2代目ゴールドシチー登場!GⅠ馬の名前でも再使用できる?

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


物心がついたころから競馬を見ている筆者ですが、ここ最近出馬表を見て驚くことが増えました。

それは「馬名の再利用」です。

今日の阪神6Rでゴールドシチーがデビューするということで、思わず驚いた方もいらっしゃるかと思います。


「ゴールドシチー?誰それ?」
と思った方は画像検索してみてください。惚れます。


初代ゴールドシチーといえば、「尾花栗毛」と呼ばれる金色のたてがみと尾を持つことから多くのファンに愛されたイケメンで、1986年(昭和61)の阪神3歳Sを制しているGⅠホース。皐月賞と菊花賞でも、サクラスターオーの2着に入っており、知名度は競走馬の中でも高いはず。

ちなみに、今日デビューする2代目ゴールドシチーの名前の由来は「父名(ゴールドアリュール)の一部+母父名(タップダンスシチー)の一部」で、毛色はまさかの黒鹿毛。オーナーも「シチー」の冠名でお馴染みの友駿ホースクラブではなく、ストークアンドレイ(2012年函館2歳S)などを所有している本間茂さんです。

これだけの実績馬の名前を、なぜ再び使用することができたのか?
まさか、JRAが何か勘違いしているのでは……!?



そんなことはありません!



日本では、馬名登録をする際に社団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルによる馬名審査が馬名登録実施基準(※PDF注意)に基づいて行われます。

その馬名登録実施基準の第4条第1項第5号カには以下の記載があります。

平成20年以前の中央競馬GⅠ競走及びJpnⅠ競走(2歳時の競走は、平成3年以降)、中山グランドジャンプ並びにダート競争格付け委員会により格付けされた地方競馬のGⅠ競走及びJpnⅠ競走の勝ち馬の馬名



つまり、昭和61年の現2歳GⅠ・1勝「ゴールドシチー」の名前は使うことができたのです!

他にも調べた結果、昭和63年の覇者「ラッキーゲラン」や、平成元年の覇者「コガネタイフウ」は使用可能ですね。



また、中山6レースの新馬戦では、シンガポール航空国際C連覇を果たしているダンエクセルの同名馬がデビューします。

「ゴールドシチーの場合と違い、つい最近まで国際レースで活躍していた馬だからこの名前は使えないのでは?」
という疑問も浮かんできますが、過去にもこのようなケースはありました。


2001年にニュージーランドで生まれた香港所属のアルマダは、2008年の安田記念でウオッカの2着に入るなど一線級で活躍を見せていました。
しかし、その安田記念の直後に、日本で2006年に生まれた牡馬に同じ名がつけられたのです。

馬名登録実施基準の第4条第1項第5号を見ると、

イ 国際保護馬名
ウ 外国の重要な競走(別表4)の勝馬の馬名


と同じまたは紛らわしい馬名は使用できないことになっています。

イの「国際保護馬名」とは、2005年以降の主要な国際競走11レース(凱旋門賞、ドバイワールドC、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、メルボルンC、ジャパンCなど)の勝ち馬の名が保護されるもので、日本馬ではシンボリルドルフやディープインパクト、ヴィクトワールピサなどがすでに保護されています。

ウの「外国の重要な競走」はイギリス、アイルランド、フランス、アメリカの歴史のある大レースが対象です。例えば、今年のケンタッキーダービーの勝ち馬である”Nyquist”(「ナイキスト」、「ナイクィスト」)は使用することができません。

香港のアルマダはイとウのどちらにも該当していなかったため、日本の競走馬にも「アルマダ」と名付けることができたのです。

しかし、この話には続きがあります。
日本にもアルマダがいることを香港のアルマダは知るはずもなく、2009年も安田記念に出走することになったのです。
日香2頭のアルマダをどう区別するかで問題となりましたが、馬券に「アルマダ(NZ)と生産国の略号を加えて一件落着。
珍しさのあまり、思わずアルマダ(NZ)の応援馬券を購入した方が多数いたとかいなかったとか。


前例の話が長くなってしまいましたが、香港のダンエクセルもイとウのどちらにも該当していない(シンガポール航空国際Cは国際競走11レースに含まない)ため、日本の競走馬に「ダンエクセル」と名付けることができたのです。


このように、GⅠ馬の名前であったとしても、馬名登録実施基準をクリアしていれば再び使用することができるのです。
あなたが好きだった馬の名前を再び競馬場で見ることも増えるかもしれませんね!

そして、今日デビューする2頭には先代にも負けない活躍を期待しましょう!


参考記事
ウマ~くつけたい!馬主が思い込めて愛馬の名前申請 (4/5ページ) - 予想王TV@SANSPO.COM

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

わかりやすい解説ですね!

中学生で競馬のブログを始めました「タケ」と申します。
馬名についてはなんとなく知ってましたが、とても詳しい解説でわかりやすかったです!
学生の方が競馬のブログをされていると、とても親近感が湧きますね!(中学生ですが…)
ちなみに私(男子です)はディープインパクトと同い年です。
ゴールドシチーはg1を勝ったものの血統に恵まれず、
種牡馬入りできなかった馬ですね。
でも、毛色は素晴らしかった!

Re: わかりやすい解説ですね!

コメントありがとうございます!
うまカレの櫻井です。

内容が堅苦しくなってしまったのでは、と心配していましたが、ちょっと安心しました(^_^;)

私もそうでしたが、学生の方で競馬が好きであることを隠している人は少なからずいますよね。やはり暗いイメージが払拭されていないのが現状で、このような形で競馬の魅力や楽しみ方を伝えることで、多くの方、主に学生の方に「競馬は面白い、奥が深い!」と感じていただけるようにこれからも努力して参ります!

今度はタケさんのブログも拝見させていただきます。
更新楽しみにしています!
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ