大学対抗POG 出場校インタビュー⑪ 九州連合&同志社

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


安倍首相がマリオに変身、日本列島に台風直撃、そして某俳優の逮捕と激動の一週間となっていますが、馬産地・北海道では今日まで5日間にわたって、競走馬の競りであるサマーセールが行われました!

1頭あたりの価格は、億単位の取引がされる7月のセレクトセールより安くなりますが、
Dr.コパこと小林祥晃氏の愛馬であり、笠松所属で交流G1を制したラブミーチャン、アジアのマイル王モーリス、昨年の新潟2歳Sを制したロードクエストなど数多くの実績馬がこのセールで取引されました。今年の取引馬の中にも未来のスターホースが眠っているかもしれませんね!

皆さんも、来年のPOG指名馬をこのセールから探してみてはいかがでしょうか?


ぽg

今回は九州連合(journey)同志社大学のインタビューをお届けいたします!


九州連合・journey(昨年25位)

○昨年を振り返って
順調に指名できたのですが、残念な結果に…競合を嫌ったのが仇になったのかも。

○今年のドラフトを振り返って
競合は少なかったのですが、順調なドラフトだったとは言えませんでした。3位4位くらいで指名しようと思った馬が2位でかなり指名されてしまい、「どうしようかな…」と思いました。さすが30大学参加のPOG大会だなと。笑

○期待している馬とその理由
サークルの悲願として掲げるひまわり賞制覇。今年はカシノマスト(レインボウスズランの2014)に託します。
既に行われた新馬戦では2着に1秒差をつける快勝。なんとひまわり賞だけではなく、小倉2歳Sも視野に入れているという逸材です。

○最後に一言、PR
結果的に種牡馬の偏りがない、バランス良い指名になったと思います。まずは全頭無事デビューしてもらいたいですね。その中から大きなタイトルを獲る馬が出れば言うことなしです。


同志社大学(昨年14位)

○昨年を振り返って
昨年は30大学中14位と、なんとも言えない結果になってしまいました。
隠し玉だったゴールデンバイオが、隠れたままPOG期間を過ぎてしまい情けないばかりです。

○今年のドラフトを振り返って
今年は去年の反省を踏まえ、会長の趣味に走り過ぎない、王道の指名でした。
結果、1位指名のトゥザヴィクトリーで被りまくりでしたが。
ただ、正直自信ないです!笑

○期待している馬
既出走馬ですが、新種牡馬ルーラーシップ産駒のダンビュライトですね。
中京の不良馬場で圧勝し、パワーのある所は見せ付けてくれました。
サウジアラビアRCを目指しているようで、賞金加算して欲しいところです。

○最後に一言
えー、私達同志社大学トリプルクラウンは、存続の危機にあります!
今なら入会即会長の座をプレゼントします!
お気軽にご連絡下さい!


お忙しい中、インタビューに協力していただきありがとうございました!

次回もお楽しみに!


大学対抗POG×JRA-VAN POG’16特設サイト→こちら!

夏競馬は下剋上の準備期間

こんばんは!



明星大学3年の木下です。



この時期、一線級の馬は一休み。


条件戦から勝ち上がった馬や、この時期のレースに照準を合わせてきた馬たちが夏競馬では頑張っていますが、私が面白いなと思うことは「夏競馬で活躍した馬が秋のG1戦線で活躍することです。


IMG_1632.jpg



10月にもなれば皆G1馬にばかり目がいってしまい夏競馬の勝ち馬さえ忘れてしまう。



確かに馬券圏内には来ないのかもしれない…

最下位になってしまうかもしれない…



しかし、

「あの時、夏競馬で必死に走っていた馬があのG1馬たちと混ざって戦っている!」「あの馬より順位が上だ!」

と、思わず注目してしまうこともあるでしょう。


G1では、やはりスーパースターが注目されがちですが、様々な角度からメンバーを見ると、様々なストーリーが見えてくると思います。



今年は、夏競馬からの下剋上というストーリーを追ってみたらいかがでしょうか。

回収率王決定戦!! 第7戦・札幌記念

こんにちは!
中央大学の櫻井です。

先週の関屋記念では、いずれも日本大学の高橋と大澤が的中!
現段階で回収率100%超えが5人とうまカレ全体としてもなかなかの好成績を残しています!

それでは、今週の札幌記念の予想はこちらです!


1位 駒沢大・梶房(161.5%)
三連単
15→1→7.12 各1000P
15→1→3.4 各500P
15→1→2.3.5.9.13 各200P
ワイド 15-3.4 各3000P

2位 中央大・島田(124.9%)
単勝 15 10000P

3位 中央大・渡辺(121.7%)
ワイド 7-1.2.12.15 各2000P
複勝 14 2000P

4位 日本大・高橋(109.7%)
単勝 7 5000P
複勝 7 5000P

5位 国士舘大・金沢(103.5%)
複勝 
7 8000P
3 2000P

6位 日本大・大澤(52.7%)
ワイド
11-15 5000P
11-2.7 各2500P

7位 立正大・樺山(50%)
複勝 9 10000P

8位 東洋大・澤田(40%)
複勝1 10000P

9位 中央大・加藤(26.2%)
3連複フォーメーション
11-3.7.12-2.5.7.12.13.15 15点 各600P
ワイド11-3.7 各500P

10位 立正大・国分(21.7%)
複勝 13 7000P
ワイド 13-15 3000P

11位 大妻女子大・堀本
単勝 2 5000P
複勝 2 5000P

11位 東洋大・森内
単勝 15 10000P

11位 中央大・櫻井
三連複フォーメーション
15-7-1 5000P
15-7-3,9 各2500P

11位 國學院大・本田
三連単フォーメーション
15→5.11→1.2.7.12,13 10点 各400P
15→1.2.7.12.13→5.11 10点 各400P
1.2.7.12.13→15→5.11 10点 各200P

11位 千葉大・葛原
15-2.3.6.13 各2500P


マイル王・モーリスが2000mでも強い走りを見せるのか?
それとも伏兵の逆襲があるのか!?
熱い夏の頂上決戦に乞うご期待!

夏は応援の季節!

こんにちは!
中央大学1年の渡辺です!

今回は夏競馬について話していきたいと思います。


私にとって夏競馬は、ずばり、応援です!


夏競馬はほぼローカル開催となり、東京や阪神などで行われていた春に比べ、傾向が大きく変わってきます
「え、あの成績の馬が!?」や、「あの種牡馬の産駒が1着!?」なんてざらにありますよね。
そんな夏競馬だからこそ、好きな馬が春に成績が不振だったとしても、もしかしたらと思って応援に熱が入ってしまうのです!

例を挙げると、私の好きなステイゴールド産駒は、タフな流れの競馬に強い馬が多く、洋芝の競馬場や捲り競馬の増える夏競馬ではよく好走してます。今年は、現状、函館記念を勝ったマイネルミラノに、同レース3着のツクバアズマオーなどの活躍。それにクイーンSではレッドリヴェールが4着になったりと復活の兆しを見せる競走馬もいます(リヤンドファミユも頑張れ~)

また、夏は新馬戦が本格化し始め、POG馬などの応援馬が出走することが多くなり、昼頃のレース速報が気になって仕方がありません笑。

他にも、前述の傾向の変化により、普段騎乗数に恵まれない騎手が活躍をすることもあり、その騎手への期待も普段より大きくなります。例えば、丹内祐次騎手が函館記念を制した時は私も感無量でした。


このように、夏競馬の応援は、復帰馬が多かったりするのもあって、一戦一戦非常にワクワクしますし、とても楽しいです


あまり夏競馬を観戦したことがないという人は、この機会にぜひ観戦してみるのはどうでしょうか?

夏だからこそできる応援がそこにはあります!

回収率王決定戦!! 第6戦・関屋記念

皆さん、こんにちは。
不覚にも陸上の100m予選を見ながら、新潟の直線1000m見てるみたいだと感じたり、
4コースフランスのクリストフ・ルメートル選手をクリストフ・ルメール騎手と聞き間違えて、
C.ルメール騎手の新潟1000mでの4枠の騎乗成績を調べたり、
ジャマイカのヨハン・ブレーク選手を種牡馬のヨハネスブルクと聞き間違えて、
そこからネロを連想してしまったりしている、中央大学の加藤です。

相変わらず暑い日が続きますが、連日連夜行われるオリンピックや甲子園はなかなか私を眠らせてくれません。
何よりも僕の地元三重県から、リオ五輪には前人未到の4連覇の偉業に挑むレスリングの吉田沙保里選手が、
夏の甲子園には春夏連続出場を果たし、61年ぶりの三重県勢の優勝(ちなみに61年前に優勝したのは筆者の母校)に挑むいなべ総合が出場しており、人一倍地元愛の強い筆者としては応援しないわけにはいきません!

ただ連日徹夜な上に、昼間はうだるような暑さ。。。
そんな状況に耐えられなくなった時、私は現実逃避をするかのように、屋上で日に焼かれながらアイスティーを飲んでまどろむのが習慣になっております。(別に深い意味はございません)


さて先週の小倉記念は鞍上和田竜二騎手の好騎乗もあって、人気薄の8歳馬クランモンタナが優勝。
大本命と目されていたこちらも8歳のダコールは4着に敗れ、うまカレ勢あえなく撃沈か… 
と思われましたが、1年渡辺がファインプレー!!
なんとか的中させ、うまカレの面目躍如といったところ。
加えて高配当だったこともあって、回収率王争いの順位にも変動が出そう。


…というわけで早速、上から順位順に
今週の関屋記念の予想を披露させていただきます。(赤字は先週の的中者、青字はうまゼミ出演者)

1位 駒澤大・梶房(193.8%)
複勝⑬⑭ 2点 各2700pt
3連複④⑬⑭-④⑬⑭-全頭 46点 各100pt

2位 中央大・島田(149.8%)
ワイド⑯-④⑥⑦⑬⑰ 5点 各2000pt


3位 中央大・渡辺(146.0%)
ワイド④-⑤⑦⑨⑮ 4点 各2000pt
複勝⑮ 2000pt

4位 国士舘大・金沢(124.2%)
単勝⑩ 3000pt
複勝⑩ 7000pt

5位 立正大・樺山(60.0%)
複勝⑥ 10000pt

6位 日本大・高橋(49.6%)
単勝⑰ 5000pt
複勝⑰ 5000pt

7位 東洋大・澤田(48.0%)
ワイド④-⑨⑭ 2点 各2500pt
ワイド⑦-⑨⑭ 2点 各2500pt

8位 中央大・加藤(31.4%)
3連単フォーメーション
⑦⑩→④⑦⑩→④⑤⑥⑦⑩⑬⑰ 20点 各500pt

9位 立正大・国分(26.0%)
馬連BOX ④⑥⑦⑰ 6点 各1000pt

10位 大妻女子大・堀本
単勝② 5000pt
複勝② 5000pt

10位 東洋大・森内
単勝⑦ 10000pt

10位 日本大・大澤
ワイド⑫-⑪⑭⑯⑰⑱ 5点 各2000pt

10位 中央大・櫻井
単勝① 10000pt

10位 國学院大・本田
ワイド④-⑤⑯ 2点 各3000pt
ワイド⑰-⑤⑯ 2点 各2000pt


だいぶ上位と下位で差がついた感がありますが、
回収率王No.1にならなくても、この場で皆さんの個性溢れるオンリーワンの予想が見れるだけで十分ですよね~。(別に深い意味はありません)

というわけで、今週はこの辺で。。。。。。解散!!

大学対抗POG出場校インタビュー⑩ 獨協&東工

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


今日、武邦彦さんの訃報が届きました。
最近までスポーツ新聞にコラムを載せていた印象があったので、正直驚きました。

武豊、幸四郎騎手の父であり、騎手時代は「ターフの魔術師」と呼ばれた名手。
「天馬」トウショウボーイに騎乗し有馬記念、宝塚記念を制覇。1977年の有馬記念でのテンポイント、グリーングラスとの「TTG対決」は今でも名勝負として語り継がれています。
長身と甘いルックスを持つ騎手として当時では珍しく女性からの人気が高く、調教師としてもバンブーメモリーやメジロベイリーを送り出し、長きにわたって多大なる功績を残しました。ベテランの域に入っている豊、幸四郎両騎手にはさらなる活躍を期待しましょう。
ご冥福をお祈りします。

ぽg


今回は、いずれも初参戦の獨協大学東京工業大学のインタビューをお届けいたします!


獨協大学(初参戦)

○参加したきっかけ
昨年のサークル内POGではメンバーがサトノダイヤモンド、リオンディーズ、ハートレー、ドレットノータス、チェッキーノを指名。自信を深め、今回参加に至りました。欲を言えばサークル内でクラシックを獲っておきたかったです。

○今年のドラフトを振り返って
トゥザヴィクトリーの2014は馬体を見て即座に1位指名確定に。3校くらい被るかなと思ってたら、9校被り。(笑)
他にもドラフトの難しさを感じました。でもまったく手応えがないわけではありません。

○期待している馬とその理由
アゼリの2014です。馬体が素晴らしく見え、上のロイカバードもしっかり走りました。そして吉田勝己さんも絶賛。クラシックに乗ってもらわないと困るくらい期待してます。

○最後に一言
指名馬最初のデビューとなったウインブライトが負けてしまいましたが、まだまだ始まったばかり!
アゼリの2014だけでなく、牝馬ではエディフィスも相当な器と思ってます。
初出場ですが、少しでも上の順位にいけたらなと思います。あとは楽しんで応援します!



東京工業大学(初参戦)

○参加したきっかけ
大人数でのPOGをやってみたいな~と思っていた所に、この企画を発見。すぐさま応募しました。

○今年のドラフトを振り返って
メンバーが指名したいと思っていた馬が全て指名でき、満足のいく結果です。
ただ、一度くらい競合して、クジを引きたかった…(笑)

○期待している馬とその理由
もちろん、指名した全馬期待しています。
特に気になる馬は、一位指名のヴァナヘイムです。グルヴェイグの初仔ということで、とても楽しみな馬です。ゲート試験も無事パスしたようですし、デビューが待ち遠しいです。
また、個人的にはダノンロマンにも注目しています。流行りの「ディープ×母父Storm Cat」産駒です。こちらも楽しみな一頭です。

○最後に一言
結果はもちろんですが、それ以上に全馬、無事にデビューできることを切に願っています。


お忙しい中、インタビューに協力していただきありがとうございました!


次回もお楽しみに!


大学対抗POG×JRA-VAN POG’16特設サイト→こちら!

夏はナイター競馬!

どうも皆さん! 
就活の話を聞くたびに体が「ビクッ」と反応してしまう立正大学の国分です。
3年生にとっては意識せずとも大学主催の就活イベントの連絡が来るので、本番が近づいてきているのだなと感じてしまいます。


さて、「夏と競馬」というテーマですが、はっきり言うと、自分にとっては夏は嫌な季節です。昼間には毎日のように35℃というような最高気温を見る度にうな垂れてしまいます。皆さんはどうでしょう?
こんな暑い夏こそ、夜に行われるナイター競馬へ行くのはいかがでしょうか?

私も先日ナイター競馬が行われている大井競馬場へ行って参りました。

うまカレ 大井3

大井 4

うまカレ 大井2

うまカレ 大井1

どうでしょう?イルミネーションも相まってとても良い雰囲気ではないでしょうか?
また、夜のパドックも昼間と違った馬の雰囲気が楽しめます。

ジャーニーマン

(※写真は去る6月8日に行われた東京ダービーに出走していたジャーニーマン号です)

いかがでしょう?漆黒の夜に疾走する競走馬というのも昼間とは違うかっこよさがあります。
「暑いのが苦手だけどどこかへは出かけたいな」と思っている人は夜に行われるナイター競馬へ行ってみるのはいかがでしょうか?
2016年8月現在、ばんえい帯広競馬場、門別競馬場、大井競馬場、船橋競馬場、川崎競馬場、園田競馬場、高知競馬場の7場で開催されてます。
上記の競馬場がお近くにある方は1度来場してみて下さい!

では、また!

回収率王決定戦!! 第5戦・小倉記念

みなさん、こんにちは。
三度の飯より夏のジブリ祭りが大好き!でおなじみ、中央大学の加藤です。

今週は「もののけ姫」でしたね。
アシタカのようなかっこいい男になってみたいと、誰もが一度は思ったはず。
アシタカのようにヤックルに乗って疾走してみたいと、誰もが一度は思ったはず。
じゃあウチの地元(三重県鈴鹿市)は鹿も多いことだし、せっかくだから乗ってみるか、と誰もが一度は思っt…
…思わないですね。。。

というわけで夏競馬も今週が折り返し地点。(どんなわけだよ)
早速ですが、先週を終えた段階での回収率トップ5をご覧ください。

1位 駒澤大・梶房 242.3%
2位 中央大・島田 187.3%
3位 国士舘大・金沢 155.3%
4位 立正大・樺山 75%
5位 日本大・高橋 62%

え~、ベスト3だけが回収率100%越えという状況に関して、うまカレの予想のレベルは低いのではないか?
という問いに対しましては、
「私個人の認識をお答えする立場にはない。」(回収率39.3%)
としか、お答えできません(笑)

しかしその点に対しては、参加者全員が同じ思いのはず。
今週こそスカッとする会心の予想を披露して、見せ場を作ってくださることと信じております。

さて、それでは今週の対象レース・小倉記念(GⅢ)の買い目をご覧ください。
赤字は先週の的中者青字はうまゼミ出演者

駒澤大・梶房 (1位・242.3%)
ワイド ⑪-① 7000pt
ワイド ⑪-⑧ 3000pt


中央大・島田 (2位・187.3%)
単勝 ⑪
複勝 ⑪
馬連 ⑪-③④⑥⑫ 4点 各1000pt


国士舘大・金沢 (3位・155.3%)
ワイド ④-⑪ 10000pt


立正大・樺山 (4位・75.0%)
複勝 ⑦ 10000pt

日本大・高橋 (5位・62.0%)
単勝 ④ 5000pt
複勝 ④ 5000pt


東洋大・澤田 (6位・60.0%)
単勝 ① 10000pt

中央大・加藤 (7位・39.3%)
3連単フォーメーション ④番1着固定
④→⑥⑪→②③⑤⑥⑪⑫ 10点 各1000pt


中央大・渡辺 (8位・35。0%)
複勝 ⑨ 2000pt
ワイド ②-③⑥⑩⑪ 4点 各2000pt

立正大・国分 (9位・32.5%)
馬単 ①→④ 800pt
    ①→⑤ 700pt
    ①→⑪ 1200pt
    ④→① 800pt
    ④→⑤ 700pt
    ④→⑪ 1000pt
    ⑤→①④ 2点 各500pt
    ⑤→⑪ 600pt
    ⑪→① 1200pt
    ⑪→④ 1300pt
    ⑪→⑤ 700pt


大妻女子大・堀本 (10位)
単勝 ④ 5000pt
複勝 ④ 5000pt

東洋大・森内 (10位)
複勝 ⑧ 10000pt

日本大・大澤 (10位)
ワイド ⑪-③④ 2点 各5000pt

千葉大・葛原 (10位)
馬連 ①-⑤ 5000pt
馬連 ⑧-①⑤ 2点 各2500pt

中央大・櫻井 (10位)
単勝 ⑤ 1000pt
ワイドBOX ④⑤⑪ 3点 各3000pt


國学院大・本田 (10位)
3連複2頭軸流し
軸 ⑤⑪
相手 ②④⑥⑧⑫ 5点 各1500pt
3連複2頭軸流し
軸 ⑥⑪
相手 ②④⑤⑧⑫ 5点 各500pt


今週はこのメンバーの中から、
「我が名はアシタカ!!」と言わんばかりに、優勝争いに名乗りを挙げる方はいるんでしょうか?
はたまた
「(競馬界から)去れ!!」と言われんばかりの勢いで皆さん外してしまうんでしょうか?
非常に注目です。

来週のジブリ祭りは筆者がジブリ映画の中で3番目に好きな「コクリコ坂から」だよ。(どうでもいい筆者情報)
それでは来週まで、甲子園やらオリンピックやらポケモンGOやら中国漁船やらの見過ぎで生活リズムを乱して、
タタリ神の呪いを受けないように熱中症・体調管理に気を付けましょう。

それではまた~(*^-^*)


*【お詫び】*
今週アップロードした「日曜の朝の酒場で」の中で、今週は「うまゼミ!!」がお休みですとお伝えしましたが、
実際はアップロードされております。(ぜひご覧ください)
大変失礼いたしました。

モレイラ襲来!


こんにちは! 
國學院大学の本田です。  


さて土曜日からリオデジャネイロ五輪が開催されますね。日本人選手においてはレスリングの吉田沙保里や体操の内村航平などが金メダルを期待されており、世界のトップ選手達の熱い戦いが繰り広げられることが楽しみでありますが、日本競馬でも夏競馬において、世界一との呼び名が高いモレイラ騎手が短期免許で来日します。

モレイラ騎手は、去年香港競馬において145勝をあげ、ホワイト騎手が持っていた年間最多勝を大幅に更新してします。今シーズンにおいても2位のパートン騎手にダブルスコアをつけ165勝をあげており、今乗りに乗っている騎手なのです。
ちなみに、14-15年シーズンに参戦したMデムーロ騎手は馬質の差があるとはいえ100連敗以上を喫し、まったく結果を出せなかったという経緯からも香港の騎手レベルが高いことは間違いないでしょう。
さらに日本人騎手も3つの競馬場にトップ騎手が散らばり、それに若手騎手が加わるので、今夏は馬だけでなく騎手の争いにも注目してみてください!

主な騎手(競馬場別)
札幌: ルメール、福永、モレイラ、竹之下(!?)

新潟: 戸崎、デムーロ、内田、田辺
 
小倉: 武豊、川田、浜中、岩田

その他の騎手においても地元出身の「ご当地騎手」の活躍が目立つことが多く、馬券のヒントになることもあるので皆さんも調べてみてはいかがでしょうか。


御拝読ありがとうございました!

大学対抗POG出場校インタビュー⑨ 早稲田&電気通信

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


皆さんは今日の新潟2Rのメンバーをご覧になりましたか?

なんと、出走馬14頭中8頭ミルファームの所有馬なのです!

2013年のひまわり賞で「テイエム」の冠名で知られる竹園正継氏、2014年8月31日の新潟1Rでミルファームが7頭出しをしていますが、8頭出しはフルゲートが18頭になった1992年以降では初めてのことです。

ミルファームの場合、例年であれば未勝利馬でもダリア賞に登録するのに1頭も登録が無かったのでおかしいと思っていたら、こういうことだったとは・・・

アナウンサー泣かせの一戦になりそうな歴史的未勝利戦。
真夏の新潟が紅に染まる。


ぽg


今回は名門・早稲田大学と、初参戦・電気通信大学のインタビューをお伝えします!


早稲田大学(昨年23位)

〇昨年を振り返って
昨年はディープインパクト産駒の指名0頭という大胆な戦略で挑みましたが残念な結果に終わってしまいました…。しかしそんな中でもクリスマスローズSを含む2勝を挙げたマレボプールや、数少ないアンライバルドの初年度産駒であり1勝を挙げたハートイズハートなどを指名することができ、順位としては物足りないものでしたが1年間そこそこ楽しめたかなと思っています。

〇今年のドラフトを振り返って
サトノアーサーが競合することは想定内でした。むしろ、2大学の競合で済んで助かったと思ったくらいです。結果獲得することができたので、その後もほぼ思い通りに指名を進めることができました。ただ、3位指名でレイデオロ(母ラドラーダ)を外したのはちょっと痛かったです…

〇期待している馬とその理由
もちろん、競合の末獲得に至った1位指名のサトノアーサー(母キングスローズ)に期待しています。様々なメディアで取り上げられている通り里見治オーナーの期待が今年一番大きい馬であり、血統的にも筋が通っています。目標は当然、昨年度、同馬主同調教師であったサトノダイヤモンドが果たせなかったダービー制覇でしょう。成し遂げてくれると信じています。

〇最後に一言
すでにデビューを果たした2位指名フュージョンロック(母シャピーラ)の初戦は3着に終わり新馬勝ちを収めることはできませんでしたが、次走は札幌開催を予定しているということでそこでの勝利に期待しています。その他の指名馬のデビューも非常に楽しみです!


電気通信大学(初参戦)

〇参加したきっかけ
ドラフト形式のPOGをやってみたかったからです。

〇今年のドラフトを振り返って
作戦としては牝馬のみで戦うというもので、牝馬限定重賞や牝馬クラシックの賞金は混合戦よりも少なくどう考えても不利であるという見方が普通だと思いますが、ドラフト形式ならあえて牝馬のみの指名で行くことで他が牡馬を指名している間に人気有力牝馬をドラフト上位で取ってしまおうという魂胆でした。しかし、いざドラフトが始まると上位で取ろうともくろんでいたコケレールの14は先に指名されてしまい、さらに2位指名のエリモピクシーの14は競合で外すという見事に裏目という結果でした笑。

〇期待している馬とその理由
もちろん1位指名のカデナダムールです
全兄3頭の活躍はすばらしく、やはりディープ×Storm catの配合は期待してしまいます。さらに注目すべきは、はじめてこの配合に「牝馬」が出たことです。フィリーサイヤーといわれるディープ産駒ですが、兄たちが成しえなかったクラシックタイトルをあっさり持っていくかもしれないと期待しています。

○最後に一言
1年間楽しませていただきます、今回は参加させていただきありがとうございました。


お忙しい中、ご協力ありがとうございました!

次回もお楽しみに!



大学対抗POG×JRA-VAN POG’16特設サイト→こちら!
プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ