大学対抗POG’16-週末の3歳戦展望(3月2週目)-

こんにちは!
日本大学の高橋です!

まずは、先週の振り返り!
当ブログではチューリップ賞と弥生賞を取り上げましたが、どちらのレースでも大学対抗POGで指名された馬が勝利を挙げ、クラシック本番へ好発進を決めました!

まずは、4日(土)に行われた阪神・チューリップ賞(桜花賞トライアル)。制したのは昭和薬科大のソウルスターリング
阪神JF以来のレースでしたが、2着のミスパンテールに2馬身差をつける快勝。翌日の武庫川S(芝1600m、4歳以上1600万下)の勝ちタイムにわずか0.1秒差しか遅れていませんから、タイム的にも評価できるでしょう。アドマイヤミヤビとの対戦がますます楽しみになってきましたね!

次に5日(日)に行われた中山・弥生賞(皐月賞トライアル)。制したのは獨協大のカデナ。1000m通過63.2秒というド・スローの流れになりましたが、その分ディープインパクト産駒ならではの瞬発力を生かせたという見方もできるかもしれません。3着には同志社大のダンビュライトが入り、この馬もカデナ同様、皐月賞への優先出走権を獲得しました。

今週は12日(日)に阪神フィリーズレビュー(桜花賞トライアル)が行われます(11日(土)中山・アネモネSには大学対抗POGでの指名馬が出走しなかったので取り上げず、更新も遅らせていただきました)。
フィリーズレビューには明治大のアズールムーン大妻女子大のアンジュデジールの2頭が出走します。

・アズールムーン(父マリブムーン、美浦・斎藤誠きゅう舎)

ダート重賞を2勝、このレースでも3着になったことがあるエスメラルディーナが姉におり、姉超えを狙います。前走の兵庫JGは5着で姉とは違い芝向きのようです。芝に戻って未勝利→りんどう賞と連勝した素質を再び示せるでしょうか。

・アンジュデジール(父ディープインパクト、栗東・昆きゅう舎)

出走18頭中、唯一のディープインパクト産駒。2走前のこうやまき賞ではアーリントンC快勝のペルシアンナイトと0.5秒差。
4か月半の休み明けだったことを考慮すれば上々の内容だったといえますし、牝馬限定の今回、上位に浮上するチャンスも十分ではないでしょうか。あとは大外枠をどう克服するかがカギになりそうです。

指名外の馬では実績断然のレーヌミノル、折り合いがカギになるジューヌエコール、万両賞のタイムが優秀なカラクレナイなどが注目を集めます。

では、また来週!

大学対抗POG×JRA-VAN POG’16特設サイト→こちら
ぽg

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ