~海外競馬展望・ケンタッキーダービー2017~

こんにちは。
中央大学の加藤です。

今週はキタサンブラックの日本レコード走破と「マジックマン」ジョアン・モレイラの騎乗に度肝を抜かれっぱなしの一週間でしたが、その天皇賞(春)を皮切りにいよいよ本格的なGⅠシーズンが幕を開けました!

それは海外もまた然り。今週から各地で本格的な平地GⅠシーズンが幕を開けます!
この記事では今週末に米国で行われる大レースについてザックリと展望していこうと思います。



米国では牡馬三冠初戦のケンタッキーダービーが5月7日、チャーチルダウンズ競馬場で行われます。米国牡馬三冠路線と言えば昨年はラニの参戦が話題を呼びましたが、それからはや一年が経ちました。今年は牡馬三冠最終戦のベルモントSに日本のエピカリスが出走を表明していますが、同馬の前に立ちはだかる強力なライバルは現れるのか? 陣営やファンにとってはライバル達の能力を見極める上で重要な一戦となることは間違いありません。


それでは今年の主な出走予定馬を見ていきましょう。



Classic Empire
米国 マーク・E・カッセ厩舎 
牡3 父 Pioneerof the Nile 母 Sambuca Classica(母父 Cat Thief)

昨年は10月のブリーダーズカップ・フューチュリティと11月のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルという北米2歳ダート路線の主要GⅠ2つを制す活躍を見せ、米国最優秀2歳牡馬に選出されました。今年は初戦のホーリーブルSで3着に敗れたものの、続くアーカンソーダービーを制して巻き返しに成功しました。今回のレースが今年3戦目になりますが、前走を制して状態はますます上向いており、間隔を空けて使ってきているために疲労も無さそうです。


Always Dreaming
米国 トッド・A・プレッチャー厩舎 
牡3 父 Bodemeister 母 Above Perfection(母父 In Excess)

昨年7月のベルモントパーク競馬場の5.5ハロン戦でデビューして3着。続く8月のサラトガ競馬場の6ハロン戦で2着になった後は半年ほど休養に入りました。この休養がプラスに働いたのかガルフストリームパーク競馬場の9ハロン戦を快勝すると、勢いに乗って同競馬場で行われたフロリダダービーも圧勝し、一躍東海岸のクラシック候補に躍り出ました。現役時代にケンタッキーダービーで2着に敗れて涙を飲んだ父の分まで頑張ってもらいたいところです。


McCracken
米国 ジャニス・R・ホワイサム厩舎
牡3 父 Ghostzapper 母 Ivory Empress(母父 Seeking the Gold)

前走のブル-グラスSでデビュー戦からの連勝が4でストップしたものの、前々走で見せた3角から4角にかけての一気に捲って先行馬をねじ伏せるレースぶりはかなりの強さを感じさせます。ただ気掛かりなのは、前走の敗因と思われる気性の前向きさです。前走の映像を見ると1角から向正面にかけてやや折り合いを欠いており、しかも今回は前走からさらに1ハロンの距離延長となります。また祖母は6.5ハロン戦の重賞ホースで、父の産駒もマイル前後での活躍馬が目立つという血統背景であるため、距離が持つかどうかがカギになりそうです。


Irish War Cry
米国 牡3 H.グラハム・モーション厩舎
父 Curlin 母 Irish Sovereign(母父 Polish Numbers)

前半からかなりのハイペースとなった前々走はさすがに大敗を喫したものの、前走は直線の競り合いを制してキッチリ勝利しているように、自分のペースで先行できれば好走は可能で、ここまで上述の前々走を除いて一度も崩れていない点は大きな魅力となりそうです。また前走のように番手に控えての競馬も出来るので、もし展開が向けば先行してそのまま押し切るということも十分に考えられそうです。


Gunnevera
米国 牡3 アントニオ・サノ厩舎
父 Dialed In 母 Unbridled Rage(母父 Unbridled)

前々走は後方待機から前が苦しくなってきたと見るや、一気に捲って4角を回って先頭に立つという強い競馬で勝利しました。そのレースにはケンタッキーダービー有力候補の1頭であるIrish War Cryが出走していましたがこれをあっさり撃破しました。ここまでキャリア9戦と実戦経験豊富な馬で、追込馬だけにどうしても展開に左右されそうですが、もし流れが向けばアッサリということもありそうです。ベネズエラからフロリダに移籍してきて今年で7年目を迎えるアントニオ・サノ調教師はケンタッキーダービー初制覇なるでしょうか。


Gormley
米国 牡3 ジョン・A・シレッフス厩舎
父 Malibu Moon 母 Race to Urga(母父 Bernstein)

2歳チャンピオン決定戦のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルでは大きく離された7着に沈みましたが、ここまでGⅠのフロントランナーSを含む重賞3勝を挙げています。前々走のサン・フェリペSでは勝ち馬のMastery(入線後の故障で引退)に離された4着でしたが、勝ち馬は無事なら3冠路線の主役を張っていたのではないかというほどの馬で、悲観するほどの負け方ではなさそうです。前走のサンタアニタダービーでは控えてゴール前で先行した2頭を捉える強い内容を見せました。自在に立ち回れるという武器を活かしたいところです。


Thunder Snow
UAE 牡3 サイード・ビン・サラー厩舎
父 Helmet 母 Eastern Joy (母父 Dubai Destination)

皆さまご存知今年のUAEダービーの覇者。前哨戦のUAE2000ギニーを圧勝していたものの、戦前は距離不安説もあった前走では日本のエピカリスをゴール前でねじ伏せるという強いレース内容で勝利し、レース後は英国2000ギニーと天秤にかけてこちらを選択しました。その陣営の選択が吉と出るのか凶と出るのか。昨年のUAEダービーの覇者ラニはこのレースでは力及ばず敗れましたが、今年のUAEダービーは昨年以上にレースレベルが高かった印象を受けるので、そこで勝利した本馬が通用する可能性は十分ありそうです。


またこの他にも、ルイジアナダービーの覇者GirvinやブルーグラスSの覇者Irap、名手ゲイリー・スティーブンス騎手騎乗のRoyal Mo、重賞勝ちこそないもののこれまで3着以下無しという堅実な成績が売りのState Of Honorなど比較的混戦模様となっております。



ケンタッキーダービーは日本時間の7日朝8時45分ごろ発走です。
昨年のようなラジオ中継はありませんが、海外のサイトやニコニコ動画などで配信が行われるので、興味のある方は日本競馬の始まる少し前にいつもよりちょっぴり早起きしてご覧になってはいかがでしょうか?


それではまた(^○^)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ