関西インカレ2018

こんにちは!


代表の宇都宮大学の小柴です。



代交替式が終わって、早速のイベントとなた『関西インカレ』を11月11日の日曜日に京都競馬場で行いました。今回は、京都大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、近畿大学の5大学が集い、27人の参加者と共に競馬を楽しみました。


今回は、競馬の他に、色んな人との出会い。再会もあったので、そんなところにも触れながら、旅の一部始終を紹介していきたいと思います。







11月10日土曜日朝早くに京都入りをして、観光をしよう。。。。。と思ったのですが、それが前日の在来線の運休の影響で、名古屋で大きく出遅れ…京都に着いたのはお昼の3時。そんなことをしていると、夜に予定があったもので、見事に京都観光ができなくなってしまい、今回は断念


しかし、今回は、夜に小学校の恩師とご飯を食べる予定があり、そこでいろんな思い出話と共に、数えきれないくらいの競馬話ができたわけです。


その恩師が競馬を始めたのが1990年代初め当たり、それこそ、ライスシャワーの話とか、マヤノトップガンの話とか、色々「あの時の競馬」に思いを馳せていらっしゃり…


特に印象に残っているのはと問うてみれば、「メイショウテゾロを買えたのに…」という話にどうしてもなるみたいで、どうしてもあの馬券を買えなかったのが悔しかったようです。


そのレースというのは、1995年のマイルCSのこと、メイショウテゾロという馬がこのレースで2着に来たという事実を忘れてはいけません。メイショウテゾロは、新馬戦で人気に応え、次戦距離が400m延びた千両賞で14番人気ながらも、ハナ差で差し切り連勝。この時の2着が後の宝塚記念2着のサンデーブランチというわけなんだからどこか懐かしい。そして次走のシンザン記念も先行して押し切り3連勝と波に乗ったわけなのですが、そこからはアーリントンC6着をはじめ2桁大敗が多く続きました。そんな中、原点回帰とは言わんばかりにかつて勝利したことのあるこのコースで、もう一度花を咲かせよう。そういった意気込みだったかどうかはわかりませんが、まさかの16番人気で2着に食い込み、大波乱を演出したそんな馬でした。


当時、その恩師がトロットサンダーを本命にしていたとのことで、そこから「総流しで行く!」(当時は、単勝・複勝・枠連・馬連のみの発売)はずだったのですが、どうしても買い目を少なくしてしまいたかったようで、その時に、メイショウテゾロを切ってしまったようで…。当たっていれば、10万馬券だったというんだからさぞかし悔しい思いをされたんだと思います。今でも悔しがっているわけですからね。相当ですよ本当に…


まぁそんな話をしながら、「関西インカレ」の前夜は競馬談話で盛り上がったわけです。


その恩師が、12月に東京にいらっしゃるというわけだから非常に楽しみで、今からウキウキしているわけですよ(笑)



今週はよく考えたらマイルCS。メイショウテゾロからもう23年がたつということを考えれば、もう長い年月立っているんだなということも思えますよね。今年はどんな戦いになるのか。非常に楽しみですね。










そんな話をしていると、インカレの話ができなくなりそうなので…


さて、当日は見事なくらいなすがすがしい陽気で、端的に言えば、「競馬日和」でしたね。

2018年度関西インカレ_181118_0013




今年の「関西インカレ」は、京都のレースの出走頭数が非常に少なかったということで、京都10Rの修学院Sの振り替えでGIIIの福島記念を予想。京都6・8・9・11R、と福島11Rでガチンコ予想しました!ルールはうまカレ独自のものを採用し、単複と3連単5頭ボックスで勝負。最終戦の京都11Rエリザベス女王杯まで、非常に盛り上がり無事にすべてのレースを終えることができました。


最終戦であるGIの「エリザベス女王杯」は今年も好メンバーで楽しみな1戦となりました。昨年覇者のモズカッチャンをはじめ、強力な3歳馬が2頭ノームコアカンタービレ、急上昇で初GIに臨んだレッドジェノヴァ、シルバーコレクターのハーツクライ産駒リスグラシューなど、メンバーが揃い、どれを本命にしようか参加者かなり悩んでおりました。


2018年度関西インカレ_181118_0005
モズカッチャン

2018年度関西インカレ_181118_0004
リスグラシュー




今回、前代表の渡辺さんも参戦されていたのですが、この人は、世界で1番ステイゴールドが好きと言ってもいいくらい、生粋のステイゴールド及びステイゴールド産駒好きで、アドマイヤリードを心の底から応援されていました。しかし、なぜクロコスミアを応援できなかったのか…未だに不思議でならない…

2018年度関西インカレ_181118_0001
昨年のVM優勝馬アドマイヤリード。どこか可愛い。


2018年度関西インカレ_181118_0008
2着に食い込んだクロコスミアのパドック


またまたそれてしまいましたが、レースは、昨年このレース2着のクロコスミアが逃げる展開となり、モズカッチャンを含めた人気の馬たちは、中団で差しの競馬を試みていました。しかし、直線に入ると、逃げていたクロコスミアが粘る粘る。マイペースで競馬を進めたクロコスミアのアドバンテージが大きかったが、それに迫ったのは、シルバーコレクターのリスグラシュー。直線に入ると、みるみる追い込み、逃げたクロコスミアを捉え、見事にGI初制覇を果たしたのでした。



鞍上のJ.モレイラ騎手はJRAのGI初制覇ということもあり、またこの日にJRA通算で100勝を迎えたということもあって、まさしくモレイラデーといいたいところではありました…が、1~11Rまで外国人ジョッキーが勝利する非常に珍しい日となり、モレイラ騎手が凄い!というよりかは、みんな凄い!といったそんな日になりましたね。

2018年度関西インカレ_181118_0011
JRA通算100勝を達成したJ.モレイラ騎手。と、通訳のアダム・ハリガンさん





そんな日になった今回、これを書いている代表自身、予想大会はぼちぼちといったところではありましたが、肝心なリアルな馬券のほうが一切当たらず…辛かったものです。




しかし、参加してくださった方々には非常に楽しんでもらえました!!ワイワイ盛り上がっていたのもよかったです!



さぁ、それでは今回のベスト3を紹介しましょう!


3位 近畿大学 東川さん 69930P

東川さんは今回エリザベス女王杯で3連単ボックスを見事に的中し、京都6R、8Rも堅実に的中させ、堂々の3位!回収率は192%を記録しました!





2位 近畿大学 宇野さん 73870P

宇野さんも同様エリザベス女王杯で3連単ボックスを見事に的中させ、その他に京都6,8,9Rの複勝や3連単ボックスなども当てて、2位フィニッシュ!回収率も200%越えを記録しました!





1位 関西学院大学 大久保さん 74730P

今回1位となった大久保さんなのですが、大会に参加した数少ない「UMAJO」の方で、何と言っても、この方は中央競馬が初めてであるということでした。まさかのまさかの1位!エリザベス女王杯でももちろん的中し、今回人気薄のクロコスミアを本命にしていたことから、それが上位争いの接戦を制した要因といえるでしょう!まさにダークホース!本当に参加されていた方々、驚きを隠せていませんでした(笑)

S__92561443.jpg
結果発表後に記念撮影!



そして、レース後はみなさんと親睦を深めるために今年も懇親会を開催。みなさん競馬談義に花を咲かせていました。
色んな競馬ネタで盛り上がり、本当に有意義なものになったと思います。
参加していただいたみなさん大変ありがとうございました!




今年も大変な盛り上がりを見せた関西インカレ。多くの方々に楽しんでいただけようで、運営側としては大変うれしく思います!
また、今回のイベントを開催するにあたり、ご協力頂いた関西の競馬サークルの方々に改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました!またどこかの機会でお会いできればと思いますし、関西でのイベントを開けるようにうまカレ一同頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたします。




うまカレでは今後も関西圏も含むイベントを積極的に開催していきたいと思います。特に大学対抗POGでは、関東、関西だけでなく、全国の競馬好き大学生がある意味一堂に会する場です。もし興味のある大学生の方がいましたら、来年以降積極的にご参加していただけるとうれしく思いますし、みんなで大学競馬を盛り上げませんか?




長文のご拝読、ありがとうございました!
スポンサーサイト



9期目代表・副代表挨拶

9期目代表:宇都宮大学 小柴憲之介

みなさんこんにちは。

この度、今月からうまカレの代表に就任しました、宇都宮大学2年の小柴憲之介です。2011年に発足して以来、全国の大学生に競馬を楽しんでもらおうというために作られたうまカレ。今年で我々の代でもう9期目を迎えました。

私は昨年の7月途中、大学1年の時に、栃木県宇都宮市在住という身でありながら、入会させていただき、数多くのことをこのうまカレで学ばせてもらいました。血統的な面、馬体的な面、馬事文化的な面でも、競馬というスポーツを本当に深く学べていると思います。そして、そういった中で色んな人に出会いふれあい、馬という生き物が、改めて人とつながってこその生き物なんだなという実感もすることができました。また、入会してからは今しかできないことをとにかくやることに尽力し、何事にもトライする精神をも身についたような気がします。そういう環境で競馬や馬を学べるようにしてくださった先輩方には非常に感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな中、今回代表という職に就かせていただき、責任の重さを実感しております。今年でもう9期目となった我々うまカレは、ある一種の転換期を迎えようとしているような気がします。これからの課題にはなるとは思いますが、少しでも大学生に競馬というスポーツに触れらえるような環境づくりをしていけたらと思います。どうしてもギャンブルという面の大きい競馬ではありますが、走っている姿を見てもらえると、本当にその姿は芸術で、レースを見れば、涙が出るほど競馬というものは人を感動させるのです。そんな感動を我々大学生に届けられるように日々精進して参ります。みんなで笑って楽しんで、そんなサークルを目指して頑張っていこうと思います。

かしこまった内容の中で申し訳ありませんが、少しだけ宣伝させてください。私小柴は、うまカレとしての活動の他に、宇都宮市内のコミュニティFM「ミヤラジ」でパーソナリティーを務めさせていただいております。平日にはなるのですが、毎週水曜、木曜の夕方に出演しております。代表挨拶の機会の時に非常に申し訳ないのですが、ぜひこちらの「ミヤラジ」もお聴きいただくと幸いです。

短い1年になるとは思いますが、精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。

副代表:芝浦工業大学 平田耕大

この度うまカレの9期目副代表になりました芝浦工業大学1年の平田耕大と申します。今年の4月にうまカレに入り、まさか半年で副代表になるとは思ってもいませんでしたが、謹んでお受けさせていただくことになりました。

4月に大学生になり、自分の大学に競馬サークルがなかった私はインターネットでうまカレを見つけ、すぐに入会を希望しました。
入会後、先輩方、同級生など多くの人に出会い、私の競馬に対しての見聞を大きく広めてくれました。知識、文化、考え方、あらゆる面において成長させてくれる機会があったと思っています。
このような多くの出会いはうまカレに入らなければ経験できなかったものです。改めてうまカレという団体の存在の大きさを感じています。
そのような中で今回副代表になり、責任も重大ですが、様々な事を経験していき、成長できたと思える1年でありたいと思います。

そして2020年、うまカレは10年目に突入します。今年の9期目、来年の10期目は、この10年目に向けての足ががりとなる世代にしていきたいと思っています。
どうぞ1年間よろしくお願いします。
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ