大学対抗POG特別版!-週末の3歳戦展望(4月4週目)-

こんにちは!
日大の高橋です!

先週の皐月賞明治大・アルアインが見事優勝!明治大のみなさん、おめでとうございます!
もう1頭の指名馬、レイデオロも休み明けながらも5着とダービーに向けて、好発進となりました!

今週は東京競馬場でフローラS(オークストライアル)が行われます!
近畿大・ディーパワンサ千葉大・ピスカデーラ同志社大・フローレスマジックの3頭が出走を予定しています。

ディーパワンサ
 阪神JF4着馬で実績十分な1頭。実績の割には、あまり人気になっておらず、盲点になっているのかもしれません。
鞍上の内田騎手はフローラSが大得意ですから、騎乗ぶりにも注目です!

ピスカデーラ
 2走前の若竹賞はウインブライトから0.8秒差の6着でしたが、タイムは一定の評価をしてよいのではないでしょうか。
東京芝2000mの大外枠をどうこなすかがカギになりそうです。

フローレスマジック
 アルテミスSではリスグラシューの2着、クイーンCでは桜花賞を制したレーヌミノルに先着しており、素質・実績共に評価できる1頭。なんとしても3着までに入り、オークスに進められるでしょうか。

指名外の馬では、前走の走りが圧巻だったホウオウパフュームレッドミラベル辺りに注目です!

それでは!


大学対抗POG途中経過[~4/16]

こんにちは!
中央大学の島田です。


ぽg


4月16日、中山競馬場でGⅠ・皐月賞が行われました。

69年振りの偉業が期待された牝馬・ファンディーナが1番人気で臨んだこのレース。
制したのは、9番人気の伏兵アルアインでした!!

道中はファンディーナをマークするような形で進んでいき、3,4コーナー中間辺りで手応えが怪しくなりながらも、直線に入ってからしぶとく伸びました。鞍上の松山弘平騎手は、これがJRAのG1初制覇。ウィナーズサークルに戻る前の、何度も天にこぶしを突き上げる姿が印象的でしたね。

Image_11dbba2.jpg



今レースには実に8頭もの大学対抗POG馬が出走!果たして順位に大きな変動はあったのでしょうか?

それでは見ていきましょう!



1位 明治大学 28197(↑前回3位)
2位 昭和薬科大学 18742(↓前回1位)
3位 獨協大学 18640(↓前回2位)
4位 関西学院大学 16535(→前回4位)
5位 九州連合 16220(→前回5位)


アルアインを指名している明治大学が首位の浮上!
2位・昭和薬科大学に約10000ポイントの差をつけました!


6位以下はこちら↓
6位 横浜国立 13695
7位 同志社 10850
8位 早稲田 10610
9位 電気通信 8190
10位 帯広畜産 7770
11位 京都 7432
12位 東洋 6605
13位 近畿 6160
14位 大妻女子 5987
15位 東京工業 5445
16位 神戸 5260
17位 青山学院 4950
18位 立正 4647
19位 富山 4635
20位 専修 4355
21位 日本 4115
22位 立命館 4070
23位 千葉 3850
24位 中央 3144
25位 東海 2985
26位 駒澤 2382
27位 東北 1940
28位 明星 1810
29位 慶應 1660
30位 国士舘 1190


牡馬クラシック第1弾が終わり、競馬界がいよいよ日本ダービーに向けて盛り上がってまいります。
アルアインは、調教師も騎手も距離は持つとのことなので出走してくるでしょうし、5着に敗れたレイデオロも状態を上げてくるはずなので、明治大学がこのまま逃げ切るかもしれません。

敗れたファンディーナ(電気通信大学)は、力負けしてしまいましたが、ハイペースを先行してあれだけ粘れているので、決して弱いわけではないでしょう。オークスに出走するかどうかは定かではありませんが、出走すれば巻き返し必至だと思います。

上位人気を占めていたカデナ(獨協大学)、スワーヴリチャード(九州連合)は、前者はペース、後者はコース形態に敗因を求められると思います。こちらも日本ダービーでは巻き返すと思います。余談ですが、個人的にスワーヴリチャードを推しているので勝ってくれなくては困ります!(笑)


今週から東京&京都へと舞台が変わります。そして、オークスへのステップレース・フローラSがいきなりやってきます!
このPOGからは同志社大学のフローレスマジック等3頭が特別登録をしています。オークスの出走権を得ることが出来るのか必見ですね。


日本ダービーまで残り2か月となり、大学対抗POGもいよいよ大詰め。
栄冠を掴むのは、果たしてどの大学か…

それでは次回の更新をお楽しみに!

大学対抗POG特別版!-週末の3歳戦展望(4月3週目)-

こんにちは!
日大の高橋です!


先週の桜花賞はレーヌミノルが制し、見事桜の女王に輝きました!
2着にはチューリップ賞3着から巻き返したリスグラシュー、断然人気の昭和薬科大・ソウルスターリングは渋った馬場に苦しみ、3着に終わりました。
オークスは、一転として混戦模様になりそうで、フローラSやスイートピーS、そして忘れな草賞からの参戦組にも注目です!


ニュージーランドトロフィーはジョーストリクトリが制し、NHKマイルCでは武豊騎手とのコンビ再結成になるとのことです。マイル戦線も混戦模様で桜花賞や皐月賞からの参戦もありそうでどういったメンバーがそろうのか今から楽しみです!


今週は中山皐月賞が行われます!
獨協大カデナウインブライト明治大アルアインレイデオロ横浜国立大サトノアレス九州連合スワーヴリチャード同志社大ダンビュライト電気通信大ファンディーナの8頭が出走を予定しています!


カデナ(父ディープインパクト、栗東・中竹きゅう舎)
 デビュー戦から上がり3ハロンはすべて最速ということからも末脚を武器にしている1頭。弥生賞も逃げ粘るマイスタイルを鮮やかに差し切り、1頭力の違う走りを見せました。ただ、時計面で目立ったものがないのが少し気になります。

ウインブライト(父ステイゴールド、美浦・畠山きゅう舎)
 最近2走は時計面・レースぶりのどちらも評価できる走り。前走はひいらぎ賞で先着を許したアウトライアーズに雪辱を果たしました。ただ、マイナス12kg(460kg)で出走していたので、何かしらの反動が出る恐れも...。

アルアイン(父ディープインパクト、栗東・池江きゅう舎)
 シンザン記念では不利を受け、6着に負けてしまいましたが、毎日杯では同きゅう舎のサトノアーサーの追撃を抑えて重賞初制覇。自在性がありますし、渋った馬場も苦にしないようなので人気的にも妙味がある1頭といえるでしょう。

レイデオロ(父キングカメハメハ、美浦・藤沢きゅう舎)
 ファンディーナと同様に3戦無敗馬。3戦ともタイム的にはまずまずですし、中山芝2000m戦を2度経験しているのもアドバンテージになりそうです。休み明けの1戦となりますが、騎手・きゅう舎ともに先週の雪辱を果たせるでしょうか。

サトノアレス(父ディープインパクト、美浦・藤沢きゅう舎)
 昨年の2歳王者ですが、今年初戦のスプリングSはスタートで躓き、出遅れたのが最後まで響いての4着。ただ、内容は悪くなかったので見直す手はアリでしょう。

スワーヴリチャード(父ハーツクライ、栗東・庄野きゅう舎)
 前走の共同通信杯はタイム・レースぶりともに高評価できるものでした。ただ、いつも出遅れるのと小回りの中山をこなせるかがカギとなりそうです。

ダンビュライト(父ルーラーシップ、栗東・音無きゅう舎)
 朝日杯FSを除けば、安定した成績を残しているダンビュライト。鞍上に武豊騎手を迎え、豊マジックでパンチ不足を解消し、波乱を演出できるでしょうか。

ファンディーナ(父ディープインパクト、栗東・高野きゅう舎)
 紅一点の参戦に加え、人気を背負っての出走となります。前走のフラワーCの走りっぷりが素晴らしく、4コーナーで岩田騎手が手綱を緩めた瞬間の加速のスピードにはとても驚かされました。タイム面もスプリングSと同等かそれ以上の評価ができるでしょう。


大学対抗POGのトップ争いにも大きく影響する皐月賞は16日(日)、午後3時40分発走予定です!

それでは!

大学対抗POG途中経過[~4/9]

こんにちは!
中央大学の櫻井です。

ぽg

4月9日、阪神競馬場で3歳牝馬GⅠ・桜花賞が行われました。

怪物フランケルの娘で4戦無敗のソウルスターリング(昭和薬科大学)が断トツの1番人気に支持されましたが、道悪馬場に苦しみ3着
血統からも道悪は克服できると思われましたが、なかなか推察通りにいかないのも競馬の面白いところですね。
優勝は8番人気だったレーヌミノル
道悪馬場だった小倉2歳Sで6馬身差をつけ圧勝した実力は伊達ではありませんでした。
これで中央GⅠ・23勝目となる池添謙一騎手の勝負強さにも感服です。

ソウルスターリングが敗北した昭和薬科大学ですが、3着だったので2300ポイントを加算しました!
大学対抗POGの順位に変動はあったのでしょうか?

それでは、4/9までのトップ5です!


1位 昭和薬科大学 18742(↑前回5位)
2位 獨協大学 18640(↓前回1位)
3位 明治大学 16997(↓前回2位)

4位 関西学院大学 16535(↓前回3位)
5位 九州連合 16220(↓前回4位)



昭和薬科大学が首位に浮上しました!
しかし、2位の獨協大学とはわずか102ポイント差と、依然として大接戦となっております。


6位以下はこちら↓
6 横浜国立 13695
7 早稲田 10610
8 同志社 8350
9 電気通信 8190
10 帯広畜産 7770
11 京都 7432
12 東洋 6605
13 近畿 6160
14 大妻女子 5987
15 東京工業 5445
16 神戸 5260
17 青山学院 4950
18 立正 4575
19 専修 4355
20 富山 4135
21 立命館 4070
22 日本 4065
23 千葉 3560
24 中央 2994
25 東海 2985
26 駒澤 2382
27 東北 1940
28 明星 1810
29 慶應 1660
30 国士舘 1190


いよいよ今週は皐月賞
大学対抗POG指名馬からは8頭が登録。
さすが、見る目がありますね(^_^)

現在2位の獨協大学カデナウインブライトのトライアル覇者2頭出し!
どちらも末脚が自慢の追い込み馬。ワンツーフィニッシュも夢ではありません!

3位明治大学も毎日杯を制したアルアイン、ホープフルSを制したレイデオロの2頭出し。
アルアインは初の2000m、レイデオロは休み明けですが、能力は世代トップクラスであることは確か。
こちらも順位アップが期待できます!

5位九州連合からはスワーヴリチャードが出走。
前走の共同通信杯は能力の違いを見せて快勝。
イスラボニータ、ドゥラメンテ、ディーマジェスティに続いて、今年も共同通信杯組が優勝するのでしょうか?

6位横浜国立大学からは朝日杯FSの覇者サトノアレス
スプリングSは休み明けも響き4着。一叩きして力強い末脚を再び見せてほしいですね。

8位同志社大学からは弥生賞3着のダンビュライト
朝日杯FS(13着)を除く4戦は全て3着以内。堅実な走りを大舞台でも見せたいところです。

そして、9位電気通信大学からは紅一点ファンディーナが出走。
これまでの3戦はいずれも圧巻の走りを披露。69年ぶりの牝馬制覇に期待です!

混戦が予想される今年のクラシック戦線。
果たして、皐月賞を制するチームは現れるのでしょうか!?


次回の更新もお楽しみに!

大学対抗POG特別版!-週末の3歳戦展望(4月2週目)-

こんにちは!
日大の高橋です!

先週は3歳重賞がなかったため、お休みをいただきました。
今週から5月1週目まで3歳重賞が行われますのでブログ更新頑張ります!

今週は土曜に中山でニュージーランドトロフィー(NHKマイルCトライアル)、そして日曜に牝馬クラシック1冠目・桜花賞が阪神で行われます!

まずは、8日(土)に中山で行われるニュージーランドトロフィーから見てまいりましょう。
このレースには富山大・タイセイスターリー神戸大・ランガディアの2頭が出走します。

タイセイスターリー(父マンハッタンカフェ、栗東・矢作きゅう舎)
 前走の共同通信杯では逃げの戦法に出ましたが、スワーヴリチャードから0.4秒差の4着に終わりました。その後、疲れが出たそうでスプリングSを回避してこのレースに予定を伸ばしての参戦となります。兄ミッキーアイルに続くNHKマイルC制覇に向けて弾みをつけられるでしょうか。中山芝マイル戦鬼門の外枠(7枠14番)に入ってしまいましたが、差す競馬もできるので問題ないでしょう。

ランガディア(父キングカメハメハ、美浦・木村きゅう舎)
 新潟でデビュー戦を制した後、膝不安で6か月半の休養を挟みました。昇級戦となった2月の東京500万下も制し、2連勝と勢いに乗って重賞初挑戦となります。特に新馬戦では直線で不利を受けていながらも、フローラSの有力候補に挙がっているホウオウパフューム(3着)を退けての勝利には価値があります。木村きゅう舎にとっては、2年前のNHKマイルCでの雪辱を果たす(15年アルビアーノ2着)ためにもここで賞金を加算しておきたいところです。

指名外の馬では、同舞台のジュニアCを制したナイトバナレット、桜花賞除外でここに回ってきたスズカゼ、強敵相手に揉まれてきた名門・池江きゅう舎所属クライムメジャー、器用に立ち回れるかがカギになるスズカメジャー、オープン2勝馬タイムトリップ、朝日杯FS3着馬ボンセルヴィーソとなかなかのメンツが揃った1戦となりそうで目が離せません!!!

そして、9日(日)に阪神で行われる桜花賞には昭和薬科大・ソウルスターリングが出走します!

ソウルスターリング(父フランケル、美浦・藤沢きゅう舎)
 タイムも優秀なものがありますし、アイビーSではアーリントンCを快勝し皐月賞に向かうペルシアンナイトに0.3秒差をつけて退けていることを考えると、死角がほぼないといっていいでしょう。馬場が悪化しても、この馬自身が新馬戦で洋芝をクリアしていますし、両親がヨーロッパで走っていたことを考えても心配は不要でしょう。

指名外の馬では、連覇を狙うM.デムーロ騎手とのコンビ結成になるクイーンC覇者アドマイヤミヤビ、ソウルスターリングと同じフランケル産駒のミスエルテ、チューリップ賞の2,3着馬ミスパンテールとリスグラシュー、桜花賞トライアルを制しての参戦となるライジングリーズンとカラクレナイ、唯一のディープインパクト産駒のカワキタエンカなど目移りするメンバーが揃いましたね。どの馬が満開の桜を咲かすのか、今から本当に楽しみです!!

来週は牡馬クラシック第1冠・皐月賞が行われますが、大学対抗POG指名馬では獨協大弥生賞覇者カデナとスプリングS覇者ウインブライト明治大も2頭出しで毎日杯覇者アルアインとホープフルS以来となるレイデオロ、2歳牡馬チャンピオン巻き返しなるかに注目の横浜国立大・サトノアレス、共同通信杯制しての参戦となる九州連合・スワーヴリチャード、武豊騎手とのコンビで挑む同志社大・ダンビュライト、フラワーCの勝ちっぷりが圧巻だった電気通信大・ファンディーナの8頭が出走を予定しています。

来週も当ブログをよろしくお願いいたします!
それでは!
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ