祝・アルフレードG1制覇!


こんにちは、早大お馬の会の佐藤わたるです。


このうまカレブログで時々書いてきた、『馬主への道』シリーズ。

前回はアルフレードが無敗でG1挑戦楽しみ…みたいなことを書いていましたが…


祝・アルフレード朝日杯FS制覇!


見事、初出資アルフレードが無敗でG1を勝ってくれました!


こんなにうまく行っていいの?と言えるくらい出来すぎでしょうw

一口始めたのが今年の5月、アルフレードに申し込んだのが、彼の締め切り1週間前。


『4歳過ぎてから本格化始めて、将来芝ダート問わずに走れればいいね』と話していたころからちょうど半年、その晩成型の子に、2歳G1の口取り体験させてもらえるとは、夢にも思いませんでした。本当に夢のようです。


実際勝っても日曜は現実味がなくて、月曜、競馬ブックのトップを飾ったのを見てジーンと来ました…



朝日杯当日は口取り権が当たった為、家庭教師後スーツで中山競馬場へ。

教え子が『アルフレード勝てればいいね、勝ってくれるよたぶん』と嬉しいことを言うもので、緊張しながら競馬場に向かったものです。

そもそも先週ずっと緊張していて。毎晩なかなか寝付けませんでした。たぶん手塚先生並に緊張していたと思いますw


いつも通り競馬してたのですが、9レースでアルフレードの調教パートナーだったエチゴイチエが完勝したことで、自然と期待も高まり。ただ、土曜や日曜のそれまでの中山芝が外のほうが伸びていただけに、うまく立ち回れるか、どれだけ前半置いていかれるか、そんなことばかり考えていました。


そしていよいよ朝日杯。パドックをマイペースに歩くアルフレード。新馬のパドックでまるで牛のように歩いていた彼が、G1のパドックを1番人気で回っている光景は、もうなんとも言いようがなかったです。金曜からずっと1番人気。出資馬がG1で1番人気を背負うこと自体稀だったと思います。


返し馬でもマイペースのアルフレード。新馬が530キロで、朝日杯が530キロ。絞ったことを考えると、成長が伝わってきました。


そしてファンファーレ。正直記憶にないですwこの時点で足が震えてました。

好スタートを決めて、まさかの先行策。戦前置いていかれると思っていただけに、インの3番手はむしろ不安で…

600mの通過タイムからハイペース。そんな流れを先行して大丈夫かと…しかし、3コーナーの手応えにも十分余裕が見られ、そして勝負の4コーナー。アルフレードの手応えは…

絶好

これを自分達の集団では『もげる』というのですが、4コーナーでもげそうな手応え見た瞬間発狂。


そこからは何を叫んだかは覚えていません。ひたすら『そのまま!』とか『クレイグ!』とか叫んでいたんでしょうね…

あっさり抜け出した後、中山の直線が人生で一番長く感じましたね。早くゴール板来い、ただそれだけを祈りながら。


そして先頭でゴールするアルフレード。無敗の2歳王者が誕生した瞬間、後ろの席にいたうまカレ副代表の村山、隣の席にいたうまカレ次期代表の田中と両手でハイタッチ。最高の瞬間を最高の競馬仲間と迎えられたことが何よりも幸せでした


口取りに向かうため集合場所についた時、すでに目には涙。

本馬場に向かう時、ウイナーズサークルには2歳王者となったアルフレードが。

すでに息が入り、『朝日杯』のレイが掛けられたアルフレードの立派な姿は、今まで見てきたどんな名馬にも負けないくらいカッコよく。同じ場所で3ヵ月ほど前に新馬勝ってなでられていたあの時の姿とは、全然違う姿でした。


口取りのため本馬場に入った瞬間目に飛び込んできた中山のスタンド。普段絶対に目にすることのできないあの光景は一生忘れません。


口取りの時はもう涙が止まりませんでした。確かに一口はじめてまだ半年ですが、

残ってた20頭くらいの中から村山とじっくり選んだ時、最初に血統表見た時、『優駿』に取り上げられた時、新馬のパドック回ってた時、新馬を勝って口取りした時、そして朝日杯を先頭でゴールした時。

すべてのシーンが頭に思い浮かび、涙が止まらなかった。


そんな中、アルフレードはじっとしているのが嫌なのか、表彰式でもやんちゃ振りを発揮。まだまだ子どもなんでしょう。

逆にいえば、晩成血統で若いころは脚が弱く、気性面でもこれだけ幼さを見せる彼が、今後どのように活躍するのか、非常に夢が膨らみます


ほかのアルフレード出資の会員さんと喜びをわかちあい、最後に全員で記念写真を撮った時、あの場所は幸せで満ちていて、ずっとこの時が続けばいいと思うくらいでした。


アルフレードに関わってから半年、素晴らしい体験をさせてもらい、彼には感謝の言葉しか見つかりません。

ただ、これが終わりではなく、これからが始まりだと思っています。


今回の優勝で『2歳チャンピオン』として、強力な関西馬との戦いが幕を開けます。

その世代の頂点を決めるダービーなど、アルフレードの夢はまだ始まったばかり。今後、どんな夢を見せてくれるのか、楽しみは広がるばかりです。


最後になりますが、このブログを見てくださっているアルフレード出資の会員様、本当に今回はおめでとうございます!
そしてこのブログを見てくださっている方々、応援ありがとうございました!

今後も、このような歓喜の瞬間に巡り合いたいものです。


アルフレード、2歳チャンピオンおめでとう

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

こんにちわ

返信ありがとうございます。
2歳世界最高レイティングの121だそうです。

まだまだ成長余地があるので、楽しみですね。

ぜひ皐月賞、日本ダービーで、佐藤さんとウイナーズサークルにてお会いできることを楽しみにしてます。

2歳ワールドチャンピオン!

上のコメントにもあるように、2歳で世界最高のレーティング121になりました。これは、ほんとうにすごいです。世界の合田がびっくりしているでしょう!

口取りうらやましかったです。今度は、私も皐月賞やダービーで口取りしたいです。特にダービーは気合入るだろうなー。出資者全員応募したりして。

なんか燃え尽き症候群ではありませんが、気が抜けてしまい、有馬記念の予想もままなりません。

うまカレの予想に乗って見るのも手ですね!

次回、また会いましょう!

No title

首領さん

レーシングポストの121評価は本当に嬉しいです!ダビルシムはもちろん、アメリカのBCジュヴェナイルを制したハンセンも相当話題になってる馬ですから…それを超える評価とは驚きでした!

ダービーの口取りで、ぜひ一緒にターフの上に立ちましょう!

No title

cme225さん

相当驚いていたはずですW

G1の口取りはそうできるものではないと思うので、貴重な体験をさせてもらいました。ダービーとかの倍率凄いでしょうね…

有馬の後オルフェの出資者が口取りしてたのを見て、先週あの場所に立ったんだなと考えると感慨深くなりましたW

ぜひダービーの口取りでお会いしましょう!
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ