今週の注目新馬戦(9/8・9)

こんにちは、中央大学の大槻です。

いよいよ秋競馬の開幕です。
秋G1に向けた有力馬の始動、スーパー未勝利、良血馬のデビューなどなど、今週も目が離せません!

それでは、今週の注目新馬戦を見ていきましょう。


土曜中山5R 芝2000m

ブランクエンドの母ブルーミンバーは現役時代、芝1200mのオープン特別2勝を含む7勝。母の姉には桜花賞3着の実績を持ち、ツヅミモンの母でもあるカタマチボタンがいます。
本馬の半姉トーセンブレスは秋華賞有力馬の一頭と目されており、本馬にもクラシックでの活躍を期待したいところです。

その他にも、半兄に素質馬ノストラダムスがいるムニアイン、半兄にステイフーリッシュがいるリバーシブルレーン、叔父にリアルインパクトネオリアリズムがいるホウオウビクトリーなど良血馬が多く出走します。


日曜中山5R 芝1600m

チャーチスクエアに注目です。現役時代、芝1400m~1600mで4勝を挙げたチャーチクワイアの初仔。父はロードカナロアで、1400m~1600mに適性がありそう。調教もよく動けている印象で、初戦から楽しみです。

エンパワーメントの母マンボスルーは2003年ミエスクS(米G3・芝マイル)、2004年サンズポイントS(米G3・芝8.5F)の重賞2勝を含む全4勝を2~3歳時に挙げています。本馬にも早い時期からの活躍が期待されます。


日曜阪神5R 芝2000m

6頭と少頭数ではありますが、良血馬が揃いました。

その中でも特に注目を集めそうなのが、ダノンプレミアムの半妹プレミアムギフト。ダノンプレミアムは父ディープインパクトでしたが、こちらは父オルフェーヴル。馬のタイプも変わってくるでしょうから、どのような走りを見せるのか楽しみです。

リリーノーブルの半弟エクザルフもこのレースでデビュー。本馬の父は、先週の小倉芝1800mで新馬勝ちを収めたクロノジェネシスと同じバゴです。

重賞2勝馬フェイトフルウォーの半弟テイエムハイウェイアプリコットフィズの仔バラックパリンカも出走します。


日曜阪神6R 芝1400m

ブラックダンサーの母クーリドフレイズは5戦未勝利でしたが、その母ゴレラはビヴァリーD・ステークス(米G1・芝9.5F)勝ちがあるほか、日本でもお馴染みのジャックルマロワ賞と並んで仏マイル最高峰のレースとされているムーランドロンシャン賞で2着に入ったこともある実績馬。新馬戦の鞍上にM.デムーロ騎手を確保するあたり、陣営の期待の大きさが窺い知れます。

快速馬ベルカントの半妹イベリスも出走。1週前、当週と、追い切りではスピードを感じさせる非常に良い動きを見せており、楽しみな一頭です。ドナウブルーの仔ドナウデルタも注目です。



そういえば、さきほど少し触れたムーランドロンシャン賞は、今週日曜23時過ぎ(日本時間)に行われます。
先日行われたジャックルマロワ賞で2着に入ったレコレトスRecoletosなどが出走予定です。ぜひ中央競馬が終わったあとも競馬を楽しんでください!

それではまた。

今週の注目新馬戦(9/1・2)

こんにちは、中央大学の大槻です。

夏競馬も残すところあと1週となりました。今週は土曜日に札幌2歳S、日曜日に小倉2歳Sと、2歳重賞が2レース組まれているほか、2歳オープン・すずらん賞、良血馬のデビューもあり、来年のクラシックに向けて目が離せない戦いが目白押しです。

それでは、今週の注目新馬戦を見ていきましょう。


土曜札幌5R 芝1800m

このレースは少頭数ではありますが、良血馬が揃いました。
エールヴォアは叔父にドリームパスポートがいる血統。本来ならばデビュー戦の手綱をとることになっていた(※跛行で取消)武豊騎手に「ヴィクトワールピサに似ている」と言わしめた走りに注目です。

グリュイエールの全妹・レースガーデン母パシフィックギャルはフラワーC2着の実績を持つフィリアーノリアルスティールを叔父に持つコルネット、叔父にセントライト記念勝ち馬ブラックタキシードがいるトライゲッターもこのレースでデビューを迎えます。

来年のクラシックにつながりそうな一戦です。


土曜小倉5R 芝1200m

叔父に皐月賞、マイルCSのG12勝馬ジェニュインクルーピアスターがいるタイセイスキャットが出走。父ヨハネスブルグで、短距離への強い適性を感じさせます。

函館スプリントSを制し、高松宮記念で4着にも入った快速馬ビーナスラインの仔・イノセント、函館2歳S勝ち馬ストークアンドレイの全弟・ハクユウフライヤーなども出走。スピードが光る血統の馬が揃いました。


土曜新潟5R 芝1400m

お馴染みのスカーレット一族からレッドパラスが出走。母レッドソンブレロは不出走でしたが、母の兄弟はヴァーミリアンサカラートソリタリーキングと錚々たる顔ぶれ。本馬はその母の初仔。父クロフネで、芝でもダートでも楽しみな血統です。

半兄にアーリントンC2着、NHKマイルC4着など、重賞で活躍したマイネルエルフがいるエンジェルカナもこのレースでデビュー。こちらも注目したい一頭です。


日曜小倉5R 芝1800m

外国産馬ミントフレッシュがデビュー。母Minoretteは現役時代、アイルランドとアメリカで9戦2勝。2014年のベルモントオークス(G1)を優勝しています。父は言わずと知れた名種牡馬War Frontで、どのような走りを見せるのか期待が高まります。

姉に中央5勝のハピネスダンサーや今年の秋華賞有力馬のノームコアがいるクロノジェネシスも楽しみな馬です。


日曜新潟5R 芝1800m

ジャスパージャックの母Crescent Moonは1戦未勝利ですが、母の半弟にはヨーロッパ2歳チャンピオン決定戦と位置づけられているデューハーストS(英G1・芝7F)勝ち馬War Commandがいる血統です。新馬戦の鞍上はM.デムーロ騎手。陣営の期待度の高さが伝わってきます。

セリユーズの母Musical Romanceは現役時代、米ダートG1を2勝。芝では準重賞3着が最高でしたが、本馬の全兄キラーコンテンツ同様、芝で楽しみな存在です。



日曜日に行われる小倉2歳Sの予想は、新潟記念の予想と併せて当ブログで紹介される予定です。そちらもぜひご覧ください!

それではまた、ごきげんよう。

今週の注目新馬戦(7/14・15)

こんにちは!
中央大学の大槻です。

今週、来週で夏の福島・中京・函館開催が終わり、舞台は新潟・小倉・札幌へと移ります。福島と中京は秋にも開催がありますが、函館は今開催を残すのみです。あと2週、楽しみましょう。


それでは今週の注目新馬戦です。

まずは土曜日

土曜福島5R 芝1200
プランタンヴェールに注目です。
プランタンビジューは、のちにタガノトネールを破りオープン入りを果たすヒメサクラに未勝利戦で5馬身差をつけ圧勝した快速馬で、兄弟にもカレンチャンスプリングソングなどスピード馬がズラリと並んでいます。また、母母スプリングチケットはエリザベス女王杯にも出走した中距離の実力馬で、兄弟に皐月賞2着、ダービー卿CT1着など一線級で活躍したタケミカヅチがいます。
本馬の馬名の意味は、フランス語で“春の新緑”。クラシックで活躍できるように、との願いから名付けられました。まずは新馬戦で好発進を決めたいところです。

このレースには他にも8戦7勝(GⅠ4勝)の新種牡馬Kingmanの産駒ヨークテソーロや、全姉にスピード光るビリーバー(1000万下)がいるシャウエンなどがおり、目が離せません。


土曜中京5R 芝1400
半兄に2013年の北九州記念を制したツルマルレオン(父ハーツクライ)や、2015年小倉2歳S、2016年阪神Cの重賞2勝馬シュウジ(父キンシャサノキセキ)がいるラミエル。父は既に産駒が3勝を挙げている新種牡馬ジャスタウェイです。兄を超えることができるでしょうか。


土曜函館5R 芝1200
ジゴロは、半兄に福島2歳S勝ち馬ラズールリッキー(父スタチューオブリバティ)、母母に芝1200のオープン特別を3勝しているユキミザケがいるスピードに長けた母系に、快速スプリンター・パドトロワの組み合わせ。短距離界を盛り上げてくれそうな期待が持てる血統です。


続いて日曜日

日曜福島5R 芝1800
カイザースクルーンの母はオークス3着、フローラS2着、中山牝馬S2着と重賞で活躍したアイスフォーリス。本馬はその母の初仔です。母が届かなかった重賞タイトルを獲得することができるでしょうか。


日曜中京5R 芝1600
アメリカンウェイクの母アナアメリカーナはフランスで11戦3勝。重賞勝ちこそありませんでしたが、芝2000mのG1サンタラリ賞ではルメール騎手騎乗のスタセリタの3着、G3カルヴァドス賞2着など、重賞で活躍しました。調教ではキレのある動きを見せており、初戦から楽しみです。

新馬戦でミッキーアイルを倒し、デイリー杯2歳Sで2着に入ったアトムを半兄に持つシャイニングデイズや、フローラS2着、オークス4着のミンティエアーの仔エルモンストロも出走。良血馬揃いで、クラシック路線を占う一戦となりそうです。


日曜中京6R 芝1200
デイリー杯2歳S勝ち馬シェーンヴァルトをおじに持つディアンドルは、追い切りで抜群の動きを見せています。初戦の鞍上は福永騎手です。


日曜函館5R 芝1800
ブランボヌール(父ディープインパクト)の半妹アフランシール(父ハーツクライ)。兄弟は短距離志向が強かったですが、父がハーツクライに変わったことで距離の融通も利きそうです。

ダローネガの全弟ディキシーナイト、これまで母の産駒8頭中6頭が勝ち上がっているアルジェンタータもこのレースでデビューを迎えます。

今週の注目新馬戦

こんにちは1年の高田です。今週は雨が多く力のいる勝負になりそうですね。では、早速紹介していきます。
土曜日は福島5Rプラチナボセイドンの調教の動きが抜群でした。
ファロもスピードのある走りだったので、勝負にからむでしょう。
中京5Rは筋肉質で骨太のアスカリ、2年目ノヴェリストの産駒のミスビートリックスの調教で併走馬を馬なりで引き離した動きが良かったです。
日曜日の福島5Rグロリアーナが年長馬2頭と併せ、6F83秒8-12秒6の時計を記録して互角以上の動きを披露しました。
中京5Rダノンチェイサーが調教で好タイムかつ飛びの広い父ディープを思わせるような走りを見せています。ヴィルシーナ産駒のブラヴァスとの対決が今週大一番の目玉でしょう。
函館5R
は7頭の小頭数その中でも主役はコントラチェックです。トモの丸みがあり、切れのありそうな馬体をしています。非常に注目です。

ぜひ、注目してください。

今週の注目新馬戦(6/30・7/1)

こんにちは!
中央大学の大槻です。

宝塚記念が終わり、夏競馬が開幕します。
暑い日々が続いていますが、暑さに負けない熱いレースを期待したいですね。

それでは今週注目の新馬戦です。


土曜中京5R 芝1600m
まず挙げたいのがアドマイヤマーズです。
母ヴィアメディチはフランスで芝1600mのG3を勝っている馬。お父さんがダイワメジャーですから、マイルへの適性は高いものがありそうです。


日曜中京6R 芝1400m
ブルスクーロの兄弟にはローガンサファイア(マーガレットS1着)、サフィロス(京王杯2歳S2着)、コーディエライト(新潟2歳S2着、ファンタジーS2着)など短距離の実績馬がズラリ。本馬も短距離戦線での活躍が期待されます。


その他、ヤマカツエースの半妹ヤマカツルビー(父ジャスタウェイ)、京成杯2着馬ガンサリュートの半弟パブロフテソーロ(父タイキシャトル)などがデビューを迎えます。

今週も競馬から目が離せませんね!

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ