福山魂は高知で燃える!佐原秀泰J&ディアマルコ【レディスプレリュード】

こんにちは!
中央大学の櫻井です。



全国の競馬ファンの皆様、ご注意ください!


今日の大井競馬は昼開催です!!


午後5時に競馬場に着いても、メインレースは終わっています!!
悲しい思いをしないように気を付けてください!


そんな今日の大井のメインレースは、
JBCレディスクラシックの前哨戦であるレディスプレリュード(JpnⅡ)です!

ダート1800mで争われ、JRAからは昨年のJBCレディスクラシックを制したホワイトフーガ、今年の関東オークス馬タイニーダンサーら、南関東からは重賞5勝のララベル、地元重賞では男勝りの走りを見せるブルーチッパーらが出走します。

そしてこのレースは、公営所属牝馬ナンバーワンを決めるグランダムジャパン古馬シーズンの最終戦でもあり、他地区からジュエルクイーン(北海道)やトーコーヴィーナス(兵庫)、ディアマルコ(高知)らがシリーズ女王を目指し遠征します。

そんなレディスプレリュードの出走馬の中から、今日は読者の皆様にぜひとも覚えてほしいコンビを紹介します!



それは、高知競馬所属のディアマルコ佐原秀泰(ひでや)騎手です!


ディアマルコはスパイキュール産駒の3歳馬。
これまでに重賞3勝を挙げており、今後の活躍が期待される1頭です。

そして、今年の高知リーディングで4位につけている佐原騎手は、今は無き福山競馬場で活躍した騎手でした。


1997年に高知競馬でデビューした佐原騎手が、「アラブ王国」福山競馬に移籍したのは2001年。
師匠の那俄性(ながせ)哲也調教師は、騎手時代には「福山史上最強」の呼び声高いローゼンホーマの主戦騎手として活躍しました。
佐原騎手・那俄性調教師ともに低調な時期が続きましたが、福山の快足アラブ牝馬・ラピッドリーランの仔クーヨシンが那俄性厩舎に入ると、佐原騎手を背に重賞4勝を挙げ、2人の成績もグンと良くなりました。

佐原騎手は、2012,13年には快足馬カイロスの主戦騎手に抜擢され、福山ダービーなど16戦14勝2着1回と無類の強さを見せつけました。そして、2013年は3月までに48勝を挙げてリーディング1位に上り詰め、騎手として全盛期を迎えようとしていました。


しかし、各地の公営競馬場を廃止に追い込んだ不況の波は福山競馬にも押し寄せていました。




2013年3月、福山競馬廃止。


居場所を失った人馬は全国各地に散らばり、佐原騎手は川崎競馬に移籍。
しかし、騎手の層が厚い南関東では騎乗機会に恵まれず結果を残せませんでした。
また皮肉なことに、大井競馬に移籍したカイロスの主戦を、福山時代のライバルである楢崎功祐騎手(大井)に奪われてしまったのです。


同年9月、佐原騎手は高知競馬に移籍していた那俄性調教師のもとで再スタートを切りました。
移籍直後は福山とは違うレース展開に慣れず苦しみましたが、実戦を重ねていくうちに勝ち星も増え、
2015年には永森大智騎手、赤岡修次騎手に次ぐ高知リーディング3位に入る大活躍を収めました。

そしてこの年、那俄性厩舎の2歳牝馬・ディアマルコと出会ったのです。

ナイター競馬実施で売り上げが増加傾向にある高知競馬では、昨年から2歳新馬戦が17年ぶりに復活。ディアマルコは「新・高知生え抜き1期生」としてデビューしたのです。
高知唯一の2歳重賞である金の鞍賞こそ敗れたものの、高知ではトップクラスのディアマルコは、賞金の高い地方交流の牝馬重賞に焦点を定めます。

若草賞(名古屋)では後方から矢のような追い込みでクラトイトイトイ(船橋)の2着に入ると、続く東海クイーン賞(名古屋)では先行し、またしてもクラトイトイトイの2着。栄冠まであと一歩に近づいていました。


そして、5月19日。
園田競馬場で行われた「のじぎく賞」で歓喜の瞬間が訪れます。

ポンと好スタートを決めると前半は3番手でレースを進め、2周目3コーナーからは逃げるクラトイトイトイと一進一退の追い比べ。そして、直線に入り懸命に抵抗するクラトイトイトイを外から差し切ると、佐原騎手が右の拳を突きあげゴールイン。「三度目の正直」で悲願の重賞初制覇を果たしたのです!


地元への凱旋レースとなった高知優駿も地力を見せつけ勝利。佐原騎手にとっては2つ目のダービータイトルでした。
さらに、兵庫サマークイーン賞では、「兵庫の女王」トーコーヴィーナスが逃げ切りを図るところを、ゴール寸前でもう一段ギアを上げて差し切り勝ちを収めました。彼女の勝負根性は並大抵のものではありません。

高知優駿でさえ1着賞金が100万円である厳しい環境の中、これまで1000万円以上稼いだのは大偉業。
このコンビの活躍は、かつて廃止寸前に追い込まれた高知競馬の復活の象徴となっているとともに、福山競馬に携わった者にとっても誇りとなっていることでしょう。


さらに、佐原騎手には朗報が入りました。

今年9月に、かつての相棒だったカイロスが師匠の那俄性厩舎に転厩したのです。
2013年6月の優駿スプリント(大井)以来となる約3年ぶりのコンビ復活も現実味を帯びており、あの日止まった時計の針が再び動き出そうとしています。


ということで、紆余曲折を経て再び大舞台に上り詰めた佐原秀泰騎手と高知競馬に明るい未来を呼び込むディアマルコのコンビに今後も注目してみてください!


最後に、福山競馬の廃止直後に行われた高知競馬場の重賞・土佐春花賞の本馬場入場の際に、実況の橋口浩二アナウンサーが残した言葉を紹介します。

3月24日、福山の皆さんは「福山競馬を忘れないで下さい」と口にしました。我々は絶対的な物理法則の中にいながら、実は概念の世界に生きています。ですから、「福山競馬」と呟くだけで芦田川のほとりをローゼンホーマが走ります。






大井11Rレディスプレリュードは16:30発走!
女の熱き戦いに乞うご期待!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ディアマルコさん距離延長はよかったと思ったので、
期待してたんですけど、
やっぱり中央馬の壁は厚いですね〜
でも、19戦10勝は立派です!

Re: タイトルなし

早々に脱落してしまいましたが、佐原騎手の強気な騎乗が印象的でしたね。
今後も高知と福山の誇りとして頑張ってほしいものです。
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ