好きな騎手 〜葛原編〜

こんにちは!
千葉大学の葛原です!

最近夜は肌寒くなってきて秋の到来を感じています。



今回のテーマが『好きな騎手



との事ですが、ふと誰かなと思い返してみて、何人かの騎手の方の顔と名前が頭の中に浮かんできましたが、私事ながら一番好きな馬がキングカメハメハなのですが、この馬の主戦騎手でした安藤勝己さんについてお話しさせて頂きたいと思います。



安藤勝己騎手といえばなんといってもJRA初の地方競馬出身ジョッキーとして有名なだけでなく、高度な騎乗技術と一線を画した勝負強さを様々な場面で如実に見せ、2013年の引退までにJRA通算6593戦1111の成績を残しました。




ブエナビスタマルセリーナの桜花賞や、ダノンシャンティのNHKマイルCのような後方から馬の末脚を最大限に発揮させて一気に差し切るレース、ダイワスカーレットに代表されるような前、前でポジションを取り、粘り切らせるレースと、どんな展開、どんな馬であっても馬の気分に合わせて、レースに柔軟に適応し、勝たせる姿は今でも鮮明に思い出されます。


そんな、安藤勝己さんが移籍してきた2003年にザッツザプレンティ号と共に制した

菊花賞


が今週の日曜日に行われます。



この記事を書かせて頂いてる中で、関連させると、2003年というとネオユニヴァースがM.デムーロ騎手と共に2冠を制して、3冠制覇を目指して菊花賞に挑んだ年です。ここでドゥラメンテが菊花賞に出走していたら、もっと運命的だったのですが.........w


昨年の秋からクラシック候補に挙がり、皐月賞2着、ダービーではレース中の骨折がありながらも4着と健闘した

リアルスティール

春まではダート路線でしたが、芝に矛先を向けると2連勝。神戸新聞杯を制し、好調C.ルメール騎手を鞍上に迎える

リアファル

今回菊花賞が行われる京都競馬場での重賞勝ち鞍があり、ダービー2着馬の

サトノラーゼン


などが出走します!!


2冠馬が不在の中、春もクラシックを盛り上げた馬たちが最後の1冠をもぎ取るのか、それとも夏の上り馬が、その勢いのままに最後の1冠を制してしまうのか、非常に楽しみです!



神戸新聞杯を制したリアファルが前走と同様に先頭に立ち、その後ろを天才武豊騎手と、手横山典弘騎手が追いかける展開になり、差し馬たちはリアルスティールをマークする展開になるのではないかなと予想しております!



ご愛読ありがとうございました。



数日後の次の方の好きな騎手についての記事もご愛読頂けると幸いです!




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ