突然の訃報を受けて








それでも週末はやって来る。それでも競馬はやってくる。




何があったのかは分かりません。少なくとも、前後の出来事やこれまでの経緯を踏まえていたとしても、
あれこれ推測だけで言及することが良くないことは分かっています。




それでも、何かを考えなければ、何かを書き殴らなければ収まらない。
今日はそんな時間が終日、自分の中で続いていました。




ボクが競馬を見始めた頃の後藤浩輝騎手は、国際派の面白い騎手という印象。
日本にいても十分好成績を残せる状況ながら、コネなしでアメリカやイギリスの競馬場に赴き、イチから武者修業を行うことは、並大抵の人間が出来ることではないと聞きますし、そう感じます。




競馬を見ていくうち、後藤騎手にクレバーな印象を抱くようになりました。
積極的な騎乗の裏に、探究心。ペースによっては「レースに動き」を入れ、直線は追い出しを待って進路を見つける。そして、何より勝負どころで「勝ちに行く」騎乗。
奇しくも、ステイゴールドは先日亡くなりました。斜行により一着失格となった京都大賞典ですが、これも勝負の世界だから起こり得たと言えます。




近年の度重なる落馬や、6日前の落馬も、やはり勝負の世界での出来事です。
ファンも含めて原因を検証し、考察することは当然ですが、その側面だけは忘れてはいけないと感じます。




BVx-TJzCYAA2TQd.jpg 




21120e32[1]




1度目の横断幕作りの際には、かつて確執もあった師・伊藤正徳調教師からも、復帰のお祝いメッセージを頂いています。なんとなく嬉しくなったことを、ふと思い出しました。




結局のところ、いまは「やるべきことをやる。」しか答えが浮かびませんでした。
寝て起きたら、小倉の1Rが発走します。これ以上は考えていても、何も始まらない。




後藤騎手の冥福を祈りつつ、明日の予想を始めようと思います。
ザサンデーフサイチ、1年1カ月ぶりですか…。





(日本大学・松野凌也)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ