加油!香港国際競走2016

香港


こんにちは!
中央大学の櫻井淳志です。


先日、新規調教師免許試験の合格者が発表され、武幸四郎騎手が見事合格しました!
昨年から騎乗数を減らして受験勉強に励んでいましたが、2回目の受験で念願の調教師免許を手に入れました。幸四郎厩舎の管理馬に兄の武豊騎手が跨る日も遠くはありません!

また、合格者の中にはクィーンスプマンテと共に大逃げでエリザベス女王杯を制した田中博康騎手、元騎手で武豊・幸四郎兄弟の遠い親戚にあたる武英智調教助手、安田隆行調教師の次男である安田翔伍調教助手の名前もありました。
中でも、田中博康騎手は史上最年少となる31歳での合格。フランスでの経験を生かし、世界で活躍する競走馬を育ててくれることでしょう!


さて、今週日曜日に香港・シャティン競馬場では香港国際競走が行われます。
今年は日本から13頭がエントリー。今年から日本でも馬券が買えるということで注目度は高くなっております!

香港国際競走の出馬表はこちら↓
http://www.jra.go.jp/news/201612/120804.html

ということで、今回は全4レースの注目馬を紹介いたします!


4R 香港ヴァーズ 芝2400m 15:00発走(日本時間)
注目は何といっても連覇を狙うハイランドリール(高地之舞)。今年もキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを制し、凱旋門賞でも2着と好走。そしてBCターフでは向正面から大逃げを打ち、凱旋門賞馬ファウンドを振り切り見事逃げ切り勝ち。5度目のGⅠ制覇を狙います。また同じく凱旋門賞組のシルバーウェーヴ(銀色海浪)、ワンフットインヘヴン(以身犯難)も軽視できません。

日本からはサトノクラウン(里見皇冠)、ヌーヴォレコルト(新紀錄)、スマートレイアー(醒目層次)が参戦。
ヌーヴォレコルトはアメリカのレッドカーペットHを制し、今年は香港ヴァーズに駒を進めました。昨年の香港カップ2着馬が得意舞台で連勝を目指します。


5R 香港スプリント 芝1200m 15:40発走
注目は層の厚い香港勢。昨年の高松宮記念を制したエアロヴェロシティ(友瑩格)、昨年のこのレースの覇者ペニアフォビア(幸福指數)、6連続連対中のラッキーバブルズ(幸運如意)、前哨戦ジョッキークラブスプリントで先に挙げた3頭を退け勝利したノットリスニントゥーミー(新力風)が人気を分け合うのではないでしょうか。
また、コリアスプリントの初代王者スーパージョッキー(積多福)も参戦。虹色の世界一派手な勝負服にも注目です!

そして、日本からは今年の高松宮記念を制したビッグアーサー(大仁大勇)とスプリンターズSを制したレッドファルクス(彎刀赤駿)が参戦。
日本も香港も短距離戦線は戦国時代。天下を取るのはどの馬でしょうか?


7R 香港マイル 芝1600m 16:50発走
注目は香港の英雄・エイブルフレンド(步步友)。2年前の覇者で、昨年はモーリスとの追い比べに敗れ3着。その後屈腱炎を発症したものの、11か月ぶりに挑んだ前走は1200mにもかかわらず4着と健闘。叩き2戦目で変わり身を見せます。
また前哨戦のジョッキークラブマイルを制したビューティーオンリー(美麗大師)、今年の安田記念に参戦したコンテントメント(詠彩繽紛)、スニッツェル産駒のサンジュエリー(首飾太陽)も虎視眈々とタイトルを狙います。ちなみに、ボウマン(布文)騎手騎乗のヘレンパラゴン(喜蓮獎星)は香港調教馬では珍しく去勢されていない1頭です。

日本からはロゴタイプ(標誌名駒)、ネオリアリズム(新寫實派)、サトノアラジン(神燈光照)が参戦。
札幌記念でモーリスを下し、マイルCSでも3着に粘ったネオリアリズムは引き続きR.ムーア(莫雅)騎手が騎乗予定。昨年は絶好調だった天才が当レース連覇を目指します!


8R 香港カップ 芝2000m 17:30発走
昨年の覇者エイシンヒカリ(榮進之光)と天皇賞(秋)の覇者モーリス(滿樂時)のラストラン&直接対決はこの日最大の見どころ!
エイシンヒカリは昨年のこのレースを武豊騎手の芸術的な逃げ切りで制すると、今年のイスパーン賞(フランス)で10馬身差の大勝! 世界ランク1位に躍り出ました。
対するモーリスは昨年の香港マイルでエイブルフレンドを下すと、続くチャンピオンズマイルも楽勝し破竹の7連勝! 前走の天皇賞・秋を圧勝し香港カップをラストランに選びました。
果たして競馬の神様はどちらに微笑むのでしょうか!?
また、天皇賞・秋3着のステファノス(善得福)、復活を目指すラブリーデイ(朗日清天)、エリザベス女王杯を制したクイーンズリング(皇后寶戒)も上位を狙える実力を持っており、日本馬のワンツースリー、あわよくば掲示板独占も狙える最強メンバーが揃いました!

対する香港勢は、2年前の覇者デザインズオンローム(威爾頓)、昨年の香港カップ3着馬ブレイジングスピード(將男)、前哨戦を快勝したシークレットウェポン(天才)が地元の意地を見せてくれることでしょう。


レースの模様はグリーンチャンネル、全国の競馬場・ウインズで見ることができます!
(一部のウインズでは延長放映をいたしません。詳しくはこちら)

また、香港競馬の特設サイトでもレースを見ることができます!
Live Cast - Multimedia - LONGINES HKIR 2016 - The Hong Kong Jockey Club

日曜日は中央競馬と一緒に香港国際競走をお楽しみください!

2歳女王の称号はどの馬に?阪神JF出走馬紹介🏇

ぽg

こんにちは!
中央大学の島田です。


12/11(日)、阪神競馬場で2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズが行われます!

このレースは大学対抗POGで上位進出を狙う上でも重要な一戦。
ここで現在の1~5位までのランキングを確認してみましょう。

1位 関西学院大学 9495
2位 九州連合 9105
3位 早稲田大学 5650
4位 昭和薬科大学 5190
5位 獨協大学 5030


指名馬が優勝すれば、なんと6500ポイントが加算されますので、一気に順位をジャンプアップする可能性!!

ということで、今回は初の大一番を迎える指名馬、有力馬を紹介いたします。
まずはPOGで指名された2頭です。


ソウルスターリング(昭和薬科大学)

初年度から世界中で活躍馬を輩出している怪物・フランケルの産駒です。新馬、アイビーSを連勝しており、周囲の期待に違わぬ走りを見せています。
また彼女のフォトパドックを見ると、本当に2歳牝馬か!?と思うくらいの風格を漂わせているように見えました。さすがは父、母合わせてG1・16勝の世界的良血だと思いました。
同じフランケル産駒牝馬のミスエルテが朝日杯FSに向かうということで、両馬の対決が見れないのは残念ですが、来春のクラシック戦線を優位な立場で戦うために、ここは勝ちたいところです。

ディーパワンサ(近畿大学)
こちらもフランケルと同じく、産駒が今年からデビューのディープブリランテの仔です。
新馬、中京2歳Sとデビュー2連勝。前走のデイリー杯2歳Sは休み明けが響いたのか4着に敗れましたが、上がりタイムは最速でしたし、今回は叩き2戦目ということで状態の上積みが見込めます。
騎乗予定のシュタルケ騎手は、調教でこの馬に跨った際に手応えを掴んだようで、日本での初GⅠ制覇をこの馬で虎視眈々と狙っていることでしょう。


続いてPOGで指名されていない有力馬の紹介です。


ジューヌエコール
新馬、ききょうSと連勝。そしてGⅡ・デイリー杯2歳Sも危なげなく勝利。今回のメンバーで唯一3連勝をしています。
今のところは死角らしい死角は見当たりません。勢いそのままにGⅠタイトルも手中に収めてしまうのでしょうか。

リスグラシュー
201612081833278d4.png

新馬は負けてしまったものの、続く未勝利戦を2歳レコードで優勝。その後のGⅢ・アルテミスSも勝ってこの大舞台に挑みます。
もしかしたら同じ勝負服のディーパワンサとのワンツーがあるかもしれませんね。

レーヌミノル
小倉2歳Sを1.08.0の好タイムで制した快速娘。休養明け初戦のGⅡ・京王杯2歳Sは、勝ち馬とは差のない2着でした。
距離適性が心配されますが、その類い稀なるスピード能力を発揮出来れば圧勝してしまうかもしれません。

ヴゼットジョリー
2016120818312349d.png

新潟2歳Sの勝ち馬。陣営曰く、非常に賢くて競馬の上手な馬だそうです。
ちなみに父ローエングリン、父母サンデーサイレンスという配合は、朝日杯FSを勝ったロゴタイプと同じです。
ロゴタイプに負けないくらいの活躍が出来るか注目です。


以上6頭を紹介しましたが、
昨年は10番人気ウインファビラス2着に食い込むなど、波乱の多いレース。
今年もどの伏兵が絡むか注目してみましょう!


来週は朝日杯FSの出走馬を紹介します!それでは!

大学対抗POG途中経過[~11/27]

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


ぽg

大学対抗POGですが、11月に大きな動きがありました!
それでは11月27日(日)までの順位はこちら!


1位 関西学院大学 9215
2位 九州連合 9005
3位 獨協大学 5030

4位 昭和薬科大学 4940
5位 同志社大学 4420



先月は重賞ウイナーが続々と誕生した1か月でした!

首位に躍り出た関西学院大学は、函館2歳Sで2着だったモンドキャンノが京王杯2歳Sを制覇!
数少ない2歳GⅡでしっかりポイントを稼ぎました。

3位の獨協大学カデナが京都2歳Sを制覇!
直線で大外一気を決めヴァナヘイム(東京工業)らを一蹴。強い走りでクラシック有力候補に名乗りを挙げました!

そして、早稲田大学エピカリスが交流重賞・北海道2歳優駿で2着に2秒4差をつける大差勝ち!! ダート界に規格外の大物誕生です!
順位も9位から6位に浮上しました!

一方、九州連合は首位を譲る形となってしまいましたが、東スポ杯2歳Sでスワーヴリチャードが2着、ムーヴザワールドが3着に入っており、首位の関西学院大学をわずか210ポイント差で追いかけています!


6位以下はこちら↓
6 早稲田 4370
7 帯広畜産 3920
8 大妻女子 3910
9 明治 3822
10 近畿 3570
11 神戸 3010
12 日本 2780
13 東京工業 2750
14 横浜国立 2340
15 千葉 2280
16 専修 2180
17 京都 2100
18 富山 1720
19 東洋 1685
20 東海 1680
21 立命館 1480
22 明星 1310
23 青山学院 1260
24 立正 1190
25 電気通信 1100
25 東北 1100
27 国士舘 860
28 慶應 780
29 駒澤 770
30 中央 305

カミノタサハラの全弟クリアザトラック(大妻女子)、シーザリオの仔グローブシアター(立命館)、American Pharoahを輩出したPioneerof the Nile産駒のナイルストーリー(千葉)などなど、素質馬も続々とデビュー勝ちを飾っています!

そして来週は2歳牝馬GⅠ・阪神ジュベナイルフィリーズ、再来週には朝日杯フューチュリティSが行われます!
2017年クラシックに向けて見逃せない戦いが続きます!

次回もお楽しみに!


大学対抗POG×JRA-VAN POG’16特設サイト→こちら!

今週からうまゼミが新しく変わります!

皆さんこんにちは。
中央大学の加藤です。

寒いですね。ただでさえ雪に弱い首都圏に、よりによって11月に雪が降るなんてこんなことがあるんですね。
しかし、雪というのは降り始めよりも降っている最中よりも、降った後が怖いんです。
明日の最低気温は氷点下3度。これが何を意味するか?

そうですね、路面凍結ですね。道は滑りやすいですし、電車も速度制限がかかるでしょうし(スマホか)、今日よりも明日の方が大変そうですね。というわけで、みなさんもポケットに手を突っ込んで歩かないように!
以上、番組制作部からのお知らs…。





…そんなことが番組制作部からの告知なわけない。。。だいたいあんなタイトル付けるわけない。。。

はい、というわけでズバリ、今週からうまゼミは個人予想から団体としての予想に変わりま~す(銀さん風)。

具体的には…

今までは出演者各々が個人の見解を披露してきましたが、代交替したのを機に(なかなか当たらないので血統・調教・馬体・データetc… といった様々なファクターから推せる馬を発表し、それらを総合した上で打たれた印をうまカレ全体の見解として、うまゼミで配信していきます。
急な方針変更で困惑される方もいらっしゃるでしょうが、うまカレの総意として出演者一同が責任の持てる予想を披露することで、今まで以上に視聴者の皆様の身も心も、そして懐も温められたらと思っております。ですので、しばらくは温かい目で見守っていただけると幸いです。


それではまた~(^○^)

雪降ってたけど公開調教に行ってきた【11/27ジャパンC】

こんにちは!
中央大学の櫻井です。


いよいよジャパンカップまであと3日ですね!
ダービー以来の東京コースに挑むキタサンブラック、天皇賞(秋)2着馬リアルスティール、今年の皐月賞馬ディーマジェスティ、伸び盛りの4歳馬シュヴァルグラン……と注目馬が揃いました。また、外国馬3頭の走りにも注目ですね!

実は、JCの週の木曜日の朝、東京競馬場では外国馬の調教が一般公開されているのです!


昨年見に行ったときは……


20161124090228baa.jpg

伊藤さんにガンを飛ばされてしまいました(^_^;)


今年は東京に11月では54年ぶりとなる雪が降る中、公開調教の日を迎えました。
競馬場はどうなっているのでしょうか……

博物館

2016112408560933f.jpg

201611240856118a5.jpg

競馬場は一面の銀世界になっていました!
雪の中で公開調教を迎えたのは恐らく初めてではないでしょうか!?


ダートコースではドイツ代表のイキートス(IQUITOS)とナイトフラワー(NIGHTFLOWER)が最終追い切りを行っていました。





ゼッケン2番のイキートスは4歳牡馬。3走前のバーデン大賞(ドイツ)でナイトフラワーを下し優勝しています。
ゼッケン3番のナイトフラワーは2年連続参戦の4歳牝馬。ここ3戦は2着、2着、1着と調子を上げて来日しました。

イキートス・ナイトフラワー

20161124085613c50.jpg


一足遅れてフランス代表のイラプト(ERUPT)も追い切りを終了。

2016112408581525a.jpg

4歳牡馬のイラプトも2年連続の参戦。昨年のJCでは0秒3差の6着。今年10月のカナディアンインターナショナルを制して来日しました。
外国馬の中で最も人気を集めることになるのではないでしょうか。


今年は寒すぎたせいか、8:00ごろには終了。

いい感じの写真を撮り、競馬博物館へ避難しました…

トキノミノル


外国からの出走が年々少なくなっている中でも、このレースを選んでくださる陣営の皆様には感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございますm(_ _)m
我々も全馬無事に完走できることを祈ります。

そしてこの公開調教は7:30に始まるので、皆様も来年は大学へ行く前に競馬場に寄ってみてはいかがでしょうか!


ジャパンカップは11月27日(日)15:40発走です!

SFF2016レポート!

こんにちは、中央大学の渡辺です。


11月20日に行われたマイルCSは、なかなかGⅠ2勝目が遠かった同世代2頭の決着となりました。2着だったイスラボニータにも、再び栄光を手にする日が来るといいですね。


さて、そんなマイルCSに多くの競馬ファンが熱狂している中、私たちうまカレは…

Student Freepaper Forum 2016
略してSFF2016に参加してきました!


SFFとは、簡単に言えば学生フリーペーパーのお祭りで、今年で11年目を迎える大きなイベントです。毎年全国から多くの団体が参加しており、私たちうまカレも、好評をいただいた去年に引き続いての参加となりました。

DSC_0289_convert_20161123114624.jpg

↓去年の様子(去年はジャパンカップのワークショップを行い、多くの方から好評をいただいたようです)
10585.jpg


今年は、会場の中に設けさせていただいたブースで、フリーペーパー「U」vol15を配布。たくさんの方に手に取って読んでいただきました!
DSC_0287_convert_20161123114552.jpg

DSC_0288_convert_20161123115252.jpg


手に取ってくださった方の中には、競馬場に行ったことがある、競馬をたまに見てるという声ももちろんあったのですが、やはり競馬にはあまり興味がなかったという声のほうが多く聞かれました。

しかし、「U」のコンセプトや、競馬場のもつ魅力について話すと、「興味が湧いてきた!」「競馬場に行ってみたい!」とたくさんの方がおっしゃっていました!
「競馬の魅力を伝える」をテーマに活動しているだけに、このような声をかけてくださった時は、本当にうれしかったです!


また、フリーペーパー「U」と同時に、当日に行われたマイルCSの自作の出馬表も配布いたしました。
こちらも大変好評で、出馬表の中のディープインパクトや、武豊という文字には、競馬を見たことのない多くの人も反応を示し、改めてすごい知名度を誇るのだなと実感しました。

↓こちらがその出馬表です(なお予想欄の方は……)
DSC_0292_(2)_convert_20161123114448.jpg


もちろん、私たちのフリーペーパーを手に取っていただくと同時に、会場で多くの団体が配布していたフリーペーパーも拝見させていただきました。
それぞれのフリーペーパーが様々な点で工夫して作られており、中には変わったテーマ(メンズシンボルや自大学の闇の特集とか)のものや、特徴的な形や構成で作られたものなど、一つ一つが大変すばらしいものでした。
DSC_0294_convert_20161123120349.jpg


今回のSFF2016では、フリーペーパーを通じて、多くの方に競馬という多面的なスポーツの魅力を伝えることが出来たように思います。また、個性的に作られている他の団体のフリーペーパーは、私たちの今後のフリーペーパー制作においても、多くの点で参考にさせていただくことになるでしょう。


最後になりますが、今回、このような貴重な場を用意し、運営してくださったSFF2016のスタッフのみなさま、本当にありがとうございました!


SFF2016のホームページはこちら!

関西インカレ予想大会レポート!

こんにちは!
中央大学の島田です。


今回は例年以上の盛り上がりをみせました関西インカレ予想大会を含む、うまカレ関西遠征の様子をお伝えします。


まず、私たちが行ったのは

いろいろ_47

藤森神社です!

勝ち運と馬の神様が祀られているということで、遠征した際はお参りするのがルーティーンとなっております。

ここで、インカレの成功とうまカレの発展を全員でお祈りしました。

201611172003210d7.jpg


いろいろ_50




次に訪れたのはここ!

いろいろ_21

いろいろ_54

伏見稲荷大社です!



伏見稲荷大社と言えば・・・

いろいろ_55

そう!千本鳥居です。

いろいろ_18

千本鳥居をくぐるのに5分もかからなかったのですが、そこで終わりでは無いのですよね。実は鳥居は、山の頂上まで続いているのです。1度中学の修学旅行で訪れたのに忘れていました。


全部登ろうと意気揚々で挑んだ我々でしたが、体力の限界を覚え(千代の富士の引退会見から引用)、半分にも到らないとこで断念。前に来た時は頂上までダッシュで登れたのですがね‥年ですかね‥(´-`).。oO(こんなこと言ってたらイチ○ーさんに怒られそう。

我々も調教を積まないといけないなとしみじみ思いました。



次に訪れたのは、ここ!

いろいろ_13

いろいろ_11

清水寺です!

こちらも昨年に引き続き訪れました。やはり清水の舞台は美しい‥。



そうこうしているうちに小腹が空いてきた我々は祇園に本店を構える和風喫茶「茶寮都路里」へ。

常に多くの人で賑わっている人気店です。


こちらが注文したパフェ。

S_5215510624525.jpg

抹茶ソフトの柔らかさと抹茶シャーベットの真っすぐな口当たりのバランスが絶妙で、飽きさせない程度に抹茶感を与えてくれました。※個人の感想です



腹ごしらえを済ませたところで・・・

いろいろ_64

いろいろ_65

西の最高学府、京都大学にお邪魔してきました。


目的はうまゼミを撮影するためで、今回は関西インカレ開催ということで
関西の学生さんをゲストに迎え収録いたしました。

【競馬予想】 うまゼミ!! 第41回エリザベス女王杯(GⅠ) ←こちらが今回撮ったものです。

普段とは一風変わった予想を披露していただき、こちらとしても良い勉強になりました。
出演していただきありがとうございました!

20161117173444f70.jpeg





そして翌日。関西インカレ予想大会へ。

舞台は京都競馬場

S_5216711298720.jpg

いろいろ_69

いろいろ_4


実は、ここで思いもよらないサプライズがありました。

なんと元JRA騎手・佐藤哲三さんがお越しくださったのです!!

佐藤元騎手といえばタップダンスシチーアーネストリーエスポワールシチーなどで、地方を含めG1を11勝挙げている名ジョッキー!

気さくな方で、「写真はTwitterで拡散して(笑)」ともおっしゃっていました!

S_5216945316313.jpg

お会いすることができて本当に嬉しかったので、インカレの成績はどうでもいいやと思ってしまいました(笑)

佐藤さん、ありがとうございました!


関西インカレの話に戻ります。ルールはこちら。

京都7R~11R(エリザベス女王杯)の計5Rのポイント戦
本命馬を1頭選択し、その単複を1000Pずつ
および本命馬を含んだ5頭を3連単BOX各100P計60通り
※8Rの黄菊賞は5頭立てのため、単複4000P
これらの合計Pを回収値に換算して争います




今年は日刊スポーツ新聞社様のご協力のもと、上位入賞者には豪華賞品をプレゼント!

また、日刊スポーツ新聞社様からコンピ指数による予想も頂きました!

コンピ指数とは?…日刊スポーツが各レースにおける馬の能力を数値化して順位づけしたもの。満点は90で最低は40。指数が90に近ければ近いほど、その馬の連対する確率は高くなる。逆に指数1位でも60台や70台前半の指数しかなければ、2位以下の馬たちとの力差がない接戦といえる。




先述の通り、例年以上の盛り上がりを見せた今大会。果たして結果は…

第9位京都大学・藤原さん 回収率106%
第8位近畿大学・東川さん   〃 111.7%
第7位京都大学・中島さん   〃 112.8%
第6位京都大学・森山さん   〃 149.2%
第5位関西大学・世登さん   〃 153%
第4位関西学院大学・山本さん   〃 155.7%

第3位
京都大学・今村さん 回収率207.6%

S_5216718225726.jpg

インカレ初参加でいきなり上位!



第2位
立命館大学・愛甲さん 回収率210.7%


S_5216718252121.jpg
7Rの3連単を当てるなど、全レースで的中されました。
おめでとうございます!



そして栄えある第1位に輝いたのは…

中央大学・渡辺泰大!!

S_5216718305992.jpg

なんとうまカレ期待のホープが頂点に!優勝の決め手は9Rの3連単1330倍を的中したことでしょう。
回収率は驚異の375.8%!
いやー大変恐れ入りました…。 
昨年はうまカレから1人も入賞できませんでしたが、今年は面目を保つことが出来ました(^_^;)

1~3位の方には好きなレースの写真パネルが日刊スポーツ新聞社様からプレゼントされます。
入賞者の皆様おめでとうございました!

ちなみに、日刊スポーツ様のコンピ予想は7R、10Rの三連単を的中させ、回収率182.9%をマーク!
春の関東インカレに続いて4位に入線しました!(恐るべしコンピ予想……)


インカレ後はみんなで写真撮影。

201611172035417ec.jpg


みなさん参加していただきありがとうございました!!



レース後には、関西の方との交流を深めるために懇親会を開きました。
競馬談義に花を咲かせたり、小林雅巳アナの実況モノマネをやったりと会場は大盛り上がり。
最後は関西G1のファンファーレで締めました(笑)

懇親会に参加してくださった皆様、ありがとうございました!


こうして2日間の関西遠征は幕を閉じました。

この関西インカレは代替わり後初の仕事でしたが、これといったミスもなく、まあまあのスタートをきれたのかなと思いますが、この程度では満足せず、向上心を持って今後も活動していきたいなと思います。みなさまには第一歩を踏み出したうまカレ7代目の行く末を温かく見守っていただけると幸いです。


最後に、うまゼミや予想大会にご協力して頂いた関西の競馬サークルの方々に改めて感謝申し上げます。この度はありがとうございました。またお会いしましょう!


長文のご拝読、ありがとうございました。

7代目代表・副代表挨拶


代表 櫻井淳志(中央大学2年)

この度、うまカレの7代目代表に就任いたしました、中央大学2年の櫻井淳志と申します。

これまで6代にわたって偉大な先輩方が築き上げられた伝統を背負うこととなり、重圧と責任感を感じる次第であります。

私にはこれといった得意分野があるわけではありません。澤田前代表や金沢前副代表のように人前に立っておしゃべりをすることも苦手ですし、競馬知識に詳しい訳でもありません。
しかし、うまカレに入ったのだから少しでも追いつきたいと思い、この1年半は上級生主導のイベントに積極的に顔を出し、ノウハウを覚え、様々な経験を積みました。これまでだと何事にもネガティブになりがちでしたが、「ここは任せてください!」と自信を持って言うことができるようにもなりました。
この1年半は、「縁の下の力持ち」として努力を続けることにやりがいを見つけられた貴重な時間だったように感じます。代表になってもその経験を生かして活動していきたいです。

うまカレの使命は、競馬が持っている娯楽としての一面、スポーツとしての一面を伝えていくことであります。
その魅力を伝えるために今も試行錯誤を繰り返していますが、
「競馬場に行ってみたい!」
と思わせるような活動を展開し、微力ではありますが日本の競馬を盛り上げるお手伝いをしていきたいと思っております。

メンバーは少なくなりましたが、信頼できる仲間たちがいます。ひとりひとり素晴らしい才能を持っています。みんなで力を合わせて、競馬界に貢献できるよう邁進していきます。

そして今後ともうまカレをよろしくお願いいたします。



副代表 加藤駿(中央大学2年)

この度うまカレ7代目副代表を拝命いたしました、中央大学の加藤駿です。

我々7代目は人数が少ない上に個の能力の高さでも6代目の先輩方には到底及びませんが、代表の櫻井を筆頭に競馬に対する熱量の大きさは歴代トップクラスの世代であると自負しております。そしてその熱量を、若い世代の競馬ファンの方々を中心に、競馬の楽しさをより一層実感して頂けるような活動をするための原動力として昇華できればと思っております。

これから様々な困難が待ち受けているかと思いますが、代表である櫻井のサポート役として、競馬とうまカレのさらなる発展に少しでも貢献できればと考えております。

これから1年間応援のほどよろしくお願い致します。

アメリカ競馬の祭典~BCフィリー&メアターフ展望~

2016110417174834a.jpg

こんにちは!
日本大学の高橋です。


11月3日(祝)、川崎競馬場でJBC競走が行われましたね。
このJBCはアメリカのブリーダーズカップワールドチャンピオンシップス(以下BCに略)を手本に作られた競走ですが、
そのお手本のBCは11/4,5日の2日間、サンタアニタパーク競馬場で行われます。

日本からはBCフィリー&メアターフ(芝10ハロン)にヌーヴォレコルトが武豊騎手を背に出走を予定しており、
日本でもこのレースに限り即PAT・A-PAT会員であれば馬券購入ができます。
ですので、今日はこのレ-スの展望に焦点を当てたいと思います!

ヌーヴォレコルト

 今年3戦した中で3着以内はゼロ。しかし、前走の札幌記念では天皇賞(秋)を制したモーリス、菊花賞で2着に
好走したレインボーラインに続く4着で能力に衰えはなさそうです。香港C(2着)での走りができれば争覇圏内の1頭です。

レディイーライ(アメリカ)

 今年8月のGⅡボールストンスパSで初の敗戦を喫しましたが、このレースが1年以上の休養(蹄葉炎治療のため)明け。
前走のGIフラワーボウルSは有力なステップレースですが、このレースで勝利を挙げ完全復活!このレースを2連覇している
C.ブラウン調教師の管理馬というのも心強いところです!通算8戦で連対率100%のこの馬が馬券の軸として
ふさわしいかもしれません。

セブンスヘヴン(アイルランド)

 モーリスを天皇賞(秋)制覇に導いたR.ムーア騎手が騎乗するのがセヴンスヘヴン。管理するのはA.オブライエン調教師。
あのファウンドの強力コンビがこのレースでも見られます!この馬は愛オークス、ヨークシャーオークス(ともに12ハロン)を
制しており、実績十分。ヨークシャーオークスではあのファウンドをも破っています。ただ、BCフィリー&メアターフは10ハロン
なので距離不足を不安視されていますが同きゅう舎の凱旋門賞3着馬オーダーオブセントジョージ同様、距離不足という声とは
裏腹に好走を見せるか注目です。

アベンジ(アメリカ)

 前走、今年のBCフィリー&メアターフと同条件のGIロデオドライヴS(サンタアニタパーク競馬場・芝10ハロン)を制しました。
この条件に適性を示した点から実績では劣りますが、穴馬として注目してもよいのではないでしょうか。また、ロデオドライヴSで2着になったジペッサ(アメリカ)も通算成績が(4‐1‐2‐2)、今季成績が(2‐1‐2‐1)という成績から相手なりに走るタイプであることがわかるので、相手候補の1頭として考えてもいいかもしれません。

クイーンズトラスト(イギリス)

 前走(GI英チャンピオンズF&MS)ではセブンスヘブンに先着しており、好勝負になる力は備わっている1頭。
また、母がQueen'Bestという馬で日本のクィーンズベスト(チューリップ賞4着馬私のPOG馬)と似ている
名前だなと思い、取り上げました。


ここまでBCフィリー&メアターフの有力馬について述べてきましたが、他のレース(日本での馬券発売はありません)にも
豪華メンバーが出走する予定となっています。

まずはBCクラシック。ここには3月のドバイWCを制し、今年6戦して負けなしの
カリフォルニアクロームが出走を予定しています。また、3歳代表として挑むのがカリフォルニアクロームと同じ逃げ馬の
アロゲイト。2頭の先手争いにも注目が集まっています。

そして、今年の凱旋門賞馬ファウンドが出走するBCターフ
当然、ファウンドに注目が集まります。昨年のこのレースの覇者でもあり、連覇達成となるでしょうか。個人的にはBCクラシックにも登録があったので、カリフォルニアクロームとの対決を見てみたかった気持ちもちょっぴりあります。
ファウンド以外には今年アメリカに移籍したフリントシャー、そして凱旋門賞でファウンドの2着だった
ハイランドリールにも注目です。

日本のJBCを楽しんだあとは、本場アメリカのBCもお楽しみください!

BCフィリー&メアターフの詳しい情報はこちらから↓
「海外競馬発売 JRA」

今年の夏を振り返って…(後編)

皆さんこんにちは。
中央大学の加藤です。


さぁ、お待たせいたしました!
夏の振り返り、後編のスタートです!

(前回からの続き)
帯広競馬場を後にした我々は、アレチクさんに教えて頂いたオススメのお店である「インデアンカレー」に足を運びました。

2016110119350992a.jpg

驚いたのはリーズナブルな価格と店長さんらしき方の熟練の技術と手際の良さ。
お味ももちろん素晴らしく、一同満足でした。

20161101193607644.jpg



8月23日(火) 天候:晴れ一時雨 場所:帯広市内→新冠町

台風一過の晴天となった帯広市内。朝は市内に本店を構える六花亭さんにお邪魔して、六花亭名物バターサンドやケーキを頂いてきました。セットで無料のコーヒーを頂きましたが、本当にありがたいサービスです。

20161101193606be1.jpg


続いて訪れたのは、アレチクさんおすすめの豚丼屋さん「とん田」

2016110119350823f.jpg


我々は 「帯広の豚丼屋はどこも閉店時間が早い。」 というアレチク吉田代表のありがたい情報を基に、ばんえい競馬終了後ではなく翌日の朝に行くことを決めました。しかしお店の前は開店前から既に行列が出来ており、かなり繁盛していることがうかがえました。

2016110119350548b.jpg

いただいた豚丼のお味はもう最高! お店中に漂う豚丼の匂いだけでもご飯が食べられそうな勢いでしたが、本物の豚丼を前に私は箸も食欲も止まりませんでした。帰りにはお店で売られていた豚丼のタレも購入しちゃいました(^O^)



それから我々は十勝平野を車で西へ。
途中の日高山脈はまだ雨が残っていましたが、目的地の新冠町に近づくにつれ次第に天候も回復。
新冠町までもう一息だ!…と思ったのですが、ここでアクシデント発生。

前述の台風による大雨の影響で各地で土砂崩れが発生し、主要な幹線道路は全て通行止めになっていることが判明。さらにこの時期は旅館やホテルはどこも埋まっているということもあって、いよいよ車中泊か、はたまた野宿か、と進退窮まり何とかならないものかと思っていると、交通整理をしていた警官の方に 「命の保障は出来ないが、どうしてもというのなら少し遠回りになるが、山間部を抜けていけば新冠方面へたどり着けるよ(無事にたどり着くとは言ってない)。」 と言われたので、少し遠回りながらもたどり着けるのであればと車を走らせました。
ところが、これが競馬ファン的には逆にラッキーだったというか(運転手さんには申し訳なかったですが)、その道中に大小たくさんの牧場があり、車内からたくさんの競走馬を見ることが出来て良かったです。


新冠の市街地に入る前に少し面白いものを見つけました。
山あいにいくつか橋があったのですが、
それらは全て 「桜花橋」、「皐月橋」、「優駿橋」、「菊花橋」と有名なレースの名前を冠していました。
これにはちょっぴり遊び心を感じました。さすが馬産地。さて新冠町に着くと、有名な牧場が道の両側に次々見えてきました。もう名前を見ているだけでお腹一杯になるようなそんな感覚でした。そんななか宿泊地のキャンプ場に到着。 …え、よく聞こえなかった?ではもう一度言います。 キャンプ場に到着

Q:北海道まで旅行に来てキャンプ。いくら宿を予約せずに来たとはいえ、そんなことをする競馬ファンがいるんですかね?
A:いや、いるんですね。8月の末ですから、夏とはいってもそこは秋の足音も聞こえ始める北海道、夜は少し肌寒いわけです。しかも布団は無いし、寝袋を持ってきているわけでも無いしということでまあ大変でした。管理人さんにも「そんな装備で大丈夫か?」心配される始末。ただそこはゴキ○リ並みの生命力を持つ大学生です。「大丈夫だ、問題ない。」と返答します。人間工夫すれば何とかなるもんです。外したカーテンにくるまってなんとか一夜を過ごしました。。。

ちなみに余談ですが、新冠町は町内で営業しているほとんどのお店が19時頃には閉まっていました。牧場関係者の方が人口の大半を占めているからなのでしょうか。馬産地ならではの光景だと感じました。それからもう一つ、馬産地ならではと思ったのがコンビニの新聞・雑誌コーナーにこんなものが陳列されていたことです。

20161101193342d4a.jpg

東京のコンビニには絶対置いてないであろう本。思わず買ってしまいました。旅行中は暇があればこの本を読んでましたね(笑)



8月24日(水) 天候:快晴 場所:大北牧場→ビッグレッドファーム→門別競馬場→札幌市内

♪朝の空を見上げて~ 今日という一日が~
と歌いたくなるような素晴らしいお天気に恵まれました。

僕にとってはこの旅行で一番楽しみにしていた場所、この旅行の目玉と言っても過言ではない大北牧場

20161101193339a77.jpg


ビッグレッドファームも訪れるわけですから、そこには芦毛の怪物ゴールドシップがいるわけです。今ドキの僕ら世代の競馬ファンならゴールドシップに会えるからとテンションが上がるのが当然で、同行者もみんなそちらを楽しみにしているわけです。
しかし私の感覚からすると、ゴールドシップはジャパンカップで見ているし、会うのは2回目。言ってみれば地元の同級生と同窓会で「おお~久しぶり!」と再会するような感覚に等しいわけです(どこが)。
ところがノースフライトは、前からブログでも再三好きな馬だと取り上げてきているように特別な思い入れのある馬だし、何より現役時はもとより引退してからも一度も見たことが無い馬です。だからこそ会ってみたいという思いは強いわけです。これって、テレビでしか見たことないけど好きなタレントさんに会いたいと思う感覚に等しいわけです(だからどこが)。
同級生(ちょっとヤンチャな男)好きなタレント(キレイな女性)さん、会いたいのはどっちと聞かれれば後者と答えるのが普通じゃないですか(笑) というわけでノースフライトに会いに行くのが楽しみだったわけです。ご理解いただけたでしょうか?(絶対伝わってない)

場長さんがサマーセールで不在ということで職員の方と軽くお話しつつ、ノースフライトを連れてきていただきました。

20161101193340bae.jpg


繁殖馬や当歳馬がいるところで一緒に放牧されていました。
26歳と高齢なこともあって、さすがに大人しく少し元気がないようにも見えましたが、その馬体は現役の競走馬かと見紛うほどに迫力があり、これがGⅠ馬かぁ~、これがノースフライトかぁ~としばらくはその場から動くことも出来ず、ただ立ち尽くしていることしかできませんでした。牧場の方のお話によると、特に大きな病気やケガもなく過ごせているのが何よりとのことで、すでに亡くなったベガやホクトベガ、ユキノビジンなどの同期の分まで長生きしてほしいなと心の底から思いました。許可を得て触らせていただいたり、写真を撮らせていただくことが出来たりと、もう競馬ファンを辞めてもいい、人生に一片の悔いなし! と言えるくらいの素晴らしい経験ができてほんとによかったです。セールやお仕事で忙しい中案内をして下さった牧場関係者の皆様、本当にありがとうございました。そしてノースフライトもありがとう。また来年も機会があったら会いたいですね。


続いて訪れたのは、ビッグレッドファーム。

2016110119321465e.jpg


入ってすぐに職員の方の挨拶が飛んできてビックリ。それから牧場のどこへ行っても職員の方からさわやかな挨拶をされて、それだけで牧場見学に来てよかったなぁとそういう思いにさせられますよね(*´ω`*)
それに場内の芝生は、開幕週の競馬場の使われていない芝コースのような、いやオーガスタの18番ホールのような、素晴らしい手入れが施されていてビックリしました。「総帥」の名で知られる岡田繁幸氏のご意向なのか、いずれにしても到着して30秒でまた訪れたいとハートを鷲掴みにされました。
と、牧場の素晴らしさをご紹介したところで次は繋養されている馬の写真をピックアップ。

20161101193453307.jpg
(上:お尻を向けてくるアグネスデジタル)

20161101230956506.jpg
(上:タイムパラドックス)

201611011933300d7.jpg
(上:草を食むゴールドシップ)

20161101193506a74.jpg
(上:北の英雄コスモバルク)

個人的にはお尻を向けてきたアグネスデジタルに何とも言えない可愛らしさを感じました!(^^)!
この他にもビッグレッドファームには
アイルハヴアナザー・アドマイヤマックス・ジョーカプチーノ・タイムパラドックス・ロージズインメイなどが繋養されていました。



名馬たちとの濃密な時間を過ごした後、門別競馬場に到着。

20161101193205cea.jpg

20161101193206210.jpg

201611011932080ab.jpg


スタンドは非常に小さいのですが、4コーナー方面にはジンギスカンを食べながら観戦できるスペースがあり、非常に牧歌的というかほのぼのとした競馬場だと感じました。私も友人たちとジンギスカンパーティーを楽しみました(^○^)

201611011931563bf.jpg


ジンギスカンを焼きながら競馬を観戦して楽しむ。
「ねえ、ジンギスカン焼かない?」
「いいっすね~(^○^)」
そんなほのぼのとした光景が見られるのはおそらくこの門別だけ。来たら絶対にハマる。他の競馬場には無いすごく風情があるいい観戦スタイルだと思いました。


それから2日間は競馬から離れた純粋(?)に北海道旅行を楽しみました(特にお伝えすることはありません、ましてお伝えできる内容でもありません)。


今回の旅行はお天気にこそ恵まれませんでしたが、人や馬との出会いに恵まれた素晴らしい旅行だったのではないかなと思っております。この場をお借りしまして、この旅行で出会ったすべての関係者の皆様にご協力のほど感謝申しあげます。まことにありがとうございました。

そして前編も含めてご覧いただきました皆様、長文にお付き合いいただきありがとうございました。もし皆様がこの文章を読んで何か感じ入るところがありましたら、ぜひ北海道へ行かれてはいかがでしょうか?

無論夏ですよ。今の季節じゃないですからね。私と同じことをすれば死んでしまいますからね。宿の手配と天気予報の確認だけはお忘れなく(笑)

それではまた~(*^▽^*)

プロフィール

うまカレ


全国の大学に在る競馬サークルのメンバーを中心とした競馬を愛する学生たちが既存の競馬ファンだけでなく、競馬をやったことのない人たちにも『競馬の楽しさや素晴らしさを伝えよう!』と立ち上げた学生団体です。

学生競馬ファンのリーディングとして、主に学生を中心とした同年代へ向けて、競馬の素晴らしさ、面白さを様々な視点やコンテンツを通じて紹介し、競馬文化の普及、競馬事業への文化的支援を行うことを目的としています。

オグリの時代に生まれた僕らで
オグリの時代の熱狂を、もう一度。

※2005年より20歳以上であれば学生でも勝馬投票券を購入できるようになりました※

お問い合わせ
umacolle@hotmail.co.jp

HP
http://umacolle.web.fc2.com/

うまカレ紹介ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=RfyrC-KbZQ4


umacolleをフォローしましょう


リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
このページのトップへ