされる際はお気を付けください…


まずはギーニョの2015(馬名トーセンブレイヴ、牡、父キングカメハメハ)です!

ギーニョの2015は兄弟馬に目立った活躍馬はいませんが、2012年生まれのスワーヴジョージ(父ハービンジャー)はデビュー勝ちを決め、2013年生まれのダノンサンシャイン(父ハービンジャー)はデビューから2戦目で勝ち上がりました。勝ち上がりに関しては確実性があり、ギーニョの産駒では初のキングカメハメハとの配合になる点からもかなりの活躍があってもおかしくないだろうと見込んでいます。厩舎は名門・池江厩舎です。


2頭目はヒルダズパッションの2015(馬名ヴェルテアシャフト、牡、父ディープインパクト)です!

ヒルダズパッションの2015の全兄にはデビューから2連勝を飾ったジークカイザーがいるという血統。厩舎も兄と同じく名門・池江厩舎の所属となります。血統・厩舎ともに確実性があり、兄が参戦できなかったクラシック戦線での活躍を期待します!


3頭目からは牝馬かつ穴馬候補ということで、ラッドルチェンドの2015(馬名リベラメンテ、牝、父ダノンシャンティ)を挙げたいと思います。

母の母にラヴズオンリーミーがおり、近親にリアルスティールがいる良血馬。体形を見ると
首が少し短く、筋肉量が豊富な馬なので短距離からマイルあたりが適距離かなとみています。ぜひ、桜満開の仁川で走る姿をみたい1頭です。


私が所属する日大は、大学対抗POG2016-17シーズンでは下から数えたほうが早い結果になっているので、巻き返すために作戦会議を開きました!次のPOGこそは上位に食い込みたいと思います!

それでは!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ