エンプレス杯~混戦を断つ馬は!?~

皆さんこんにちは!!
宇都宮大学の小柴です。

春休みも半分が終わり、新学期が始まるのにとても憂鬱さを感じている今日この頃ですが、競馬界では、春のクラシック戦線・春の古馬三冠戦線が熱くなってきました。

先週は中山記念(中山・芝1800m)が行われ、昨年のマイルCS馬であるペルシアンナイトや、ドバイターフを勝利したヴィブロスなど有力馬が出走しました。結果としては複勝圏内に入れず残念な結果となってしまいましたが、いずれも叩き良化型とあって、次走に期待したいところです。

また、今週はチューリップ賞(阪神・芝1600m)に弥生賞(中山・芝2000m)も行われるとあって、一層盛り上がりをみせることでしょう。チューリップ賞には阪神JFの1~3着馬が出走を予定、弥生賞には無敗馬が3頭(ダノンプレミアム・ワグネリアン・オブセッション)も出走を予定しており両レース共にかなりハイレベルな一戦となるでしょう。とても楽しみな春が僕たちを待っていることでしょう。

さて、今回は春の訪れを告げる川崎の牝馬限定重賞のエンプレス杯を展望していこうと思います。このレースは過去10年ではJRA勢が勝利しておりますが、複勝圏内に地方馬が多少絡んではいて、昨年は2着にリンダリンダが絡むように地方馬にもチャンスのある舞台ともいえます。また、前走は大井競馬場で行われたTCK女王盃をステップにここに臨む馬が多く、また、このレースで大敗した馬でも盛り返すチャンスがあるというのが傾向に出ています。

今回はJRA勢が5頭、大井3頭、船橋2頭、浦和1頭の計11頭の出走となりました。

まずはJRA勢では、昨年このレースを制したワンミリオンスをはじめ、前走TCK女王盃を制し、目下連勝中のミッシングリンク、クイーン賞2着のアンジュデジール、JBCレディスクラシックで僅差2着のプリンシアコメータなどが出走します。

また、地方勢では、前走TCK女王盃3着だったラインハートや、前々走のロジータ記念(川崎・2100m)で圧勝したステップオブダンスなどが出走します。

発走は2/28の16時30分です。

混戦ともいえる古馬牝馬戦線、どの馬が勝利するか楽しみな一戦です。

それではまた!

大学対抗POG2017-18途中経過[~2/13]

こんにちは、代表の渡辺です。


2月14日は世間ではバレンタインデー。日本での女性から男性へチョコをあげる風習は企業の陰謀だなんて言われることも多々ありますが、本命チョコをどのように渡そうかと考える女性の方、チョコを貰えないかと必死にアピールする男性の方などなど、企業以外にも様々な思惑が取り巻くイベントだと思います。
思惑渦巻くバレンタイン。まるでドロドロに溶けたチョコの様。


とまあ、親族以外からチョコを貰えず、自分でチョコ菓子を作っていた人間のしょうもない話は置いといて、ここから本題の方にも。



ぽg2

久し振りの更新となる大学対抗POGの途中経過。前回(~12/17)の更新からホープフルSを筆頭に多くの重賞戦や特別戦が行われてきました。順位の変動は避けられず、着実にポイントを積み重ねた大学もいれば、上手く加算できずに順位を落としてしまった大学もちらほら……。

それでは、まずは上位5チームの順位及びポイントの発表です!


1位 日本大学 11955(↑前回4位)
2位 帯広畜産大学 11629(→前回2位)
3位 早稲田大学 9090(↑前回7位)
4位 関西大学 8630(↓前回1位)
5位 近畿大学 8480(↓前回3位)
※前回集計は12/17



前回集計では4位だった日本大学が一気に1位まで浮上!
フェアリーSを指名馬のプリモシーンが制したことで、一気のポイント加算になったようです。また、シンザン記念4着のファストアプローチなど、コンスタントにもポイント加算してきました。
ここまで指名馬7頭中6頭が勝ち上がりと、これからもポイント加算への不安は少なそうです。


2位の帯広畜産大学は、順位の変動はありませんがしっかりとポイントを加算してきました。
ホープフルS2着のジャンダルム、フェアリーS3着のレッドベルローズなど、重賞戦線での指名馬の活躍が目立っているので、今後も重賞の舞台でポイントの加算が期待できます。


前回7位から順位を上げてきたのが3位の早稲田大学
前回集計から今回まで、エルフィンSを制したレッドサクヤ、きさらぎ賞2着のグローリーヴェイズなどの活躍が光りました。レッドサクヤの次走は桜花賞になっており、大舞台でもポイント加算できるかには注目です。


残念ながら関西大学近畿大学は順位を落としてしまいましたが、関西大学はステルヴィオ、近畿大学はアンヴァルと、実績馬持ち。トライアルシーズンでの巻き返しも十分可能でしょう。


また、5位圏外では、珍馬名でおなじみの小田切オーナーの所有馬のみを指名した上智大学が16位と意外にも健闘。当初は最下位も危ぶまれましたが、現在2750ポイントと、少ないながらもしっかりとポイントを加算してきたようです。
現在勝ち上がっているイイコトズクシワタシヲマッテルの走りには注目して見ていきましょう。



↓6位以下はこちら
6 横浜国立
7 獨協
8 岡山商科
9 明治
10 東洋
11 専修
12 関西学院
13 東海
14 東京工業
15 千葉
16 上智
17 京都
18 立命館
19 九州連合
20 中央
21 國學院
22 ICU
23 慶應
24 電機通信
25 TGIF


DSC_3592_convert_20180214135750.jpg
共同通信杯2着の千葉大学指名のサトノソルタス。


ところで、上位陣のポイントを見てお気づきの方もいるかもしれませんが、今回大接戦です。
1位と2位が大体300ポイント差。さらに1位と5位でも3000ポイント差ぐらいと、重賞一つ指名馬が取れば一気に逆転可能なほどの接戦になっています。
ちなみに5位以降も僅差で、どの大学も一発逆転は可能と言えるでしょう。これからのトライアル、そして大舞台へとまだまだどうなるか分かりません。
ポイント集計する側としては見ていて大変面白いです(笑)。




今週は今年最初のGⅠフェブラリーS。ゴールドドリームの連覇か、はたまた新星登場か。今年も2月の東京競馬場が熱気に包まれそうです。
バレンタインで良い思いができた人はフェブラリーSで新たに楽しい思い出を、できなかった人も同じようにフェブラリーSで上書きしてしまいましょう。競馬と私どっちが大事なのよ(そりゃもちろんk……)


それでは、今週もみなさんGoodな競馬ライフに!
インフルエンザが流行っているようなのでそちらもお気を付けください!


JRA-VAN×うまカレ 大学対抗POGコラボページはこちら
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ