2017クラシック・大展望!-中央大・加藤編ー

皆さんこんにちは。
中央大学の加藤です。

早速ですが、今回は自分の現時点でのクラシック各レースの本命馬を発表していきます。


浦和桜花賞
◎ソウルスターリング (牝3 美浦・藤沢和雄厩舎 父 Frankel)

トライアルレースの内容が圧巻でした。名伯楽藤沢和雄師が認める確かな実力の持ち主であり、牡馬への挑戦も期待させてくれるだけの逸材で、鞍上の指示にスッと反応して器用に立ち回れるという長所を活かしたいところでしょう。本番と同じ舞台で2勝しており、距離・コースともに不安はありません。


皐月賞
◎ファンディーナ (牝3 栗東・高野友和厩舎 父 ディープインパクト)

昨年僕が旅行したタイの言葉で「良い夢を」という意味を持つこの馬が本命です。
牝馬の皐月賞挑戦は2014年のバウンスシャッセ以来になりますが、個人的にはチャンスは十分だと思っています。
理由は三つ。一つ目は、個人的にPOGで指名しているからです。まあこれはスルーして下さい(笑)
そして次からが真面目な理由です。二つ目は、前走のフラワーCの走破時計は前日に同距離で施行されたスプリングSのそれに0.3差まで迫っていたからです。最後は前日のスプリングS組とのレースぶりの比較です。最後混戦になって懸命に追われて抜け出したウインブライトに比べて、いくらか楽な手応えでかつ鞍上の岩田騎手がまだ本気で追っていなかったところから見ると、ファンディーナのほうがタイムはまだまだ出そうで、余裕があるように感じました。本番は多頭数になりますから、そう簡単に捲らせてはもらえないでしょうが、もし馬群に入っても500キロ台というディープ産駒の牝馬にしては比較的大柄な馬体の持ち主なので、そう易々と弾き飛ばされたり、ひるんだりすることはないでしょう。
ヴィルシーナ・ヴィブロス姉妹やヴィクトワールピサの母父マキャヴェリアンを産み出した Coup de Folie の牝系からとても楽しみな馬が現れました。ヴィクトワールピサを皐月賞制覇へと導いた、奇才・岩田康誠騎手がこの馬も勝利へ導いてくれるのではないか、まさに馬名の意味通りに「良い夢を」見させてくれるのではないかと期待しています。


オークス
◎ルヴォワール (牝3 美浦・手塚貴久厩舎 父 ハーツクライ)

大変迷いましたが、意外性に期待してこの馬を本命にしました。
ここ二戦の勝ち方のインパクトは強く、中でも前走のミモザ賞は持ったままで前の馬を捉えての快勝。少頭数でメンバーレベルは決して高くなかったとはいえ、中山の急坂を手ごたえ抜群、持ったままで上がってきて、しかも上がり3ハロン最速。新馬戦の時に抱いたもしかしたら強いメンバーとでも互角に戦えるのではという期待が確信に変わった内容でした。本馬の母リュヌドールはフランスの競走馬で、2004年のジャパンCに出走しています(結果は7着)。一方の父ハーツクライも2004年のジャパンCに出走していて(結果は10着)、本馬の馬名の意味である「再会」は、父ハーツクライと母リュヌドールの運命的な再会に由来するそうです。これまでのリュヌドールの産駒は脚部不安で大成できませんでしたが、無事デビューできた本馬が、両親が初めて出会った場所である府中2400mで初GⅠ制覇なるかという点に注目したいところです。


ダービー
◎ペルシアンナイト (牡3 栗東・池江泰寿厩舎 父 ハービンジャー)

こちらも大変迷いましたがこの馬を本命にしました。
私は毎年ダービー馬を予想するにあたって、一つの明確な基準を軸にして考えています。
それはデビュー戦の距離です。過去10年のダービー馬のうち、8頭が非根幹距離(主に1400m・1800m)でのデビュー馬なのです。ダービーの距離は2400mで、ラストの上がり3ハロンで渾身の力を振り絞ることが求められますから、ラスト3ハロンまでの1800mという距離を楽に走れる能力であったり、そのラップの刻み方を身体に覚えさせるために必要であったりといろいろ根拠はありそうです。さてこのデータに該当しない2頭はウオッカとオルフェーブル。歴代のダービーは強い馬ばかりですが、この2頭はその中でもとびぬけて強い存在で、非根幹デビュー組の8頭と違って古馬になって以降、複数のGⅠタイトルを獲得しているという点で異なる、まさに怪物級の馬達ばかりです。では今年はどうか。ハイレベルと目される牝馬に比べて牡馬はややタレント不足感が否めない状況にあります。皐月賞へ向けてのトライアルレースもすべて終了しましたが、お世辞にも現状で怪物級の評価に値するような馬は見当たりません。一方の牝馬にしても、正式にダービー参戦を表明している馬はいませんから本命は打ちづらいところです。さて牡馬の中で複数重賞勝ちをしているのはカデナとブレスジャーニーの2頭。しかし、カデナはデビュー戦の距離が1600mで先ほどの条件には該当しないために除外。一方のブレスジャーニーはデビュー戦の距離が1400mで条件に合致しますが、残念ながら脚部不安で戦線離脱してしまったためこちらも除外。となると有力どころでデータに該当するのは、サトノアレス・ウインブライト・アダムバローズ・ムーヴザワールド・プラチナヴォイスといったところですが、どの馬も距離不安や賞金不足などの不安要素を抱えており、見送らざるをえないところです。しかしそんな中にあってただ1頭、条件に合致していてかつ安定した走りを見せているのがペルシアンナイトです。実馬を見たことはないのですが、アイビーSのパドックを見た知人の方々が口をそろえて、ハービンジャー産駒らしからぬ馬体をしていたと評価していましたし、何より折り合いに不安が無く距離延長も苦にしないでしょうし、ここ3戦マイルを中心に使われてきたことで、課題のトップスピード不足もいくらか解消されているのではないかと思います。もしダービー馬になれば、非根幹デビュー組のジンクスを背負うことになりますが、本馬には今年亡くなった叔父ゴールドアリュール譲りの成長力があると信じて、それを撥ねのけてくれることを期待しています。そして、5年前のフェノーメノで悔しい思いをした追分ファームの悲願なるかというところにも注目したいです。



以上が自分のクラシックでの現時点の本命馬たちです。
もしかしたら今後評価が変わることがあるかもしれないので、Twitter予想うまゼミなどをご覧になっていただけると助かります。

それではまた~。

南関東競馬・牝馬クラシック開幕~浦和・桜花賞~

都内でも21日に桜が開花し、本格的な桜シーズンが到来する時期となりましたね! 
中央競馬も来週には阪神で桜花賞が行われますが、地方競馬では一足先に浦和桜花賞が行われます!!
今回は本日29日、浦和で行われる桜花賞(発走予定16:35)に出走する11頭を1頭ずつ紹介していきたいと思います。 

1枠①番ガロ(大井) 
 現3歳世代の活躍が目覚ましいリーチザクラウン産駒。桜花賞にも1頭送り込んできました。2走前に最重要ステップレースであるユングフラウ賞に出走し、大外枠(8枠12番)から0.6秒差の6着。今回は打って変わっての最内枠となり、ロスなく運べれば一発あるかもしれません。 

2枠②番イクノチャン(川崎)
 約2か月ぶりのレースとなった前走のユングフラウ賞では上がり3ハロンを最速の38・3秒でしたが、勝ち馬から0.9秒差の10着に終わりました。4走前のローレル賞では勝ったアップトゥユー(桜花賞出走)から1.2秒差もつけられる2着。ユングフラウ賞を叩いた上積みでどこまで差を詰められるでしょうか。 

3枠③番スターインパルス(浦和)
 逃げられればしぶといのが、浦和の名門・小久保きゅう舎所属の同馬。浦和では掲示板を外しておらず、前々走のニューイヤーCでは先日の京浜盃を制したヒガシウィルウィンから0.6秒差の4着に粘りました。前走のユングフラウ賞はニューイヤーC同様、2枠2番から先手を奪い、勝ち馬から0.4秒差の4着。今回も内枠からのスタートとなる点を生かして、スムーズに先手を取って粘りこめるでしょうか。 

4枠④番シェアハッピー(大井) 
 大井に移籍後、2連勝を飾り挑んだユングフラウ賞は2番人気の支持を裏切る形となってしまいました。初の左回りが影響したのかなどはっきりした敗因がつかめませんが、2度目の浦和、距離がマイルに戻ることで前走の雪辱を果たせるでしょうか。 

5枠⑤番グラスサファイヤ(川崎)
 前走のユングフラウ賞では12頭中10番人気という低評価の中、最内枠を生かして3着に入り波乱を演出しました。今回は5枠5番という中枠に入り、ロスのないレース運びができるかにかかっているといっていいので、鞍上の川崎の名手・今野騎手の手綱さばきにも注目です 

6枠⑥番アンジュジョリー(浦和)
 ③スターインパルスと同じ、浦和・小久保きゅう舎の所属馬。そのスターインパルスとは前々走、前走と同じレースで走り、先着を許しています。しかし、前走は笹川騎手がテン乗りということもあり、どれだけ脚が使えるのかわからなかったところもあったようです。レースの映像を見ていただければわかるのですが、ゴール前の脚はひときわ光るものがありました。2度目の騎乗で1度騎乗した経験を生かせれば大駆けも考えられる1頭です。 

6枠⑦番ゴーフューチャー(船橋) 
 前走は的場文騎手との初コンビで挑んだユングフラウ賞でしたが、9着。今回もジョッキーが乗り替わり、金沢の吉原騎手との初コンビとなります。3度の連対経験がありますがすべて逃げてのものなので、先行策を考えているかもしれません。同型の兼ね合いがカギになりそうです。 

7枠⑧番アップトゥユー(川崎) 
 昨年のGDJ(グランダム・ジャパン)2歳シーズンのチャンピオンが登場!しかし、川崎のローレル賞を制した後、2,4,2着とあと一歩の惜しいレースが続いています。阿部龍騎手とのコンビ再結成でGDJ3歳シーズン制覇へ好発進なるでしょうか。浦和1600mは外枠が不利なコース形態ですので、特に1,2番手でレースを運ぶタイプの同馬は7枠8番という枠番をどのように克服するかに注目です。 

7枠⑨番ステップオブダンス(大井) 
 南関東生え抜きの有力馬で、南関東ファンの想いも背負います。ユングフラウ賞では昨年のGDJ2歳シーズンチャンピオン・アップトゥユーを2キロの斤量差がありましたが退け、重賞初制覇。キャリア4戦の馬ですから、伸びしろも十分です。この馬はアップトゥユーを見る形でレースを運ぶかと思われますが、アップトゥユー同様、枠番がカギになりそうです。 

8枠⑩番ハリアー(笠松)
 見たことのある馬名だと思ったら、中央にも2度遠征していましたね。キャリアはすでに22戦というレース経験豊富な3歳牝馬です。ローレル賞では2.8秒差つけられた12着とこの相手では厳しい戦いは避けられなさそうですが、GDJ3歳シリーズ初戦の若草賞が名古屋で行われたのにも関わらず、わざわざ浦和の桜花賞を選択したあたりが不気味です。 

8枠⑪番ビジュフルール(大井) 
 今回は主戦の柏木騎手が同じくお手馬のガロに騎乗することになり、中野騎手とのコンビ再結成となります。浦和1600mは外枠が不利で、特に先行馬はその不利を受けやすいですが、後ろからのレース運びをするこの馬は、それほど枠の不利を受けない可能性もあります。対戦成績では分が悪いので、一発を仕留めに行く思い切った騎乗が必要かもしれません。 


5年分(2012年~2016年)のデータも振り返ってみましょう! 
 ・1番3番がそれぞれ4回、馬券圏内に来ています。逆に8番より外の枠の馬は馬券圏内に1度も来ていないので、人気を集めそうなユングフラウ賞の1,2着馬(ステップオブダンス、アップトゥユー)には鬼門のデータとなりそうです。
 ・騎手→今年の桜花賞に騎乗する騎手の中では、2012年3着、14年2着、15年3着と3度の馬券圏内がある森騎手(ステップオブダンス)に注目です。 
調教師内田調教師は2012(コテキタイ)・13(イチリュウ)年を連覇しており、今年はイクノチャンを出走させます。
種牡馬サウスヴィグラスは2頭の勝ち馬(2012年コテキタイ、16年モダンウーマン)を輩出しており、ゴールドアリュールは15年の勝ち馬ララベルを輩出し、14年の3着馬テイクユアチョイスもこの父の産駒でした。サウスヴィグラス産駒はスターインパルスとグラスサファイヤ、そしてアップトゥユーの3頭、ゴールドアリュール産駒はステップオブダンスが出走します。 


 いかがだったでしょうか?桜花賞の予想の参考にでもしていただければ幸いです。
南関東3歳牝馬クラシック路線は桜花賞を皮切りに大井東京プリンセス賞川崎関東オークスへと続きますので、牡馬路線とともにご注目ください!

 浦和・桜花賞の出走表はこちら

 それでは!

2017春のクラシック・大展望!-中大・渡辺編-

こんにちは、中央大学の渡辺です。


最近はかっこいい顔の競走馬の方が活躍する確率が高いのではないのだろうかと、UMAJOみたいなことを考えています。筆者(牡)もUMAJOカフェでケーキを食べてみたいです(´・_・`)

さて、変な話で始まりましたが、今回のお題は「2017春のクラシック・大展望!」
というわけで、個人的な春のクラシックの期待馬をうまゼミ同様に馬体の話を絡めつつ、前述のように顔も見ながら(笑)紹介していこうと思います!


桜花賞→◎ソウルスターリング
桜花賞はソウルスターリング、アドマイヤミヤビの2頭が人気を集めると予想される中、筆者はソウルスターリングを◎とさせていただきました。
前々走、前走と全く相手を寄せ付けずに完勝するという内容には驚愕の一言。正直他馬とは完成度が違いますね。
馬体を見てみると、まず目につくのが大きく均整の取れたトモ。阪神JF、チューリップ賞と、強烈な脚を直線で見せていたのも納得です。また、胴は比較的に短いので、一瞬の爆発力に秀でているタイプでしょう。飛節はまっすぐ過ぎず曲がりすぎずと良性の瞬発力を持続することができます。前脚の筋肉も豊富でバテない走りをできる良さがあります。
馬体の結論としては、下り坂で脚を溜められる阪神1600mはこの馬にとっては好条件の舞台であり、直線でのパフォーマンスは当日も期待大でしょう。
ちなみに顔が筆者の好きなアラブ顔(サラブレッドの源流のアラブ種寄りに出ている顔を筆者が勝手に名付けました(笑))なのもポイントが高いです。極端な話ですが、純正な競走能力を持っていると思います。


皐月賞→◎ウインブライト
牡馬路線はかなりの混戦が予想されていますが、筆者はスプリングS勝ち馬のウインブライトに◎を打たせていただきます。
新馬戦、未勝利戦とパッとしない走りが続きましたが、体重が大幅に増えてからは連勝街道。初めて体重が減少したスプリングS時でもおつりが出るほどでしたから、皐月賞にも好調を維持して挑めるはずです。
馬体を見てみると、胴の長さは長くもなく短くもなくで、飛節はやや曲がり気味。適性は下り坂のある中山の中距離あたりがベストですかね。前脚の筋肉が豊富なのでバテずに脚を使うことができ、適性距離であれば外から捲っていくいつものスタイルで十分結果を残せるでしょう。
というわけで、成長した馬体+コース適性に皐月賞では期待したいと思います。顔もアラブ顔なのでgood!


オークス→◎ミスエルテ
オークスはソウルスターリングの陰に隠れてしまい、最近は評価を落とし気味のFrankel産駒のミスエルテに期待です。
昨年は新馬戦、ファンタジーSと、高いポテンシャルをうかがわせる走りを見せ、なんと朝日杯FSに参戦という驚愕のローテを披露しました。朝日杯FSを勝つことはできませんでしたが、それでも牡馬相手に4着と高い能力を示してはくれたと思います。
馬体を見てみると、同じFrankel産駒のソウルスターリング同様に均整の取れたトモをしています。飛節の角度もソウルスターリングと似ています。違いを上げるとしたら、長くすらっとした胴と脚ですね。ソウルスターリングが一完歩で強烈な瞬発力を生むのに対して、ミスエルテは悪くない瞬発力を持続させることができる点が大きな持ち味でしょう。
この利点はやはり桜花賞というよりは、体全体を大きく使って走ることを要求される東京コースのオークスの方が適していると思います。
顔もアラ(以下略。


日本ダービー→◎トリコロールブルー
皐月賞では同じステイゴールド産駒のウインブライトに◎を打ちましたが、日本ダービーではトリコロールブルーに期待しています。
新馬戦を好タイムで勝利、黄菊賞では強烈な追い込みを披露。前走スプリングSは5着に敗れましたが、それでも上り最速を記録と随所に素質の高さを見せており、正直なところは個人的には三冠全体を通して大きな期待を寄せる一頭です。
馬体を見てみると、胴が長く飛節はまっすぐ。体全体を大きく使ってどんどん加速していくタイプですね。なので、中山向きと言われるステイゴールド産駒ではありますが、むしろ直線の長い東京コースの方がこの馬にとってはベストでしょう。他にも、飛節は伸びている方が上り坂に強いため(トモにかかる負担が少ないためと考えています)、その点でも東京コースというのは好条件の舞台でしょう。
馬体のバランスも良く、筋量も問題ないので、落とし気味の今の評価のまま日本ダービーに出てきたら面白い存在になると思います。
顔に関しては上記三頭とは異なり、鼻面の長さが目につきますね。三白眼と合わさってこれはこれで愛嬌があってかわいいですね(笑)。
トリコロールブルー
(筆者撮影)


気づいたら牝馬はFrankel産駒牡馬はステイゴールド産駒とかなり偏った展望になってしまいましたね(;・∀・)。ただ、今回は挙げられなかった馬にも期待している馬はいますし、ハイレベルと言われている牝馬路線に関しては正直何が勝ってもおかしくない気がします。

例年通り今年も何が勝つであれ、好勝負に期待です!
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ