読書の秋~日本初の女性騎手の運命は…?「虹の断片」~

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


先週まで行われていた福島開催では、藤田菜七子騎手の活躍が光っていましたね。

中央地方問わず各地で注目の的となる人気ぶりはデビュー2年目の現在も続いています。

その人気はJRA唯一の女性騎手だからというだけではなく、
新潟の直線レースなど、馬券を買う立場としても信頼できるということもあると思います。
最近では社台RHやサンデーRなど社台系の馬でも結果を残しているので、
今後もますます活躍の場を広げてほしいですね!


今回は、そんな藤田菜七子騎手にも少し関係している本を紹介したいと思います。

それは、ノンフィクション作家・島田明宏さん執筆の歴史小説「虹の断片(かけら)」(産経新聞出版、2014年)です。

2017112221231464d.jpg


女性騎手の歴史を振り返ると、
1996年に牧原(現・増沢)由貴子騎手、細江純子騎手、田村真来騎手の3人が中央競馬初の女性騎手としてデビューしています。

しかし、3人の女性騎手がデビューする60年も前に、
日本初の女性騎手が誕生していたのです。

それが、この作品の主人公「すみ」のモデルである斉藤澄子さん。

岩手の農家の娘であるすみは、黄金競馬場(現・盛岡競馬場)で見たレースに感動し、騎手になることを志します。
しかし、当時の競馬界は女人禁制。
すみは女を捨て、髪は短髪のオールバック、胸には晒を巻き、煙管でたばこを吸うなど男を装って競馬界に飛び込みます。

東京で受けた騎手試験では風紀上問題があるという理由で不合格にされるという不遇も受けました。
それでも厩舎の仲間や名騎手たちがすみを支え、すみも成長を遂げていきます。
そして1936年、女性騎手に理解のあった京都競馬倶楽部の騎手試験に見事合格。
日本だけでなく世界でも初めての女性騎手が誕生したのです。

幾多の困難を経て、ついに夢を叶える日が近づいたすみでしたが、
デビュー目前にしてさらなる試練が襲いかかります……


藤田菜七子騎手が10月の新潟競馬で女性騎手年間最多勝を達成した際に、
「女性ジョッキーの道を作ってくださった先輩の女性騎手の皆様に感謝したいです」
と、インタビューで答えていました。

これまで様々な女性騎手が活躍しましたが、
斉藤澄子さんは道なき道を最初に切り開いた一人。
藤田菜七子騎手や地方所属の女性騎手が現在のびのびと活躍できているのも、彼女の奮闘があったからと言ってもいいでしょう。
そんな彼女の奮闘ぶりや彼女を待ち受ける運命が、この一冊で知ることができるでしょう。

また、この作品にはクリフジに騎乗し3冠ジョッキーになった前田長吉騎手の物語も収録されています。
ここ最近まで謎に包まれていた天才・前田騎手の悲運の生涯はどのようなものだったのか。

書店などで手に取って読んでみてはいかがでしょうか!

» Continue Reading

今週の注目2歳戦(11/25,26)

こんにちは、中央大学の渡辺です。


今週は早くも筆者にとって近場の東京開催の最終週。今年も例年通り多くの名レースが繰り広げられてきましたね。
個人的な東京競馬場での今年の思い出深いレースを挙げるなら、アドマイヤリードが勝ったヴィクトリアマイルでしょう。アドマイヤリードの特徴を把握した上でのルメール騎手の騎乗に、アドマイヤリード自身が示した父譲りの勝負根性は本当に素晴らしかったです。ステイゴールド産駒の久し振りの平地GⅠ勝利ということで、ステイゴールド産駒を応援する筆者は感極まってしまいました(笑)。


さて、それではそろそろ本題に。今週も注目の2歳馬たちを見ていきましょう!


~土曜日~

・東京5R メイクデビュー
ここで気になるのは2頭。パルマリア(父ロードカナロア)は兄弟ほぼ全員が勝ち上がり、安定した成績を残しています。2歳戦で絶好調の新種牡馬ロードカナロアを父に迎える当馬はどんな走りを見せるのか注目です。ちなみに名前はマリアですが牡馬です。
ウインオルビット(父アイルハヴアナザー)はコスモソーンパークの下。この2歳戦から、兄のような息の長い活躍を目指してもらいたいですね。

・東京9R カトレア賞
注目はシルクユニバースを母に持つヴェルトゥアル(父スマートファルコン)。シルクユニバースは、クラブ法人シルクレーシングの看板繁殖牝馬として、これまでモンドインテロ(父ディープインパクト)、セダブリランテス(父ディープブリランテ)などの重賞戦線でも活躍する馬を送り出してきました。
ヴェルトゥアル自身は兄弟とは異なり、ダート馬としてデビューしましたが、新馬戦は逃げて4馬身差の快勝。抜けた馬のいないここでは主役の1頭でしょう。

・京都6R メイクデビュー
ダートの新馬戦ですが、ここには芝で活躍した馬を全兄に持つビップベリンダ(父ハーツクライ)が初出走します。全兄の名前はウインバリアシオン。現役時代はいつも三冠馬オルフェーヴルの後塵を拝し、悔しい思いを強いられてきました。ビップベリンダ自身はダートデビューですが、ここから兄の無念を晴らすような活躍を見せることができるか注目です。

・京都11R 京都2歳S
今週要注目のGⅢの2歳重賞戦。ここで注目を集めるのはメンバー唯一のOP特別勝ちタイムフライヤー(父ハーツクライ)でしょう。新馬戦では札幌2歳Sを制したロックディスタウン(父オルフェーヴル)に先着を許し2着に終わりましたが、その後は未勝利戦、萩Sを連勝してきました。特に萩Sでの4馬身差での快勝は圧巻。能力の高さは証明済みです。
紫菊賞を制したマイハートビート(父ゼンノロブロイ)も注目の1頭でしょう。紫菊賞では4番人気ながらも、デビュー前から注目度の高かったトゥザフロンティア(父ロードカナロア)を見事撃破。今回も大物食いなるか注目です。


~日曜日~

・東京5R メイクデビュー
ここにはPOGでも注目を集めたあの良血馬が出走です。ブレステイキング(父ディープインパクト)は、シユーマの2015として各所のPOGでも名前が挙がっていました。全兄のヘリファルテが4月デビューながらもここまで4戦3勝。兄よりも早いデビューを迎えた当馬は、恐らく完成度では兄以上でしょう。どのようなレースを見せてくれるのか今から楽しみです。
また、このデビュー戦ではクイーンズミラーグロ(父マンハッタンカフェ)を半姉に持つケイアイムーンバ(父ハービンジャー)も出走を決めており、この馬にも注目です。

・京都9R 白菊賞
牝馬限定の条件特別戦だけあって、注目馬が多数出走してきました。中でも最注目は、三冠馬オルフェーヴルを全兄に持つデルニエオール(父ステイゴールド)でしょう。デビュー前から様々な人からオルフェ―ヴルによく似ているという声が挙がり、最近の兄弟の中ではかなりの注目度でした。そしてデビュー戦ではその声を裏付けるかの如く快勝。ステイゴールド×オリエンタルアートのラストクロップとして、今回の舞台でも期待大です。
他にも、デビューから安定した走りを見せているアリア(父ダイワメジャー)、デビュー戦を3馬身半差で快勝してきたリリーノーブル(父ルーラーシップ)にも注目です。


今週の注目2歳馬を見てきましたが、12月の大舞台に向けて牡馬・牝馬ともに大分動きが活発になってきました。今年からホープフルSがGⅠに格上げされたこともあり、この時期の動きは例年以上に活発になっているかもしれません。


東京、京都が今週で今年の開催を終え、来週からは中山、阪神、中京に舞台が移ります。競馬の動きもいよいよ締めくくりに向かっているなと感じます。
気温も次第に下がってきており、だんだんと師走の中山の寒さを思い出してきました。まあ、寒かろうが何だろうが競馬場に行ってしまうんですよね(笑)。

それでは、みなさんも風邪には気を付けて、今週も競馬を楽しんでいきましょう!

大学対抗POG2017-18途中経過[~11/21]

こんにちは!
中央大学の櫻井です。



のらりくらりと毎週競馬を楽しんでいたら、
あっという間に冬がやってきてしまいました……

楽しい東京開催も今週のジャパンCでおしまい。マーボ丼ともしばらくお別れです……
とはいえ、しょんぼりしていてもしょうがないので、
今年も木曜日の公開調教から日曜日の京阪杯まで思いっきり楽しみますよ!


そんな中、大学対抗POGも大きな動きがありました。
指名馬からも2歳GⅠやクラシックでの活躍が期待される逸材が続々と登場しています!
それでは、11/21までのトップ5はこちらです!


1位 帯広畜産大学 6950(↑前回10位)
2位 近畿大学 6900(↑前回5位)
3位 日本大学 6820(↓前回1位)

4位 横浜国立大学 6710(→前回4位)
5位 獨協大学 5280(↓前回2位)

※前回は10/1集計


帯広畜産大学が一気に首位に浮上しました!

11/11のデイリー杯2歳Sでビリーヴの仔ジャンダルムが勝利!
武豊騎手の代役を任されたアッゼニ騎手が直線で内をうまくさばいて抜け出し、
人馬ともに中央では初の重賞制覇となりました。
次走は武豊騎手とのコンビでホープフルSとのことで、クラシックを意識したローテーションになりそうです。

またタピット産駒のスウィングビートレッドベルローズがそれぞれ新馬勝ち!
さらに、園田競馬場で行われた兵庫ジュニアグランプリでは、
道営所属ソイカウボーイが3着に入りポイントを加算しています!


2位に浮上した近畿大学は、ロードカナロア産駒アンヴァルが500万、福島2歳Sと連勝!
福島2歳Sでは、道営から参戦したリュウノユキナの懸命の追い上げを楽々と振り切り2馬身半差の快勝。
今後の短距離路線で注目の1頭です。
ちなみに、ロードカナロア産駒の中央所属2歳馬は先週までに22頭勝ち上がっており、
勝ち上がり頭数はディープインパクト(35頭)に次ぐ2位!
来年のPOGではロードカナロア産駒に指名が集中するかもしれませんね!

さらにモーリスの全弟ルーカスが東スポ杯2歳Sで2着を確保し、手堅くポイントを加算しました!

そんなルーカスに3馬身差をつける圧巻の走りを見せたのが、
4位横浜国立大学が指名したワグネリアン
向正面はルーカスより前の5番手を追走すると、
直線では切れのある末脚で他馬を楽々と突き放しました。
今後はクラシック路線を意識したローテーションを組むとのことで、
万全の状態でダービーを迎えてほしいですね!


一方、9月まで首位だった日本大学3位まで順位を落としましたが、
フランケル産駒のシグナライズが11/5の京都未勝利を制すと、中1週で挑んだ秋明菊賞でも2馬身半差をつける快勝!
まだまだ順位を上げることは十分にできるでしょう!


6位以下はこちら↓

6 関西 4410
7 早稲田 3995
8 岡山商科 3320
9 明治 3077
10 関西学院 3005
11 東京工業 2830
12 上智 2495
13 東海 2455
14 千葉 2385
15 京都 2330
16 専修 1765
17 九州連合 1750
18 東洋 1710
19 立命館 1350
20 國學院 905
21 ICU 810
22 中央 670
23 TGIF 340
24 電気通信 110
25 慶應 70

12月は2歳GⅠシーズン

12/10(日)は阪神ジュベナイルフィリーズ
12/17(日)は朝日杯フューチュリティステークス
そして12/28(木)に新たにGⅠに加わるホープフルステークスが行われます!

【出走予定馬】※うまカレ調べ
阪神JF…ロックディスタウン、ラッキーライラック、ベルーガ、モルトアレグロ(岡山商科大学)、デルニエオール(ICU)、アリア(獨協)など

朝日杯FS…ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ(関西学院大学)、ファストアプローチ(日本大学)など

果たして、2歳GⅠを制する大学は現れるのか!?


次回の更新をお楽しみに!
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ