2014年の競馬界を振り返ろう!

こんにちは!
ブログ部部長の一橋大・鈴木健です!
有馬記念、東京大賞典も終わり競馬界の一年もとうとう幕を閉じましたね!(厳密に言えば、今日も大井などで開催してるんですけどね…笑)

ということで、今年の競馬界の出来事を簡単に振り返っていきたいと思います!



3月
・ジャスタウェイ、ドバイDFでレコードを更新する圧勝劇
このレースにはど肝を抜かれました!
まさに世界一の走りでしたね!


・ジェンティルドンナがドバイシーマCで優勝
直線で前に壁ができるという不利がありながらも、外をこじ開けて突き抜けたそのレースぶりは衝撃的でした!






4月
・ハナズゴールがオーストラリアのGIオールエイジドSで優勝
ハナズゴールは2歳になってもなかなか買い手が決まらないような馬で、馬主であるマイケル・タバートさんがハナズゴールを購入した価格も非常に安価なものでした。
しかし、お世辞にも活躍を期待されていたとは言えないハナズゴールは周囲の予想を超える走りを日本で見せました。そして、馬主のタバートさんの故郷であるオーストラリアの地で、タバートさんに初めてのGIのタイトルをプレゼントしたのです!
このような人馬の絆、そして血を超えた馬の底力こそが競馬の醍醐味だと改めて感じました!


・トウカイトリックが死去
12歳まで走り続けたその驚異的なタフさには、いつも驚かされていました。
引退直後の死とあって、トウカイトリックの多くのファンにとってショックが大きいものだったでしょう。
ご冥福をお祈りします。





6月
・ワンアンドオンリーがダービー制覇
ワンアンドオンリーを担当する橋口調教師は、ダービーに過去18回挑戦し、4度も2着に泣いていました。
そして、橋口調教師にとっては定年までダービーに挑戦できるのは残り2回という状況で迎えたダービーでした。
ワンアンドオンリーは、その橋口調教師にとってラストチャンスになるかもしれない今年、橋口調教師の悲願であるダービー制覇を見事に叶えてみせました。
しかも、ワンアンドオンリーの父はダービー2着だったハーツクライで、橋口調教師が管理していた馬だったのです。
自身が管理していた馬の仔で、ラストチャンスになるかもしれないダービーを制覇するという、まるでドラマのようなストーリーを現実にしてみせました。
本当に感動的なレースでした!





9月
・佐藤哲三騎手が引退を発表
2012年の落馬事故からの復帰を目指して、リハビリに励んでいただけに復帰叶わず引退というのは残念でなりません。
佐藤哲三騎手といえば、個人的にエスポワールシチーとのコンビが最も印象的でした。





10月
・凱旋門賞で、ハープスター・ジャスタウェイ・ゴールドシップ敗れる
このメンバーなら今年こそ勝てると多くの人々が期待をよせましたが、またもや凱旋門賞の壁に跳ね返されました。
どの馬になるかは分かりませんが、来年こそは勝ってくれると信じています!





11月
・アドマイヤラクティ急死
これは非常にショッキングなニュースでした。
オーストラリアのGIコーフィールドCを勝利し、1番人気で迎えたメルボルンカップのレース後に起きた悲劇でした。
初めてGIを制覇し、これからが楽しみだっただけに、 競馬ファンやアドマイヤラクティの関係者は大きな悲しみに包まれました。
アドマイヤラクティのご冥福をお祈りします。


・長期休養中だった後藤騎手、カボスチャンで復帰後初勝利
度重なる大怪我で休養を余儀なくされていた後藤騎手は、不屈の精神で現役復帰を果たし、カボスチャンで見事に復帰後初勝利を飾りました。
レース後、東京競馬場は後藤騎手の勝利を祝福する大歓声で包まれました。
後藤騎手のさらなる活躍を期待しましょう!





12月
・ジェンティルドンナ、有馬記念で有終の美を飾る
10頭ものGI馬が集い豪華メンバーで行われた有馬記念で、ラストランを見事に勝利で飾り、引退式を迎えるあたりはさすが数々の偉業を成し遂げてきたジェンティルドンナだなと感じました。
ジェンティルドンナ今までありがとう!
そして、有馬記念で引退を迎えたジャスタウェイ、トーセンラー、ヴィルシーナも今までお疲れさまでした!





こんな感じで2014年の競馬界の主な出来事を振り返ってみました!
振り返ってみるといろいろなことがありましたね!
来年は、果たしてどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。
今から来年が楽しみですね!

うまカレとしても、来年はさらなる飛躍を遂げれるように精進して参りたいと思います!
では、よいお年を!

THE FINAL 有馬記念の戦い

時は平成。

永き時代を経て、再び始まる関ヶ原の戦い。

武器ではなく赤きペンを。防具ではなく競馬新聞を。
東と西の大学を隔てた、天下分け目の予想合戦。

おはようございます!

さてさて、今回で長らく続いてきた関ヶ原馬券対決もラストとなりました!

そして最後はもちろん有馬記念!!

ジャスタウェイ、ゴールドシップ、エピファネイア、ジェンティルドンナ

といった豪華な顔ぶれで目が離せません!

それでは前回の結果から!

________________________________________




第10戦 朝日杯FS の戦い!

東軍;的中なし


西軍;的中なし

という結果に終わりました
2着のアルマワイオリが誤算だったのでしょうか・・・
________________________________________



THE FINAL 有馬記念の戦い





有馬記念・神戸大学の予想。

三連単2軸マルチ
13,14-3,5,6,7,10,16
36点×200p
枠連
3-7 800p
5-7 2,000p


コメント
「7枠2頭を信用してもう一発!
西軍がこのまま逃げ切ってみせます」




有馬記念・東洋大学の予想

馬連BOX
3,6,7,10,14
計10点×各1000P

ついに最終戦!何とか当てて、最後を締めたい!エピファネイア、ジャスタウェイは思いきって切りで勝負!
________________________________________

東軍(関東圏競馬サークル) 15880P(今回0P)
西軍(関西圏競馬サークル) 164080P(今回0P)

うまゼミ有馬記念!

こんにちは! 番組制作部の加藤です。

今週は遂に総決算有馬記念ですね!
エピファネイアが新たな歴史を作るのか?
ゴールドシップが改めて実力を見せつけるのか?
はたまた、スターホースがラストランを飾るのか?
興味は尽きないと思います 。

それでは、うまゼミ出演者の予想の発表です!


鈴木昴(早稲田大学)

◎6.トゥザワールド
○14.ゴールドシップ
▲10.フェノーメノ
△3.ワンアンドオンリー、2.ヴィルシーナ
20141228031603e96.jpg


金沢佑奈(国士舘大学)

◎13.エピファネイア
○14.ゴールドシップ
▲3.ワンアンドオンリー
△10.フェノーメノ、15.ジャスタウェイ
20141228031605f61.jpg


国分勇輔(立正大学)

◎14.ゴールドシップ
○7.ラストインパクト
▲10.フェノーメノ
△13.エピファネイア、11.サトノノブレス
20141228031604016.jpg


以上が有馬記念の予想になります!

201412280316078f1.jpg


今年のうまゼミは今回で最後となります
今年もうまゼミをご覧頂きありがとうございました!
では、よいお年を!

うまゼミ!!チャンネル
http://www.ustream.tv
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ