激闘、歓喜、悔しさ、そして涙

こんにちは、『村山家の犬がかわい過ぎる』早大お馬の会・佐藤わたるです。


うまカレ元副代表村山の家にワンちゃんがいるのですが、これがかわいくて。会うたびに持ち帰りたいくらいかわいいのです。土曜も会ってきたのですが、安定のかわいさでしたね。



さて、先週日曜は日本ダービーでしたね。


いやぁ…色々と感動しました。


当日はほぼ徹夜で朝から東京競馬場へ。


やはり、ダービーデーは朝から雰囲気が違いますね。時間と共に高まっていく緊張感。何回生で見ても、ダービーだけは独特の雰囲気があります。


お昼休みの騎手紹介、ダービー恒例のレニー・ハート先生による騎手紹介で武豊騎手が登場しただけで大興奮(笑)


パドックでもアルフレードはいい状態。ダービーに向けて、現状完璧なデキに見えました。



アルフレードの応援馬券も買って、本馬場入場までスタンバイ。正直厳しいとは思いながらも、出ないことには可能性はゼロ。

ちょうど村山と隣の席で、本馬場入場を迎えることになりました。



そして本馬場入場。大観衆の前に姿を現すアルフレード。


この時点で村山は泣いていたようです。実は私も泣いてました(笑)


二人で意見出し合って選んだ馬がダービーの舞台で大観衆からの歓声を浴びている光景に、つい涙が出てしまいました。

今までどんなPO馬がダービーに出ようが、このような感覚になったのは初めてです。重みが違いました。




第79代ダービー馬となったのはディープブリランテ

アルフレードは13着でした。武騎手の話では、硬い馬場を気にしていたようです。悔しいですが、無事ゴールしただけでまずは良かった。



ゴール後の岩田騎手の男泣き、自然と起こる岩田コール。競馬場でしか体験できない一体感が味わえた、素晴らしいダービーだったと思います。


検量室では蛯名騎手が悔し泣きしていたそうで、それだけの重みがダービーというレースにはあるのでしょう。ディープブリランテとフェノーメノのハナ差、着差にすれば小さいですが、非常に大きなものでした。



ダービー後無事に走り切ったアルフレードを見送った後、隣にいた村山と自然と握手。この一年、アルフレードを選んでから濃密な一年を過ごすことができ、色々な思いが詰まった握手。

初出走初勝利、連勝、無敗でG1制覇、スプリングの大敗、NHKマイルの復活、そしてダービー…


今まで見た13度のダービーの中で一番特別なダービーとなりました。この2分23秒8は、私の競馬史の中でも、村山の競馬史の中でも、一生のものになると思います。ここまで一頭の馬に素晴らしい体験をさせてもらうことは、今後あるでしょうか…



そんなアルフレード、夏休みに入ることが決定しました。復帰が秋のどのレースか分かりませんが、まだまだこれからの馬。まずはゆっくり休みを満喫してもらいたいものです。

より競走馬として成長した姿で、私たちの前にまた姿を見せてくれるのを楽しみに待ちましょう。


とりあえず無事に、順調に運べば、目標は天皇賞秋となる可能性が高いはずです。こうやって次の目標が大レースだと、夢は広がります。



次走ダービーが決定してからダービーが終わるまで、濃密な2週間を体験させてもらいました。

来週から新馬戦が始まります。


今年の出資馬ジャイアントリープはどういう夢を見せてくれるのでしょう。


夢はまだ、始まったばかりです。




以上、来週の東京ダービーに向けて眠れない日々が始まった早大お馬の会佐藤でした。これからもアルフレード、応援よろしくお願いします!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ