2017春のクラシック・大展望-中央大・櫻井編-

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


キタサンブラック、強かったですね~!

今回は3番手からの競馬で、横山典弘騎手のサクラアンプルールに徹底マークされる展開だったにもかかわらず、直線に入って一瞬で先頭に躍り出ると、最後まで脚色が衰えることなく押し切りました。
レースラップの後半3ハロンを見ると、

11.7-11.6-12.0

とありますが、キタサンが先頭に立ったのが残り約300mでしたから、レースラップよりさらに速いタイム(おそらく1ハロン11秒前半)で追い上げて、ラスト1ハロンを12秒0でまとめています。これでは後方にいた馬の出番はありませんね。

キタサンブラックはこれでGⅠ4勝目
北島三郎オーナーが喜びの余り(?)5歳での引退を撤回しましたが、6歳になってもGⅠを勝てると思わせる走りでした。
天皇賞(春)でのサトノダイヤモンドとの再戦が楽しみになった大阪杯でした。



さて、今回は春のクラシック予想ということで、レースごとの注目馬を紹介いたします。
いつものレース予想のような3着に入る穴馬ではなく、1着に入る実力馬を本命に選んだつもりですのでご覧ください。


桜花賞→◎ソウルスターリング
201704041339485f7.jpg
チューリップ賞の走りがすごかった(小並感)
3着リスグラシューが休み明けだったとはいえ、ソウルスターリングも休み明け。それで1分33秒2は「強い」の一言。
阪神JFのように速い流れを苦にしない走りを見ると、ここでも力が違うのではないかと思います。
アドマイヤミヤビはオークス向きだと(勝手に)思っているので、ここはソウルスターリングに期待したいです。


皐月賞→◎ファンディーナ
ターフ・スポート史上最強と言っても過言ではないディープインパクト産駒。
これまでの3戦でいずれも衝撃的な走りを見せていますが、筆者はフラワーCまで彼女の実力に半信半疑でした。
デビュー戦は雨の中の9馬身差逃げ切りとはいえメンバーレベルが微妙。2戦目のつばき賞は前半1000m64秒1のスローペースから上がりハロン33秒0での差し切り勝ち。確かに末脚は一級品でしたが、上のクラスでペースが速くなった時に対応できるかと疑っていました。
しかし、フラワーCで筆者の疑いは払拭されました。武豊騎手のドロウアカードが1ハロン12秒前半で淡々と逃げる中、2番手からレースを進めると、4角で楽々と先頭に躍り出ます。そして、残り200m手前からは鞍上の岩田騎手は手綱を持ったまま、最終的に2着に5馬身差をつける快勝。先行馬に厳しい流れでも適応することが分かり、ディープインパクトの時と似た衝撃さえ感じました。
異例となる牡馬クラシック戦線への挑戦となりましたが、桜花賞で距離を短縮させるよりは賢明な判断だと思いますし、今年のメンバーなら十二分に戦えると思います。ただ、遠征続きになるという不安はあるので、とにかく無事に行ってほしいです。


オークス→◎アドマイヤミヤビ
桜花賞よりオークス向きなのではと思っている1頭。
東京で2000mの百日草特別でカデナやアウトライアーズを下している実力はなかなかのもの。
兄2頭(グランアルマダ、ミッキーシャンティ)も長い距離での実績がある馬たちですから、タフな流れになっても母譲りのスタミナで2400mを走りぬくことができると思います。
ただ、ソウルスターリングも母スタセリタが仏オークス馬と距離適性に問題がなさそうなので、ファンディーナが出ない限りはこの2頭の一騎打ちかなと思います。


日本ダービー→◎アドミラブル
リンカーンやヴィクトリーを輩出したグレースアドマイヤを2代母に持つ良血馬。
デビュー戦はムーヴザワールドと2秒2差の9着と惨敗に終わりましたが、ノド手術後は別馬のように変身。
復帰初戦で力強い伸びを見せて勝利すると、近藤利一氏所有のアドマイヤロブソンとの「夫婦対決」が注目されたアザレア賞では、稍重で4角2番手にもかかわらず、上がり3ハロン33秒5をマークして快勝。この2戦の走りはまさに圧巻の一言。
ちなみに、シュヴァルグランが3歳秋にアザレア賞と同じコース、同じ馬場状態で4角5番手から上がり3ハロン33秒5をマークして快勝していますが、3歳春でそれを上回るパフォーマンスですから、重賞どころか日本ダービーでも好勝負できると確信しました。
アドミラブルの3代母バレークイーンの仔フサイチコンコルドはキャリア3戦目でダービーを制覇しましたから、実戦経験が浅くても問題ないでしょう。混戦の牡馬クラシック戦線で彗星の如く主役に躍り出てほしいです。


今年は新潟2歳Sで衝撃の末脚を見せたオーバースペック岩部純二騎手が(ネタ抜きで)牡馬3冠を獲ると思っていましたが、残念ながら故障で戦線離脱してしまいました。

20170404135028738.jpg

大一番まで無事にたどり着くことがどれだけ難しいことか実感します。

今回紹介した注目馬もまだまだ先が長い逸材ばかりなので、まずは無事に完走してほしいですね。


それではまた!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ