夏競馬は下剋上の準備期間

こんばんは!



明星大学3年の木下です。



この時期、一線級の馬は一休み。


条件戦から勝ち上がった馬や、この時期のレースに照準を合わせてきた馬たちが夏競馬では頑張っていますが、私が面白いなと思うことは「夏競馬で活躍した馬が秋のG1戦線で活躍することです。


IMG_1632.jpg



10月にもなれば皆G1馬にばかり目がいってしまい夏競馬の勝ち馬さえ忘れてしまう。



確かに馬券圏内には来ないのかもしれない…

最下位になってしまうかもしれない…



しかし、

「あの時、夏競馬で必死に走っていた馬があのG1馬たちと混ざって戦っている!」「あの馬より順位が上だ!」

と、思わず注目してしまうこともあるでしょう。


G1では、やはりスーパースターが注目されがちですが、様々な角度からメンバーを見ると、様々なストーリーが見えてくると思います。



今年は、夏競馬からの下剋上というストーリーを追ってみたらいかがでしょうか。

夏は応援の季節!

こんにちは!
中央大学1年の渡辺です!

今回は夏競馬について話していきたいと思います。


私にとって夏競馬は、ずばり、応援です!


夏競馬はほぼローカル開催となり、東京や阪神などで行われていた春に比べ、傾向が大きく変わってきます
「え、あの成績の馬が!?」や、「あの種牡馬の産駒が1着!?」なんてざらにありますよね。
そんな夏競馬だからこそ、好きな馬が春に成績が不振だったとしても、もしかしたらと思って応援に熱が入ってしまうのです!

例を挙げると、私の好きなステイゴールド産駒は、タフな流れの競馬に強い馬が多く、洋芝の競馬場や捲り競馬の増える夏競馬ではよく好走してます。今年は、現状、函館記念を勝ったマイネルミラノに、同レース3着のツクバアズマオーなどの活躍。それにクイーンSではレッドリヴェールが4着になったりと復活の兆しを見せる競走馬もいます(リヤンドファミユも頑張れ~)

また、夏は新馬戦が本格化し始め、POG馬などの応援馬が出走することが多くなり、昼頃のレース速報が気になって仕方がありません笑。

他にも、前述の傾向の変化により、普段騎乗数に恵まれない騎手が活躍をすることもあり、その騎手への期待も普段より大きくなります。例えば、丹内祐次騎手が函館記念を制した時は私も感無量でした。


このように、夏競馬の応援は、復帰馬が多かったりするのもあって、一戦一戦非常にワクワクしますし、とても楽しいです


あまり夏競馬を観戦したことがないという人は、この機会にぜひ観戦してみるのはどうでしょうか?

夏だからこそできる応援がそこにはあります!

夏はナイター競馬!

どうも皆さん! 
就活の話を聞くたびに体が「ビクッ」と反応してしまう立正大学の国分です。
3年生にとっては意識せずとも大学主催の就活イベントの連絡が来るので、本番が近づいてきているのだなと感じてしまいます。


さて、「夏と競馬」というテーマですが、はっきり言うと、自分にとっては夏は嫌な季節です。昼間には毎日のように35℃というような最高気温を見る度にうな垂れてしまいます。皆さんはどうでしょう?
こんな暑い夏こそ、夜に行われるナイター競馬へ行くのはいかがでしょうか?

私も先日ナイター競馬が行われている大井競馬場へ行って参りました。

うまカレ 大井3

大井 4

うまカレ 大井2

うまカレ 大井1

どうでしょう?イルミネーションも相まってとても良い雰囲気ではないでしょうか?
また、夜のパドックも昼間と違った馬の雰囲気が楽しめます。

ジャーニーマン

(※写真は去る6月8日に行われた東京ダービーに出走していたジャーニーマン号です)

いかがでしょう?漆黒の夜に疾走する競走馬というのも昼間とは違うかっこよさがあります。
「暑いのが苦手だけどどこかへは出かけたいな」と思っている人は夜に行われるナイター競馬へ行ってみるのはいかがでしょうか?
2016年8月現在、ばんえい帯広競馬場、門別競馬場、大井競馬場、船橋競馬場、川崎競馬場、園田競馬場、高知競馬場の7場で開催されてます。
上記の競馬場がお近くにある方は1度来場してみて下さい!

では、また!

モレイラ襲来!


こんにちは! 
國學院大学の本田です。  


さて土曜日からリオデジャネイロ五輪が開催されますね。日本人選手においてはレスリングの吉田沙保里や体操の内村航平などが金メダルを期待されており、世界のトップ選手達の熱い戦いが繰り広げられることが楽しみでありますが、日本競馬でも夏競馬において、世界一との呼び名が高いモレイラ騎手が短期免許で来日します。

モレイラ騎手は、去年香港競馬において145勝をあげ、ホワイト騎手が持っていた年間最多勝を大幅に更新してします。今シーズンにおいても2位のパートン騎手にダブルスコアをつけ165勝をあげており、今乗りに乗っている騎手なのです。
ちなみに、14-15年シーズンに参戦したMデムーロ騎手は馬質の差があるとはいえ100連敗以上を喫し、まったく結果を出せなかったという経緯からも香港の騎手レベルが高いことは間違いないでしょう。
さらに日本人騎手も3つの競馬場にトップ騎手が散らばり、それに若手騎手が加わるので、今夏は馬だけでなく騎手の争いにも注目してみてください!

主な騎手(競馬場別)
札幌: ルメール、福永、モレイラ、竹之下(!?)

新潟: 戸崎、デムーロ、内田、田辺
 
小倉: 武豊、川田、浜中、岩田

その他の騎手においても地元出身の「ご当地騎手」の活躍が目立つことが多く、馬券のヒントになることもあるので皆さんも調べてみてはいかがでしょうか。


御拝読ありがとうございました!

パークウインズで楽しむ夏競馬!

こんにちは!
日本大学2年の髙橋です。

大学のテストも今日付で終わりまして、やっと夏休みがやってまいりました。

夏競馬は既に始まっていましたが、夏休みの到来によって個人的な夏競馬もやっと到来したわけでございます。

といっても学生なので金銭面の余裕はなく、

札幌・新潟・小倉に何度も行ける訳ではありません(新潟は1度行く予定を立てております)。

じゃあ、パークウインズで競馬を楽しむのもいいんじゃないかと考えまして

今回のブログでもパークウインズを取り上げようと思った次第です。


私のホームの競馬場は中山競馬場になるのですが、夏競馬開催中はパークウインズとして無料で入場できます。

実は5月の東京競馬開催中に2度、パークウインズとして営業中の中山競馬場に行ったのですが、

中山の開催時と比べて当然お客さんの入りは少なく、とても快適だったのであります(GI時のように
お客さんがいっぱいいて、お祭り気分を味わうのもとても楽しいのですが)。

ただ、今は夏ですので屋外の一般席に座ってレースをターフビジョンで見るのも暑くて大変なので

せっかくなら指定席で観戦するのもいいだろうと思ったのです。

そこで、JRA公式サイト内の中山競馬場のページ(http://www.jra.go.jp/facilities/race/nakayama/)でパークウインズ時の指定席料金などを見ると「キングシート【+i】」が1500円(中山開催時は3000円)、「キングシート」が1000円(中山開催時は2800円)、「ナッキーボックス【+i】」が4人利用で1人あたり500円、計2000円(中山開催時は1人あたり1500円、計6000円)で利用できるようです。

特に「キングシート【+i】」「キングシート」は席が広々としていてゆったり競馬が楽しめそうですし、ものすごいお得感!

飲み物とお菓子、そしておいしい昼食があればこんな快適な競馬観戦(映像を通してですが)はありません!

ぜひ皆さんもパークウインズ(特に指定席)で夏競馬を楽しまれてはいかがでしょうか。

それでは!


プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ